茨城県フラワーパークの山百合(その2)

山頂付近の山百合の群生地からは、秀峰筑波山が見えると。
男体山(871m)と女体山(877m)の2つの峰ば持つ筑波山は、「西の富士、東の筑波」て言われて、関東地方ば代表する山たいね。
角度の関係で、ここから見えるとは女体山たいね。
さて、その2はちいと明るめに処理した写真たいね。
山百合のごと白い花ば写すときは、ついつい逆光で撮って背景を黒うして、花びらの白ば浮きだたせるげな撮り方になってしまいがちになるとよ。
背景が明るいとこば探して撮ってみたとばってが、イマイチかな?

1707185

1707176

1707199

1707182

1707194













| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城県フラワーパークの山百合(その1)

行方市西蓮寺の山百合祭りの後は石岡市にある茨城県フラワーパークの山百合たいね。
とにかく、この日はちょうど見頃の山百合のまとめ撮りばしたとよ。
フラワーパークて言うくらいやき公園かと思いきや、実際は過酷な山登りやったと。
フラワーパーク内にある山に登って、その山頂付近に山百合の群生地があるとよ。
観光客の中には、園内ば走るパークトレインに乗って山頂まで行きよんしゃあ人もあるとばってが、カメラマンとしちゃあそれはご法度たいね。
途中どげな被写体があるかもわからんき、歩くとが基本たいね。
途中でも紫陽花やら山百合やら撮りながら、やっとこさ山頂に到着、登山道と反対側から下山したとばってが、その反対側が群生地やったとよ。
西蓮寺よかうんと規模が大きゅうて、きつい思いばした甲斐があったとよ。

1707169

1707178

1707179

1707191

1707193

1707198















| | コメント (0) | トラックバック (0)

山百合祭り(その2)

山百合の里から田んぼば隔てた向かい側は、去年彼岸花ば撮りに来た西蓮寺彼岸花の里たいね。
山百合ば撮り終ってからちょっと立ち寄ってみたと。
遠くから見たら、もうキバナコスモスが咲いとうごと見えたとばってが、近づいてみたらヤブカンゾウやったと。
秋には彼岸花で真っ赤に染まる斜面は、ヤブカンゾウで黄色にペインティングされとうとよ。
今年の秋は、彼岸花に逢えるかどうかわからんとばってが、なかなか雰囲気のある彼岸花の里やき、もういっぺん来てみたいて思うとうと。

1707161

1707159

1707158

1707160










| | コメント (0) | トラックバック (0)

山百合祭り(その1)

7月16日、佐原のハス祭りの後、すぐ近くの茨城県行方市にある西蓮寺山百合の里の山百合祭りに行って来たと。
昨年、初めて西蓮寺に彼岸花ば撮りに行った時、彼岸花の里ば管理する老夫婦から「来年の夏は是非山百合ば見に来たら良かよ」て勧められたったいね。
彼岸花の里と田んぼば隔てた山林が山百合の里で、当日は山百合祭りとあって途中には案内看板が立ち並び、駐車場への誘導員の配置から屋台の出店やら、お祭りの雰囲気満点やったと。
300円の山百合の里整備協力金ば払って入山、散策路もバッチリ整備したったもんやき、想像以上に歩きやすかったと。
駐車場から山百合の里に行く道すがら、藪蚊除けに蚊取り線香がいっぱい焚いてあったとにはたまがったと。
山百合は今まで見た中では最大の群生地で、ちょうど見頃のごたってから、とても良かったと。
中には花びらに赤筋が入った珍しい花もあったと。

1707145

1707146

1707154

1707148

1707141_2

1707204



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハス祭り(その3)

その3は睡蓮たいね。
あやめ祭りが終わり、ハス祭りがありようとばってが、睡蓮祭りていうとは無いと。
睡蓮は花菖蒲やらハスの陰に隠れてずーっと脇役たいね。
最後の3枚は、可愛そうやき6月18日のあやめ祭りの時に撮ったピンクの睡蓮ばもう一回載せたと。

1707138

1707129

1707140

1707125

1707130

1706329

1706334

1706336






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハス祭り(その2)

ホームページによれば、水郷佐原あやめパークが保有するハスは、その数なんと300種以上、日本一であるばかりか、ハスの本場中国でも300種ば超える種類のハスば保有する施設は無い、て書いたあと。
ハスの回廊で展示したあハスば見る限りは、とても300種もあるごと見えんとばってがねえ。
ただ、千葉公園のごと大賀ハスオンリーの施設やないと。
八重咲きの見たことも無いハスがあるかて思うたら、白い花びらに薄いピンクの縁取りばしたハスやらもあって、とても楽しい施設たいね。

1707121_2

1707122

1707124

1707123













| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハス祭り(その1)

7月16日に水郷佐原あやめパークのハス祭りに行って来たと。
ここは6月18日にあやめ祭りに行って以来、今シーズン2回目の訪問たいね。
ハスの展示スペースもすっかり様変わりしてから、「ハスの回廊」ていう名前がついとったと。
長方形の大きなハスの水槽がいくつもあって、すぐ近くからハスが観らるうごとなっとうとよ。
自然の池と違うてから情緒は無いとばってが、写真ば撮るには好都合たいね。
ハスて言うたら千葉公園の大賀ハス詣でばっかりしようとばってが、たまにこげなとこに来ると変わり種のハスがいっぱい観らるうと。
その1はピンク系のハスたいね。

1707112

1707099

1707109

1707117

1707108













| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(その5)紫陽花、木槿、ペンタス

アンデルセン公園シリーズの最後は、紫陽花と木槿とペンタスたいね。
紫陽花はとっくにシーズンは終わっとうとばってが、太陽の橋の袂にしぶとう咲いとったとよ。
ここは日陰になっとうもんやき、こげえ長持ちしとうとやろうね。
木槿は最近あちこちで咲いとうとば見かけるごとなった夏の花の代表選手の一人たいね。
もうちいとしたら芙蓉も咲き始めてから、いよいよ夏本番たいね。

1707075

1707072

1707071

1707088








| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(その4)スカエボラ

噴水のぐるりに鉢植えが並べたあとばってが、初めて見る花たいね。
名札が掛かっとらんもんやき名前がわからんと。
そこで園内で花の世話ばしよんしゃあ係員に尋ねたら「この花は初めて入ってきた花やき、まあだ名前ば覚えとらんとよ。こっちの花壇に名札が掛かっとうきついてきんしゃい。」て言うてから案内しちゃんしゃったと。
そしたら「スカエボラ」ていう名札が掛かっとったとよ。
後で調べたら、オーストラリア原産で、5月~11月にかけて長いこと花ば咲かしてから、丈夫で長持ちする花げなたいね。
花が咲いた形が扇ば広げたげな形ばしとうもんやき、別名ファンフラワーても言うげなたいね。

1707094

1707095

1707096

1707089

1707091

1707093














| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(その3)エキナセア

アルキメテデスの泉は朝から子供たちの賑やかな歓声に包まれとうと。
連日のこの暑さに、早くも夏休みに入ったとかて勘違いするげな雰囲気たいね。
まあだ泳げん子供たちの水遊び場としちゃあ最高の泉のごたあとよ。
その泉の前の花壇には、エキナセアやらアンゲロニアでアレンジされた花壇があると。
アンゲロニアは青、紫、ピンク、ベージュ、赤やらいろんな色があってから賑やかしいとばってが、なんせ小さい花やき花壇の主役にはなれんと。
この花壇の主役はちょっと背丈があって、花も大きゅうて、アンゲロニアば上から目線で威圧するエキナセアたいね。
中でも赤紫の花はなかなか迫力があると。

1707082

1707081

1707086

1707076

1707079

1707078
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧