祭り・イベント

レッドブルエアレース

今年も幕張の浜にエアレースがやって来たと。
遠かったらわざわざ行かんとばってが、近くやもんやき歩いて行ったとよ。
会場から約2km離れた稲毛の浜から見たとばってが、良か天気も手伝うてから稲毛の浜は見物客で溢れとったと。
結果は日本人パイロット室谷選手が優勝してめでたしめでたしやったとばってが、それにしてもこのイベントの運営はひどいもんたいね。
会場は幕張の浜ばってが、それに続く検見川の浜は立ち入り禁止になっとうと。
口実は安全確保やろうとばってが、実態はチケットば買わんもんは近付かせんていう徹底した商業主義たいね。
歩道に延々と目隠しのネットば張り巡らして、係員ば大量に配置し、歩行者が立ち止まろうもんなら注意ばするとよ。
天下の公道で立ち止まっただけで注意さるうなんて聞いたことも無いと。
とにかく徹底した商業主義にはあきれてしまうと。
写真はAPS-Cで450mmの望遠レンズやき、これが限界たいね。

1706031

1706032

1706034

1706042

1706043

1706044

1706048

1706049

1706051

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯉のぼり

市原市瀬又の村田川に今年も鯉のぼりが泳ぎようと。
今から22年前、地元の清流会のメンバーが村田川の護岸ば整備し、たった5匹の鯉のぼりで始まったイベントげなばってが、今じゃあ105匹まで増えとうとよ。
当初はこどもの日に揚げたげなばってが、今じゃあこどもの日のイベントに加え、4月の地元の小学校入学式の日にも揚げて、地区の名物になっとうげなたいね。
5月5日の早朝に行ったら、地元の人が総出で屋台ば作ったりしてイベントの準備が始まっとったと。
鯉のぼりは風が無いもんやきまあだみんな寝とうとよ。
やっぱあ鯉のぼりは適度な風があってから、元気良う泳ぐ姿が一番絵になるとばってが、ちょっと残念やったと。
そばってが、地元の子供たちには良か思い出になるに違いなかと。
地元の大人たちの愛情ば一身に受けて、すくすくと育って欲しいもんやね。

1705049

1705054b

1705057

1705059

1705061

1705062

1705067



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市民花火大会 その3

その3は、あんまり高さは無いとばってが、そこそこ綺麗に撮れた花火たいね。
この日は、程良い風が吹いとったもんやき、煙が滞留することも無うて、写真ば撮るには良かコンディションやったとよ。

1608082

1608083

1608062

1608065

1608057













| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市民花火大会 その2

その2は高う上がった4号玉の単発たいね。
これぞ花火ていう伝統的な花火で、変に凝った花火よか単純明快で良かと。
色もいろいろあってから、昔ながらの花火の雰囲気ば満喫出来ると。

1608060

1608061

1608068

1608069

1608070

1608071

1608072

1608073


1608076




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市民花火大会 その1

今年も幕張の浜で幕張ビーチ花火フェスタて銘打って、第38回千葉市民花火大会が開かれたと。
晴れで弱い風があってから、絶好の花火日和たいね。
7時30分から始まるもんやき、6時40分に家ば出て、稲毛の浜から検見川の浜まで歩いて行ったと。
そしたら例年ば上回る人出で、浜は延々と見物客で埋め尽くされとうとよ。
今年特に目に付いたとが、レジャーシートば敷いて宴会ばしよんしゃあグループたいね。
そして海浜病院前の検見川の浜の防波堤に三脚ば立てて準備したら間もなく始まったと。
最初は望遠ズームで300ミリにセットして撮りよったら、高う上がる花火がフレームからはみ出てしもうたと。
そこで112ミリにセットし直してから、最後まで撮ったと。
その1は比較的派手目に撮れた花火からたいね。

1608052

1608053

1608063

1608080

1608084

1608085

1608064


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドブル・エアレース

4日は強風で中止になったエアレース、5日の日曜日になんとか開催されたと。
我が家の部屋からも見えるとばってが、約4kmも離れとうもんやき撮影するにはちいとばかり遠過げるとよ。
かと言うて2万も3万も払うて観戦するともばかばかしいもんやき、今年は出来るだけ近くから撮ろうと思うて幕張の浜に向こうて歩いて行ったと。
そしたら検見川の浜の立入禁止だけや無うて、海浜大通に沿うて、歩道に高いネットば張り巡らしたあと。そして、係員がいっぱい配置されて、歩道での立ち止まりば徹底的に排除しようとよ。
なんか徹底した商業主義で興ざめたいね。
結局ヨットハーバーの駐車場に行き、規制線ギリギリのとこから身ば乗り出すごとして撮ったとよ。
望遠レンズは250mm(375mm相当)しか持っとらんもんやき、ちいと遠いとばってが、これ以上は近づけんとよ。
シャッタースピードを1/200に、絞りをF8に固定し、ISO感度ばオートにして、手持ちで撮ったと。
まあそれでも飛行機のスピードが速いもんやき、飛行機が横移動しとうアングルから撮ったとはブレブレたいね。
飛行機が縦方向に移動しとうアングルから撮ったとは、かろうじて撮れとったと。
まあそれにしてもこの1週間、毎日のごと練習で飛び回る飛行機の爆音がやかましかったとばってが、ようやく静かになったと。
 
1606065
 
1606068
 
1606075
 
1606077
 
1606073
 
1606070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もmakoのファインダーをよろしくお願いします。
 
28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居ライトアップ その5(二重橋)

二重橋ば初めて見たとは今から50年前、福岡県の高校に在学中、修学旅行で初めて東京に来た時たいね。
当時は、東京見物の団体客が、さっちがここで集合写真ば撮りよったとよ。
この二重橋ばってが、今では手前の石造りの橋ば二重橋て思うとう人が多いとばってが、正式には「正門石橋」て言うと。
二重橋はその奥にある橋で、正式名称は「正門鉄橋」て言うと。
この鉄橋は以前は木製で、お濠の水深が深いもんやき、木製では橋ば架けるとが難しかったげなたいね。そこで橋の上に更に橋ば重ねた構造にしたもんやき、二重橋て呼ばれよったと。
右手奥に見えるとは伏見櫓たいね。
そして3枚目の写真は、皇居前広場から見た丸の内のオフィスビル群たいね。
今年も今日で終わり、この一年「makoのファインダー」ば覗いてもろうた皆さん、ありがとうごさいました。来年もどうぞよろしくお願いします。どうか良か年ば迎えんしゃい。

 
1512334
 
1512342
 
1512344

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居ライトアップ その4(坂下門)

桔梗門の西側にあるとが坂下門たいね。
平成26年4月、陛下の傘寿ば記念して乾通りが一般公開された時、入場門として使われたもんやき、皆さんお馴染みの門たいね。
こんときは5日間で385,000人が押しかけ、物凄い混雑で花見どころの騒ぎやなかったと。
もちろん写真撮影も困難ば極めたとよ。
参観者の長蛇の列は、坂下門前の広場から二重橋前で内堀通りに出て、延々と東京駅まで続いたと。
今年の秋も一般公開されたとばってが、やっぱあ203,000人が押しかけたとよ。

 
1512331
 
1512332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居ライトアップ その3(桔梗門)

巽櫓のすぐ西側にあるとが桔梗門たいね。
その昔、門の瓦に太田道灌の家紋(桔梗)がついとったもんやき、こげな呼び名がついたげな。
今は、勤労奉仕者などが出入りする門として使われ、内桜田門ても呼ばれとうとよ。

 
1512325
 
1512326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧