風景

パンパスグラス(9/26)

ネタ切れシリーズ第二弾はパンパスグラスたいね。
棕櫚の木と並んで青空に良う映えてから、段々と秋の深まりば感じると。

1709258

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京湾の青潮(9/1)

今年も青潮の季節がやって来た。
東京湾で北寄りの風が吹いたら、湾内の表層の海水が湾外に押し出され、変わって深層の海水が表層に上がって来るとよ。
深層にはプランクトンの死骸がいっぱい沈殿しとうもんやき、硫化水素ばいっぱい含んでからこげな色になってしまうとよ。
前日の8月31日までは稲毛の浜の人工海浜が海水浴場になっとったとばってが、こげな汚い海で泳ぎよったて思うたらぞっとすると。

1709001

1709002

1709003







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほったらかし温泉(8/25)

以前から気になっとった温泉ば訪ねたと。
裾野から山中湖方面に戻り、河口湖からR137御坂みちば通って山越えし、甲府盆地に着いたと。
そして桃畑やらブドウ畑の中ば縫うごとして山の斜面ば登り、笛吹川フルーツ公園の中ば通り抜けてからやっとお目当ての温泉に辿り着いたと。
そこは「ほったらかし温泉・あっちの湯こっちの湯」て言うちょっとふざけた名前の温泉たいね。
ここは何で有名かて言うたら、一つは夜明け1時間前から営業開始しとうとこたいね。
そしてもう一つは、眼下に甲府盆地ば一望し、その向こうに富士山が見えるていう絶景スポットでもあるとよ。
9:30頃現地に着いたとばってが、もう10人ほどの若者がひと風呂浴びて帰るとこやったと。
当日はこっちの湯は休みであっちの湯しか入られんやったと。
確かに絶景で、内風呂から一段下に露天風呂が、そして更に一段下にも大きな露天風呂があると。泉質は無色透明の単純温泉たいね。
とても良かとこばってが、一つだけ残念なとは、だいぶ老朽化が進んどうとい、名前の通りほったらかしたあとよ。
更衣室もトイレも古いし、内風呂から露天に降りる足場はガタガタで歩きにくいと。
そこらあたりばリニューアルしたら更に人気が出るっちゃなかろうかね。

1708271

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝永山と宝永火口

山中湖まで来たついでに以前から気になっとったとこに偵察に行って来たと。
そこは裾野市たいね。
富士山の南東側のエリアで、秋になったらコスモスが綺麗なとこがあったり、「富士花めぐりの里」ていう施設があったりするとよ。
ナビば富士花めぐりの里にセットしたら、まずは南西へ、そして西へ、最後は富士山にどんどん登り始めたとよ。
途中、有料区間も通って辿り着いたとこは、とんでもない山ん中やったと。
開園2時間前の7時に着いたもんやき、もちろん入園は出来んやったとばってが、外から見たところたいしたことはなかろうげな感じがしたと。
それよか、ここの駐車場から目の前に見える宝永山と宝永火口がおそろしいごと綺麗やったと。
富士山はだいたいが山梨県側の姿ばっかりしか見らんもんやき、この方角からじっくり見たとは初めてやったと。
宝永大噴火て呼ばれる宝永4年(1704年)の富士山の噴火で標高2,693mの宝永山が出来たげなたいね。
地球的規模の時間軸で考えてみたら、今からたったの313年前たいね。
じっくり眺めとったら、今にも噴火してもおかしゅうないげな感じがすると。
まあとにかく自然の力ていうとはものすごいね。

1708267

1708269



| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月10日の空

夕方、南東の空ば見上げたら、羽田空港に着陸体勢に入った飛行機が次から次に我が家の上空ば飛んで行くと。
北風の時は、房総半島の木更津沖から侵入するとばってが、南風になったら南から北から飛んで来た飛行機は千葉市上空で方向転換し、羽田空港に向かって進路ば取るとよ。
夕方のラッシュアワーやろうとばってが、それにしても過密ダイヤたいね。
見よっても追突せんか心配するごたあとよ。
この日の夜、丸いお月さまが東の空から昇って来たと。

1707050

1707049

1707052

1707053










| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃溝の滝

昨日の朝4時に家ば出て館山道経由で濃溝の滝に行って来たと。
現地に5時に着いたとばってが、予想通り最前列のベストポジションは既にカメラマンで満席やったと。
その最前列の三脚の列の隙間の低い位置に三脚ばセットし、濃溝洞窟に朝日が差し込むとば待ったと。
その内、だんだんと見物客が増えて来て、ピーク時には軽く100名ば超えたと。
中には外国人の会話も聞こえて、すっかり有名な観光スポットになったごたあね。
ここの撮影は、ダイヤモンド富士と一緒で、その瞬間の天候次第たいね。
去年もなんべんもチャレンジしたとばってが全部空振りやったと。
昨日は朝日が差し込む前から、丸い洞窟が水面に逆さにくっきりと映り、間違い無う綺麗なハートが現れそうな雰囲気たいね。
7時過げたら、だんだんと朝日の差し込みが強うなり、7時半頃になったら綺麗なハート型になったと。
7時40分ば過げたら、最前列のカメラマンは、狙いの瞬間ば切り取って早々に退散しんしゃったと。
そこで最前列に三脚ば移動してゆっくり撮影出来たと。
そしてカメラの位置ば右手に移したら、更にハートの形が綺麗になってからバッチリたいね。
去年からもうなんべんチャレンジしたかねえ、やっと狙い通りの写真が撮れたとよ。
もうここには通わんで済むと。

1703160

1703161

1703146

1703148





| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもハズレ

ダイヤモンド富士ば撮るごとなってから5年ぐらいになると。
以前は山梨県の田貫湖ばはじめ、東京都の葛西臨海公園から袖ヶ浦海浜公園ぐらいまで追っかけよったとばってが、このごろは近場で済ませようと。
今迄も我が家の部屋から狙うたことがあるとばってが、すべて空振りたいね。
今年は23日が我が家からダイヤモンド富士が見らるう日やったとばってが、生憎富士山に雲がかかってから、またしても空振りたいね。
写真はダイヤモンドの2日前の21日に我が家の部屋から撮ったもんたいね。
なかなかうまいこといかんとよ。
今迄、なんとか撮れたとは田貫湖、葛西臨海公園、船橋三番瀬、船橋茜浜、マリンスタジアム裏、美浜大橋、検見川の浜、袖ヶ浦海浜公園たいね。
中でもまずまず良う撮れたとが4枚目の写真で、2013年3月12日の袖ヶ浦海浜公園で、手前にアクアラインば入れて撮ったもんたいね。
今年は以前ほど気力も体力も無うなったもんやき、追っかけはもうやめにしたと。

1702185

1702188

1702190

1303065b











| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝焼け 2月10日

久し振りの更新たいね。
年明けから医者通いで忙しいもんやき、カメラば持つ暇がなかなか無いとよ。
さて、久し振りの更新は、昨日の朝焼けたいね。
6:30過ぎ、東の空が茜色に染まり、今まであんまり見たことが無いげな異様な雰囲気たいね。
上空はどんよりと曇り、地平線にも雲がかかり、その中間のちょうど朝日が昇るとこだけ雲が切れとうとよ。
三脚ば構えて、東の空ば眺めとったら、やがて朝日が雲ば突き破って顔ば出したと。
そしてカメラば南に振ったら、千葉港の上空にぽっかり浮かんだ流れ雲も、工場の煙突から噴き出す水蒸気も、朝日ば浴びて紅色に染まっとうとよ。

1702003

1702007

1702005

1702004










| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝焼け 1月27日

昨日の朝、6時過ぎ、朝焼けがとても美しかったと。
深い青空の中に三日月が浮かび、地平線付近は茜色に染まり始めたと。
殆ど無風状態で、煙突の煙はまっすぐ伸びて、千葉港の水面も茜色に染まりようと。
そして今日も千葉港のシンボル、ポートタワーが凛として天ば衝いとうと。

1701193

1701188

1701192







| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京湾 1月11日

1月11日の10時前、南東側の窓から京葉シーバースにVLCCが2隻、同時着桟しとったもんやき、南側の東京湾の風景ば撮ってみたと。
我が家から見たら左手前方になるとばってが、まずは市原市姉崎の京葉工業地帯たいね。
出光興産千葉製油所のタンク群やら、その右手には東京電力姉崎火力発電所の3本の煙突が良う見えると。
更に右手には東京湾アクアラインが、そして京葉シーバースに2隻のVLCCの雄姿が見えるとよ。
京葉工業地帯には製油所が4か所あるとばってが、はるばる中東からVLCCで運んで来た原油ば、この京葉シーバースから海底パイプラインば通って各製油所のタンクに揚げるとよ。
まさに日本経済のエネルギー供給の心臓部たいね。
シーバースの右手には海ホタルも見えると。
更に右手に目ば移したら、上空には羽田空港に着陸体勢に入った飛行機が見えると。
そして飛行機は徐々に高度ば下げて、川崎方面から滑走路に侵入するとよ。

1701151

1701149

1701148

1701150

1701152

1701153

















| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧