« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

フラワーミュジアムの春

24日に散歩がてら近所のフラワーミュジアムに行って来たと。
ユキヤナギ、セイヨウスイセン、ムスカリ、ミモザ、ジャノメエリカやらが咲き乱れてから、すっかり春の様相たいね。
ところで、この作品はRawで撮ってからフォトショップエレメンツで現像し、レタッチしたと。
特にほんわかした春の雰囲気ば醸し出すために、明瞭度ばだいぶん落としたとよ。
そしたら思い描いた通りの雰囲気が出たと。
カメラマンの中には、特にフィルム時代から写真ばやっとるベテランカメラマンの中には「俺はありのままば切り撮るんだ。トリミングもレタッチも一切やらん」なんて息巻いとる輩がおると。
これはもったいないよね。
デジタル時代になったとやき、デジタルカメラの特性ば最大限に引き出して、思い描いたイメージ通りに仕上げる過程も楽しまんとね。
小生に言わせると、そんなもったいない輩は、ただ単に時代についていけんだけたいね。

1703323

1703324

1703325

1703329

1703326

1703328

1703327















| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツの春

城山かたくりの里から寄り道のついでにまた寄り道たいね。
3月25日、小湊鉄道と菜の花畑に行った帰りに東京ドイツ村に立ち寄ったと。
今はまあだあんまり花は無いとばってが、スイセンの丘に西洋スイセンが見頃やったと。
ここは以前は2月にニホンスイセンが見事に咲きそろうとったとばってが、手入れが悪いせいか、ほとんど荒れ果ててしもうたと。
西洋スイセンの方が見栄えがするとばってが、真冬に早春ば感じさせるニホンスイセンの方が風情があって断然好いとうとよ。
園内にはハクモクレンが満開で、芝桜がちらほらと咲き始めとったと。
ここの芝桜はなかなか良かとよ。
関東地方じゃあ秩父の羊山が有名ばってが、ドイツ村の方がお薦めたいね。
メインの斜面のほか、池のぐるりも芝桜で彩られ、変化があってとても良かとよ。
例年、4月下旬には見頃になると。

1703314

1703315

1703317

1703318

1703321

1703322
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄福寺の枝垂桜 その2

またまた城山かたくりの里からちょっと寄り道たいね。
て言うとも、makoのファインダーの読者の皆さんには、なるべくホットな情報ば伝えんといかんて常々思うとうとよ。
昨日昼前、6日振りに栄福寺ば訪ねたと。期待した通り満開やったとよ。
相変わらずの人気で、枝垂桜のぐるりには次から次に見物客やらカメラマンが来んしゃあったいね。
22日にも見掛けたカメラマンやら、知り合いの熟年カメラマンも来とんしゃったとよ。
そげなわけで枝垂桜のぐるりには人波が途切れんもんやき、人影ば入れんで撮るにはじっと我慢たいね。
逆に人ば入れて撮るには好都合たいね。
今回も熟年カメラ女子やら見物客ば入れて撮ってみたと。

1703334

1703350

1703349

1703344

1703354

1703356

1703341






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その3

ちょっと小湊鉄道の方に脱線しとったとばってが、城山かたくりの里に戻って来たと。
ここでカタクリの次に人気があるとが雪割草たいね。
中にはカタクリよか雪割草が目当てで来んしゃあ人もあると。
早春の雪の残っとう野山で、雪ば割るごとして咲くもんやきこげな名前が付いとうと。
花の色やら形が豊富で、小そうて可愛ゆうて健気に生きとうとが人気の理由たいね。

1703222

1703216

1703219

1703220

1703224

1703225

1703226

1703229






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

小湊鉄道と菜の花 その2

その2は第一養老川橋梁たいね。
ここは初めて撮るとばってが、撮り鉄には有名な撮影スポットになっとうとよ。
養老川に架かる真っ赤な鉄橋が印象的な場所たいね。
まずは国道297で養老渓谷方面に向かうて走り、光風台駅手前で養老川ば渡って間もなく右折し、老人ホーム脇の養老川の土手から撮ったと。
そしたら対岸の鉄橋の付け根に菜の花が咲いとったもんやき、対岸に行くことにしたとよ。
そばってがどげえしたら対岸に行けるか道がわからんとよ。
ようやく養老川沿いにやっとこさ車1台が走れる一本道ば探し当てて鉄橋の麓に辿り着いたと。
そして、手前に菜の花ば入れて、鉄橋ば走る列車ば仰ぎ見るごとして撮ったったいね。
ここは鉄道写真家中井誠也氏の撮影地ガイドによれば、老人ホーム脇のポプラ並木が青々と茂った季節に、並木の付け根から広角レンズでポプラ並木ば画面いっぱいに撮りこみ、右下に鉄橋と列車ば小さく入れる構図がお薦めげなたいね。

1703289

1703292

1703296



| | コメント (0) | トラックバック (0)

小湊鉄道と菜の花 その1

城山かたくりの里シリーズはカタクリ以外の花もいっぱい撮って来たもんやき、まだまだ続くとばってが、ここで一旦小休止たいね。
それて言うとも、昨日は土曜日で、小湊鉄道のトロッコ列車が走る日やったもんやき、急遽撮りに行って来たとよ。
目指すは菜の花畑の撮影地として超有名な石神の菜の花畑たいね。
トロッコ列車の通過時刻の1時間前に現地に着いたとばってが、大方200名ば超える見物客で混雑しとったと。
中には東京から貸し切りバスで撮影ツアーのカメラマンもおんしゃったとよ。
「先生、どこが良かと?」と撮影スポット探しに血眼の熟女カメラマンが走り回っとんしゃあと。
こちとらもいろいろ迷うたとばってが、結局高台の土手から狙うことにしたと。
12時38分、菜の花畑の向こうから、トロッコ列車が現れたと。
運転手さんはサービス精神旺盛と見えて、ゆっくりゆっくり菜の花畑の中ば養老渓谷駅へと走って行きんしゃったと。
このスピードなら連射はせんでも良かと。
連射したら、カメラの処理が追いつかんで、かえってシャッターチャンスば逃してしまうとよ。

1703305b

1703310b

1703302b

1703301b










| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その2

花の写真は、その花の形やらぐるりの状況によって、横構図が似合うたり縦構図が似合うたりすると。
自分が撮った花の数々ば振り返ってみたら、大方八割ぐらいが横構図たいね。
カタクリはていうと、縦構図も良う似合うと。
群生しとったら横構図になるとばってが、1本または数本ばアップで撮るときは、縦構図の方が良かケースが多いと。
すっと伸びた長い首の上に大きな顔ばうつむき加減にして咲く様ば、下から見上げるごとして撮ったらなかなか良か絵姿になるったいね。

1703200

1703206

1703191






| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その1

昨日、相模原市の城山かたくりの里に行って来たと。
去年は22日に行って、6~7分咲きやったとばってが、今年はようやく3分咲きで開花がだいぶん遅れとうと。
そばってが、アップで撮る分には、あちこちで開花が始まっとうもんやき、なんとか撮らるうと。
それとここはカタクリだけや無うて、雪割草ばはじめ春ば告げる花がいっぱいあるもんやきとても楽しいとこたいね。
その1は、まずはカタクリたいね。
横長構図で撮ったとば集めてみたと。

1703195_2

1703212

1703192

1703202








| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄福寺の枝垂桜 その2

栄福寺の枝垂桜は、染井吉野よか一足早う咲くもんやき、千葉市内じゃあ人気の桜たいね。
車椅子の母親は90歳ぐらい、60歳台と思しき息子に連れられて来んしゃったと。
息子  「ああ、こりゃあまあだちいと早かったごたあね」
母親  「今度の日曜日ぐらいが見頃じゃろうかねえ」
息子  「良かたい。また日曜日に連れて来ちゃあたい」
こげなほのぼのとした親子の会話が聞こえて来ると。
次に訪れたとが30人ぐらいの熟年の一団たいね。
ウォーキングの仲間らしく、到着次第まずは記念写真たいね。
枝垂桜の下に整列してから、リーダーと思しき熟女が、たまたま傍に居たプロと思しきカメラマンに「シャッターば押しちゃらんね」てお願いしとんしゃったと。
それにしてもこの一団は忙しいと。
まあだ見頃になっとらんこともあるっちゃろうばってが、記念写真ば撮ったらそそくさと出発しんしゃったと。

1703183

1703188

1703189








| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄福寺の枝垂桜 その1

東京じゃあ昨日、染井吉野の開花宣言があったと。
千葉市若葉区の栄福寺は、染井吉野よか1週間ぐらい早う開花する銘木たいね。
今日、昼前、そろそろかなて思うて下見に行って来たとよ。
桜はおおかた3分咲きていうとこやったと。
今週末の日曜日には見頃になるっちゃなかろうかね。
数年前に新築したピカピカの本堂と、古うてどっしりとした貫禄の妙見堂地蔵尊、それと栄福寺のトレードマークの枝垂桜が春の訪れば告げようと。
その1はそれらの全景ば撮ってみたと。

1703168

1703172

1703174

1703178

1703179

1703184
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃溝の滝

昨日の朝4時に家ば出て館山道経由で濃溝の滝に行って来たと。
現地に5時に着いたとばってが、予想通り最前列のベストポジションは既にカメラマンで満席やったと。
その最前列の三脚の列の隙間の低い位置に三脚ばセットし、濃溝洞窟に朝日が差し込むとば待ったと。
その内、だんだんと見物客が増えて来て、ピーク時には軽く100名ば超えたと。
中には外国人の会話も聞こえて、すっかり有名な観光スポットになったごたあね。
ここの撮影は、ダイヤモンド富士と一緒で、その瞬間の天候次第たいね。
去年もなんべんもチャレンジしたとばってが全部空振りやったと。
昨日は朝日が差し込む前から、丸い洞窟が水面に逆さにくっきりと映り、間違い無う綺麗なハートが現れそうな雰囲気たいね。
7時過げたら、だんだんと朝日の差し込みが強うなり、7時半頃になったら綺麗なハート型になったと。
7時40分ば過げたら、最前列のカメラマンは、狙いの瞬間ば切り取って早々に退散しんしゃったと。
そこで最前列に三脚ば移動してゆっくり撮影出来たと。
そしてカメラの位置ば右手に移したら、更にハートの形が綺麗になってからバッチリたいね。
去年からもうなんべんチャレンジしたかねえ、やっと狙い通りの写真が撮れたとよ。
もうここには通わんで済むと。

1703160

1703161

1703146

1703148





| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪柳

青葉の森公園の散策路に沿ってあちこちに白い花が咲き始めたと。
春ば知らせる花の一つ「雪柳」たいね。
我がマンションの植え込みでも白い花が咲き始めたと。
中国原産の雪柳は、葉っぱが柳の葉っぱに似てから、枝いっぱいに雪が積もったごと花ば咲かせるもんやき、こげな名前がついとうとよ。
こげな小さい花でも、マクロレンズでアップで撮ったらそこそこ絵になると。

1703139

1703140

1703141

1703143










| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒緋桜

青葉の森公園に寒緋桜が咲いとったと。
濃いピンクで釣鐘状に下向きに咲く花たいね。
元々は緋寒桜て呼びよったげなばってが、これとは別品種で彼岸桜ていう花と音がよう似とうもんやき、混同せんごと寒緋桜て呼ぶごとしたげなとよ。
沖縄じゃあサクラて言うたら緋寒桜ば差すとよ。
1~2月に開花するげなたいね。
この緋寒桜と大島桜が自然交配したとがかの有名な河津桜たいね。
桜の種類はとても多いとばってが、このカンヒザクラ群には河津桜のほかに16種類ぐらいあると。
中でも比較的名前が知られとうとが、陽光、啓翁桜、寒桜たいね。

1703137

1703138





| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシュユ(山茱萸)

病院の帰りに青葉の森公園に寄ってみたと。
狙いはサンシュユたいね。
北口駐車場から入ったとこにある梅園の梅は、盛りば過げて見る影も無いと。
そしてお目当てのサンシュユがある原っぱに行ったら、こっちの梅林も花が落ててしもうとったと。
そばってが、お目当てのサンシュユは超満開やったと。
毎年思うとばってが、梅がもうちいと長持てしてくれて、サンシュユがもうちいと早う咲いてくれたら、サンシュユの背景にピンクの梅林ば入れて良か写真が撮れるとばってがねえ。
このサンシュユは中国名の山茱萸ば音読みしたとばってが、茱萸はグミのことげなたいね。
秋にはグミのげな赤い実ばつけるもんやき、ヤマグミの別名もあると。
実は食べらるうし、種は薬効があるとよ。
また春に黄金色の花ばつけるもんやき、ハルコガネバナても呼ばれると。
梅は冬のイメージばってが、サンシュユは春ば感じさせる花で、お気に入りの花の一つたいね。

1703134

1703125

1703126

1703129

1703130

1703136














| | コメント (0) | トラックバック (0)

西洋スイセン

フラワーミュジアムの前庭の土手に白と黄色の西洋スイセンが咲いとうと。
菜の花が咲き、河津桜が咲き、雪柳も咲き、日一日と春が近づいてきようとば感じると。
室内のスイセンじゃああんまり季節感が出らんとばってが、こげえして外で自然な感じで咲いとうとば見たら、まさに春たいね。

1703112

1703113

1703115

1703117










| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミモザ

フラワーミュジアムじゃあ、前庭だけじゃ無うて中庭と裏庭にも黄色い花ばびっしりつけたミモザが満開になっとうと。
このミモザはオーストラリア原産げなたいね。
フランスのカンヌじゃあ毎年3月に、ミモザの花祭りがあるげな。
南アフリカじゃあ、樹皮からゴムば採取するげなとよ。
葉っぱの裏側が白いもんやき、別名ギンヨウアカシアても言うとよ。
また葉っぱの形がオジギソウに似とろうが。
ミモザていうとは、オジギソウの仲間の学名たいね。

1703107b

1703108




| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムの河津桜

この頃は河津町まで行かんでも、あちこちで河津桜が見らるうごとなって来たと。
千葉県内でも、南房総地方じゃあ、頼朝桜て呼ぶとばってが、河津桜の名所があるとよ。
また、名所や無いとばってが、あちこちの民家やら公園でも良う見掛けるごとなって来たと。
染井吉野よかおおかた1か月ぐらい早う咲くもんやき、一足早う春ば届けてくれる嬉しい存在たいね。
我が街のフラワーミュジアムにも数は多う無いとばってが、河津桜が咲いとうとよ。
花の門から入ってすぐの花壇にはビオラが、そして左手のベンチに覆いかぶさるごと河津桜が咲いとうとよ。
ここはフラワーミュジアムだけに、桜の種類も多いと。
秋に咲く十月桜やら、この後、河津桜に続いて染井吉野よか一足早う大島桜が咲くと。

1703124

1703120

1703121









| | コメント (0) | トラックバック (0)

新川千本桜 その8

新川千本桜のシリーズも今回でおしまいたいね。
その8は日の出から1時間半ぐらい経った7時半前後の写真たいね。
日の出からずっと濃霧とせめぎ合いばして来た太陽が、ようやく優位に立って濃霧ば突き破り、暖かい光ば注ぎ始めたと。
千本桜も陽光ば浴びて、キラキラと輝き始めたとよ。
空も一層青みば増して、国道16号の八千代橋ば行き交う車の数も増え、また新しい一日が動き出したと。

1703102

1703107

1703104







| | コメント (0) | トラックバック (0)

新川千本桜 その7

起点の道の駅から数百メートル上流に水道本管と思われる橋が架かっとうと。
対岸に向かうて伸びとうとばってが、途中から濃霧の中に消えて行くと。
この橋と河津桜のコラボレーションがなかなか良か雰囲気たいね。
遠くから、近くから、角度ば変えて真下から、いろいろ撮ってみたと。

1703062

1703063

1703093

1703089

1703095

1703098
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

新川千本桜 その6

7時前ぐらいになったら、散歩する人がだんだん多うなってきたと。
ジョギングする若者やら犬ば連れて散歩する人やら、いろいろたいね。
それにしても見掛ける人は、殆どが男の人たいね。
女の人は朝ごはんの準備でから、散歩どころやないっちゃろうかね。
この日に見掛けた女の人は二人しかおんしゃれんやったと。
それも二人とも6時ばちいと回った頃やったとよ。
もう家族ば送り出した後なんか、それとも朝ごはんは散歩から帰ってからでも間に合うげな家族なんか、どげな人やろうかねえ、なんてつまらんことば考えながら写真ば撮ったと。
それにしても、みんな早朝から気持ち良かろうねえ。

1703079

1703081

1703082

1703083

1703084













| | コメント (0) | トラックバック (0)

新川千本桜 その5

その5は霧の中の早朝散歩たいね。
6時ば回ったら遊歩道には散歩ば楽しむ姿がちらほら見え始めたと。
日の出は6時前ばってが、濃霧やもんやきまあだ辺りは薄暗いとよ。
年配者が多いとばってが、こげな人は殆ど日課になっとんしゃあちゃろうね。
それにしてもこげな絶好の散歩コースに恵まれてから、近所に住んどらっしゃあ人が羨ましかと。

1703068b

1703070b

1703075b












| | コメント (0) | トラックバック (0)

新川千本桜 その4

その4は濃霧に包まれた河津桜と遊歩道の光景たいね。
3日の日は、起点の八千代橋から数百メートルの範囲しか撮らんやったとばってが、今回は霧もなかなか晴れんやったもんやき、起点から7~8百メートルの上流まで攻めたと。
八千代市のホームページによったら、河津桜は起点から上流2.7kmまで延々と植えたあげなばってが、どこまで行ってもあんまり変わらん景色やき、途中で戻って来たとよ。

1703058

1703059

1703060

1703066

1703067

1703072
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

新川千本桜 その3

3月3日、濃霧の早朝、八千代市の新川に河津桜ば撮りに行ったとばってが、昨日3月9日も千葉県地方に濃霧注意報が発令されたもんやき、また行って来たとよ。
昨日の朝は前回ば超える濃霧でから、またまた絶好の撮影コンディションたいね。
河津桜は満開ば過げてから、遊歩道には花びらがいっぱい落てとったとばってが、まあだなんとか見頃ばキープしとうとよ。
道の駅八千代のパーキングに着いたとが5:30で、まあだ辺りは暗いと。
河津桜ば撮るには暗過げるもんやき、まずは道の駅と農業交流センターば繋ぐ歩道橋ば撮ったと。
未明の濃霧に包まれた歩道橋が街頭に照らされてから、とても良か雰囲気たいね。
2枚目の写真は6:30過げに撮ったとばってが、新川の対岸の木々が川面に映っとったもんやき、シャツターば切ってみたと。
高圧線の鉄塔も写っとうとばってが、霧が濃い過げるもんやきいまいちたいね。

1703057

1703074




| | コメント (0) | トラックバック (0)

新川千本桜 その2

やがて霧の中から陽が昇って来たら、河津桜は赤味ば増して輝き始めたと。
そして遊歩道の向こうには紅白の鉄塔やら水道橋やらがかすかに見え始めたとよ。
愛犬ば連れて散歩する人の姿もちらほらと。
そして7時が近うなったときに、中学生と思しき集団がぞろぞろとやって来たと。
こげな朝早か時間になんばしよんしゃあちゃろうかね。
それにしても今日は憑いとったと。こげな深い霧に包まれて、河津桜は超満開で、まさにこれぞ早起けは三文の得ていうやっちゃね。

1703035_2

1703042_2

1703049_2

1703040_2

1703051_2

1703056_2














| | コメント (0) | トラックバック (0)

新川千本桜 その1

昨日の早朝、八千代市の新川千本桜に行って来たと。
ここは平成12年から始まった新川千本桜植栽事業で、新川沿いにいろんな種類の桜ば1,200本植えて、桜の名所にしようていう活動の成果たいね。
全部で1,329本あるとばってが、中でも一番多いとが河津桜で、695本もあると。
今年は3月11日と12日に、新川千本桜まつりが予定され、夜はライトアップもするげなとよ。
そばってが、八千代市のホームページによれば、2月26日にすでに満開ば迎えたて書いたったもんやき、昨日行って来たとよ。
河津桜は国道16号線道の駅八千代の北側の新川上流沿いに植えたあと。
6時前に道の駅に着いたら、千葉県地方には濃霧注意報も出とってから、あたり一面に霧が立ち込めてから最高の撮影コンディションたいね。
まあだ日の出前やもんやき、桜並木だけが霧の中に浮かび上がり、ぐるりの景色はなあも見えんでから、ほんなこと幻想的な素晴らしい光景たいね。
千葉県白井市には下手賀沼用水路沿いに延々2kmにもわたって今井の桜ていう桜の名所があるとばってが、早朝の霧に包まれた光景は、今井の桜とそっくりたいね。
あとひと月もしたら、今度は道の駅の下流沿いに染井吉野やら陽光が見頃になると。

1703017

1703021

1703023

1703024

1703028

1703033










| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒスイカズラ

フラワーミュジアムの温室でヒスイカズラが咲いとうと。
フィリピン原産のこの花は、とにかくこの翡翠のげな青緑色が特徴たいね。
花房は約1m、一つ一つの花は8cm前後あると。
絶滅危惧種に指定されとってから、原産地のフィリピンでも数が減りようげなとよ。
て言うとも、受粉の媒介はコウモリげなもんやき、簡単に受粉せんげなたいね。
日本じゃあ花は見らるうとばってが、実は殆ど見られんとよ。

1702162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオベニゴウカン

この花ばブログにアップするとは何べんになるかな?
フラワーミュジアムの温室で今が真っ盛りたいね。
ボリビア、ペルー、ブラジルやら南米の国が原産の花ばってが、なんか温室じゃあ年中咲いとうげな感じがすると。
図鑑によると開花期は12月~5月になっとうと。
そこで過去の撮影記録ば見てみたら、だいたい1~2月に撮影しとったと。
英名はレッドパウダータ゜フて言うとばってが、お化粧のときに使うパフに似とうもんやき、こげな名前が付いとうとよ。
それよか和名の大紅合歓(オオベニゴウカン)の方が良か名前たいね。
大きな紅色した合歓の花ってこったいね。

1702172

1702173

1702178

1702180










| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスローズコレクション その3

その3はイベント広場の様子たいね。
イベント広場の主役はなんて言うてもコミュニティーセンターたいね。
デンマークには行ったことは無いとばってが、この真っ赤な建物がいかにもデンマークの雰囲気ば出しとうと。
そして移動販売車もこれまた真っ赤に塗装してあってから、建物の赤に良う似合うとうとよ。

1702144

1702154

1702148

1702147










| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »