« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

手作りカレンダー

早いもんで今年もいよいよ今日一日で終わりたいね。
ほんなこと今年もアッて言う間に過ぎ去ろうてしとうと。
今年1年、何べんシャッターば切ったろうかね。
そげえ先も長うないもんやき、今年も精力的に撮りまくったとよ。
そして例年通り、各月のベストショットで翌年のカレンダーば作ったとよ。
毎年悩むとが花が少ない真冬と真夏たいね。
今年は特に12月に良か写真が撮れんやったもんやき、結局は東京ドイツ村のイルミネーションにしたと。
つい先日、船橋アンデルセン公園で綺麗なアイスチューリップが撮れたとばってが、季節外れで違和感があるもんやき不採用たいね。
以下の写真は2017年のカレンダーに採用した12か月分の写真たいね。

1601m

1602m

1603m

1604m

1605m

1606m

1607m

1608m

1609m

1610m

1611m

1612m
































| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(12/20) その6

チューリップば撮りに行ったとばってが、太陽の池の散策路沿いの土手にはニホンスイセンが咲き始めとったと。
今迄、ニホンスイセンは年明けにしか撮ったことが無かったとばってが、先日の昭和記念公園といい、なんか今年はいろんな花の開花が更に早うなったげな気がすると。
これも地球温暖化が影響しとうとやろうかね。
このスイセンはアドビフォトショップエレメンツでレタッチしたとばってが、2枚目と3枚目の写真は色温度ば3,600まで下げて白っぽさば強調し、更に明瞭度ば-50にしてほんわかてした雰囲気に仕上げてみたと。

1612296

1612297

1612299







| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(12/20) その5

その5はイベント広場に建つ真っ赤な建物、コミュニティーセンターとチューリップのコラボレーションたいね。
デンマークには行ったことが無いもんやき良うわからんとばってが、こげな真っ赤な建物があるっちゃろうかね。
日本やったら近所の人から、景観ば損なうていう文句の一つも出兼ねんと。
こげえして公園の中に建っとったら、異国情緒満点で、青空ば背景に一際輝いとうとよ。

1612284

1612287




| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(12/20) その4

その4はイベント広場のチューリップたいね。
広場脇の小さな花壇には、紫色のチューリップの中に、一際鮮やかなピンクのチューリップが咲いとうと。
紫色ば背景にしてピンクのチューリップばアップで撮ったら、なかなか良か雰囲気の作品が出来たと。
また、広場の中心にある噴水のぐるりには、赤紫のチューリップの鉢が並べてあって、噴水ば背景にして撮ったとよ。

1612283

1612288

1612291

1612292










| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(12/20) その3

その3は大きな鉢に植えたあチューリップたいね。
直径が60~70cmもあろうかていう大きい鉢が園内のあちこちに置いたあと。
中でも綺麗なチューリップはワンパク王国ゾーンのアルキメデスの泉付近の鉢植えたいね。
泉ば背景に撮ったらとても爽やかな絵が撮れたと。

1612276

1612271




| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(12/20) その2

その2は花壇のチューリップば、ややアップ気味に撮った写真たいね。
年末のこの時期に、咲いた咲いたのチューリップ畑は、違和感ば拭いきれんとばってが、一足早い春の息吹にも包まれて、なんか心が温まると。
これらの写真は、殆どがローアングルで撮ったとばってが、Pentax-K3まではアングルファインダーば装着してカメラば地面すれすれに構え、上から覗き込むごとして撮ったと。
一方、K1になってからはアングルファインダーは使わんでも撮れるとよ。
て言うともK1のモニターはフレキシブルチルト液晶モニターやき、ライブビユーに切り替えてモニターの角度ば調整して、カメラばローアングルに構え、目から50~60cm離れたモニターば確認しながらシャッターば切ると。
屈み込んで無理な態勢ばとらんでも、楽々撮れるとよ。

1612248

1612249

1612251

1612256

1612257_2

1612259

1612262

1612263



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園(12/20) その1

船橋アンデルセン公園でアイスチューリップが見頃になって来たと。
去年は北ゲートから入ってすぐの園路に小規模で植えてあったとばってが、今年は園内のあちこちに植えてあってから、なかなか見応えがあると。
アイスチューリップは球根を冷蔵保存し、冬なのに春が来たと球根に季節ば錯覚させて、この時期に咲かせるチューリップたいね。
今日はちょうどクリスマスばってが、ケーキに使うイチゴも本来ならば春に収穫するとばってが、同じ原理でこの時期に収穫出来るごと育てるとよ。
冷蔵設備など設備費がいっぱいかかるもんやき、アイスチューリップはとても高価なもんばってが、花の少ないこの時期に見らるうとは有り難いと。
その1は、まずは船橋アンデルセン公園のシンボルであるメルヘンの丘ゾーンにある風車ば入れたアングルで撮ったアイスチューリップたいね。
園内には冬の花の代表選手の葉牡丹も植えてあったと。

1612281

1612264

1612269







| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園(12/17) その6

その6はソシンロウバイたいね。
BBQガーデン南側の残堀川沿いで見頃になっとうと。
日本庭園東側の花の丘への遠路分岐にもソシンロウバイがあるとばってが、こっちはようやくポチポチと蕾が開き始めたとこたいね。
確かに日当たりの差はあるとばってが、それにしても場所によって開花の進み具合がこげえ大きいとはねえ。
BBQガーデン脇のソシンロウバイは、小さい段差があるとこに植えたあもんやき、上の段からも下の段からも撮らるうと。
逆光で撮ったり、順光で撮ったり、空ば背景にしたり、林ば背景にしたり、いろんなアングルで撮らるうとよ。

1612148

1612155

1612149

1612157

1612150













| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園(12/17) その5

その5は山茶花たいね。
ちょうど今が見頃の山茶花が園内のあちこちに咲いとうと。
ひと頃は、この時期になったら、あちこちの山茶花ば撮っとった時期があったとばってが、最近はたまたま見掛けた山茶花しか撮りよらんと。
今年は、稲毛海浜公園の紅葉ば撮りに行って、たまたま見掛けた山茶花ば撮っただけたいね。
今回はそれ以来の山茶花ばってが、花が少ないこの時期には貴重な被写体たいね。

1612132

1612135

1612138

1612139








| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園(12/17) その4

その4はニホンズイセンたいね。
まあだ年も明けとらんとい、あちこちでニホンズイセンの開花便りが聞かるうごとなって来たと。
昭和記念公園でも、ふれあい橋南西花壇で開花が始まっとったとよ。
このエリアは球根エリアで、夏から秋にかけてナツズイセンやら彼岸花も咲くとよ。
ニホンズイセンばってが、やっとこさ開花が始まったとこで、花はまあだ数えるぐらいしか無いと。
マクロレンズでローアングルから青空ば背景にしてようやく1枚撮れたと。

1612129

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園(12/17) その3

その3はイルミネーションたいね。
ダイヤモンド富士ば撮ってから再び立川口から園内へ。
幸いカナールの真正面のベストポジションが確保出来たもんやき、三脚ばセットして点灯を待ったと。
定刻の17時、カウントダウンコールと共に一斉にイルミネーションが点灯したと。
ここのイルミネーションは初めて見たとばってが、今まであちこちで見て来たイルミネーションとちょっと趣が違うと。
形が左右対称のカナールであること、カナールの水に綺麗に映るもんやきイルミネーションが2倍に見えること、ワイングラスに水ば満たして3段重ねのタワー状のモチーフばカナールに沿っていっぱい配置することやら、なかなかの演出たいね。
それにしては想像しとったよりも人出が少なかったと。
立川ていうたらそこそこの都会ばってが、やっぱあ23区内と比べたら田舎たいね。
子供の家族連れの姿が多かったとばってが、若手中堅どころの姿はとても少ない感じがしたと。

1612196

1612199

1612202

1612205

1612207

1612212

1612215

1612219

1612224

1612239




























| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園(12/17) その2

その2はダイヤモンド富士たいね。
昭和記念公園のホームページによると、21日の冬至前後に見らるうて書いてあったと。
21日は天気予報じゃああんまり良か天気じゃなかろうごたあし、冬至前後ていうことは、ちょうど太陽が折り返し地点やき、長いこと山頂付近に太陽が居座るっちゃなかろうかて思うて期待して行ったとよ。
園内ば散策して時間ばつぶし、予定の30分ほど前に観測地点の「浮遊の庭」に到着したと。
既に先客が20人ぐらいおったとばってが、三脚ば立てたカメラマンは5~6人しかおらんと。
大半の客は、三脚ば立てたカメラマンの姿ば見て、何事やろうかて思うて集まって来たげな感じやったと。
「浮遊の庭」は狭いもんやき、わずか20人程度でもぎゅうぎゅうたいね。
幸い一番良かポイントの前の斜面が空いとったもんやき、低い姿勢で三脚ばセットしたと。
待つこと30分、16時13分に太陽が山頂のセンターにかかったと。
そこから沈んでしまうまでの約2分間、夢中でシャッターば切ったとよ。
情報よか4日も早いとばってが、期待した通り冬至前ていうこともあって、4日前でもまずまずの位置に沈んだと。
電車ば乗り継いではるばる立川まで来た甲斐があったと。
ダイヤモンド富士とイルミネーションの2つの狙いの内、まず一つはクリアーたいね。

1612174

1612181

1612184







| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園(12/17) その1

17日に久しぶりに昭和記念公園に行って来たと。
今年も例年通りチューリップの季節に訪れたとばってが、この時期に行くとは初めてたいね。
狙いは夕方のダイヤモンド富士と夜のイルミネーションたいね。
家ばゆっくり出て、東京駅で昼食、13時前にあけぼの口に到着したと。
早速、夕方のダイヤモンド富士の下見ば兼ねて「花とみどり文化センター」屋上の「浮遊の庭」へ。
そこに居た地元の老人曰く「この時間にこんだけ富士山がくっきり見えるとは年になんべんも無いと」と。
その後、立川口から入園、夕方まで園内ば散策したと。
そしたら、みんなの原っぱ東側からも富士山が拝めたと。

1612169

1612140




| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村のイルミネーション その2

イルミネーションのテーマは毎年変わっとうとばってが、クマやらフラミンゴやら小物は毎年同じたいね。
マルクトプラッツの建物のデザインもさほど変わらんと。
ポールの先っぽにボールばつけた電飾がなかなか良か雰囲気やったき撮ってみたと。
このドイツ村のイルミネーションは3月末まで続くもんやき、次は3月中旬のダイヤモンド富士にチャレンジしてみようて思うとうと。

1612093

1612100

1612101

1612103










| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村のイルミネーション その1

今月8日に東京ドイツ村のイルミネーションば撮りに行って来たと。
狙いはイルミネーションと富士山のコラボやったとばってが、肝心の富士山に薄雲がかかってから、うまいこと撮れんやったと。
そこで、まずは展望台から全景ば撮ったと。

1612085

1612087

1612088

1612089










| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススキとパンパスグラス

稲毛海浜公園にある稲毛記念館には、立派な日本庭園があると。
その日本庭園にはモミジの木があるもんやき紅葉ば目当てに行ったとばってが、今年は綺麗に紅葉せんとよ。
結局、紅葉は撮らんで、庭園内のススキば撮ったと。
陽光ば受けて白う輝いてなかなか美しかったと。
帰り道で公園の散策路脇にパンパスグラスが、これまた陽光ば受けて輝いとったとよ。
今年も紅葉が終わり、いよいよ撮りたい被写体が無うなって来たと。
あとはイルミネーションぐらいかね。

1612080

1612082




| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の富士山 12/10

いよいよ冬になって、街行く人々の装いもすっかり冬らしゅうなって来たと。
そして空気が乾燥し、我が家から東京湾の彼方に秀峰富士が良う見える季節になったとよ。
しっかりと雪が降り積もった富士山は、朝日ば浴びて輝いとうと。
西側の窓のカーテンば開けた瞬間に、くっきりと富士山が見えたら、なんか今日一日良か日になろうげな気分になると。

1612120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大多喜城

久留里城に来たついでに大多喜城にも行ってみたと。
この城は昭和50年に竣工したもんで、正式な名称は千葉県立中央博物館大多喜分館て言うと。
「房総の城と城下町」ばテーマに武家社会やら城下町の生活やらに関する資料が展示したあとよ。
さて肝心の紅葉ばってが、城のぐるりには見るべきもんはなあも無いと。
城壁ば背景に小さいモミジの木の黄葉があったと。
あとは雑木と一緒に色付いた木があったもんやき、太陽ば正面にして撮ってみたと。
まあ、わざわざ足ば伸ばすまでもなかったと。

1612072

1612074

1612076












| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留里城 その3

その3は天守閣へ続く遊歩道ば上る途中の紅葉ばってが、実際には陽ば浴びてとても美しかったとばってが、写真に撮るといまいちたいね。
紅葉て言うか黄葉の方が多いし、ぐるりの雑木と入り混じってから、あんまり良か景色やないと。
ネットで県内の紅葉の名所ば調べても、久留里の久の字も出てこんし、こげなもんやろうね。
それよか、珍しいレストランがあったもんやき入ってみたと。
久留里城の駐車場の一番奥にあるレストランでジビエ料理ば出すレストランたいね。
最近は各地でイノシシによる農作物の被害が問題になっとって、駆除したイノシシば有効利用ばしようていう動きがあると。
ここのレストランもその一環で始めたげなばってが、店主の話によるとハンター不足でイノシシ肉ば安定的に確保するとが難しいげなとよ。
ハンターの高齢化とイノシシ肉が高う売れんていう問題があるとげなたいね。
それにしてもイノシシ肉のカツは硬かったと。カツやのうて煮物にしたり鍋にした方が食べ易いかもね。

1612033

1612056

1612041

1612051










| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留里城 その2

駐車場から資料館へ続く坂道の左側に等間隔で街路灯が設置されとうと。
紅葉とのコラボでなかなか良か雰囲気ば出しとうとよ。
路肩に切り立つ壁は苔むし、これもなかなか良か雰囲気たいね。

1612034

1612039

1612040

1612044










| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留里城 その1

三島湖ば後にして久留里城へ。
久留里の町は上総掘りの井戸がいっぱいあって、昔から酒蔵が多い町たいね。
以前なんべんか水汲みに来たことはあるとばってが、お城には行ったことがなかったと。
そのお城ばってが、今あるとは昭和54年に再建された復興天守げなたいね。
お城に紅葉ばからめて撮ったり、お城の中から窓越しに外の紅葉ば撮ったりしたと。

1612062

1612065

1612061

1612067

1612068

1612069
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

三島湖の紅葉

ロマンの森ば後にして三島湖へ移動。
ここは去年も来たとばってが、湖面から切り立った崖の木々が紅葉してなかなか美しいとこたいね。
今年の紅葉は色付きがいまいちやったとばってが、青空に映えてそこそこ美しかったと。
欲ば言うたら湖面がもうちいとどげえかならんかなて思うと。
もうちいと湖面ば広う写して、紅葉の映り込みば撮りたいとばってが、湖面の手前の方は狭うて、ゴミが浮いたりしとうもんやき絵にならんとよ。
まあそれにしてもロマンの森でがっかりした気分がちいとだけ回復したと。

1612027

1612026

1612030







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロマンの森共和国

房総半島の山ん中ば走る国道410号、国道て言うてもこげな山ん中やきあんまり車は走らんめえて思うとったとばってが、交通量の多いとにたまがったと。
後で地図で調べたら、房総半島ば縦走して千倉に抜ける道になっとうと。
途中、長狭から鴨川やら館山に行く車も利用するとやろうかね。
このルートの逆コースは、昔、大山千枚田に行った帰りに走った記憶があるとばってが、今は館山道があるき、このルートは走らんと。
さてロマンの森ばってが、営業中の看板が立っとうとばってが、まるで開店休業状態で、人影は見当たらんと。
紅葉ばってが、結論から言うたらいまいちやったと。10年ぐらい前に行ったときは、もうちいと美しかったげな記憶があるとばってがね。

1612021

1612025

1612023








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススキ野

6日の火曜日、房総半島南部の清和県民の森~久留里城~大多喜城ばぐるっと回って紅葉ドライブに行って来たと。
まずは君津の山奥にある清和県民の森ば目指したと。
県民の森は三島湖、豊英湖、高宕山、鹿野山、大塚山など四方を山で囲まれた3,200haにも及ぶ広大な森たいね。
あんまり行ったことは無いとばってが、一度だけ行ったことのあるロマンの森共和国の傍を流れる小糸川の岸壁の紅葉が記憶にあるもんやき訪ねてみたとよ。
そこへ行く途中、ススキが綺麗な野原があったもんやき、路肩に車ば停めて撮ったと。
ただただススキが広がる野原ばってが、なかなか良か雰囲気やったと。

1612019

1612020

1612018

1612016










| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇帝ダリア

あちこちで皇帝ダリアば見掛けるとばってが、今年は雪にやられて傷んどうとが多いと。
フラワーミュジアムの前庭にも咲いとうとばってが、ここの花もだいぶん傷んどうとよ。
大型の花で、しかも花びらが薄いもんやき、風雨に弱く、ましてや雪には弱いごたあね。

1612011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青の洞窟 SHIBUYA

朝から小石川後楽園、旧古河庭園、六義園て回ってからくたびれたとばってが、東京まで出て来たついでに渋谷で開催中の青の洞窟に行って来たと。
青の洞窟は数年前に目黒川で開催されたとばってが、狭いエリアに観客が殺到して安全が確保出来んもんやき中止になっとったとよ。
ほんなこと東京ちゅうとこは何をやっても大混雑で、数年前に開催された東京駅前のプロジェクションマッピングも中止になったとよ。
そげなわけで、青の洞窟は今年は渋谷の公園通りからNHK横に至るエリアで開催されたと。
メイン会場はNHK横の広い公園通りで、17時ジャストに点灯、あたりは一瞬にして青一色の世界になったと。
歩道には特殊なシートが敷き詰められて、青のイルミネーションが映り込み、まるで川の流れのごと見えるとよ。
まあそこそこ綺麗やったとばってが、本物の水が流れる目黒川には敵わんと。

1611362

1611364

1611366

1611369

1611374

1611382

1611370

1611387






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

六義園の紅葉

小石川後楽園と並んで東京の名庭園六義園は、五代将軍徳川綱吉に仕えた川越藩主柳沢吉保によって築かれたげなたいね。
明治時代には岩崎弥太郎の所有となったが、後に東京市に寄贈され一般公開さるうごとなったげなとよ。
ここは春の枝垂桜やらサツキも有名なとこたいね。
特に枝垂桜のライトアップのときは、枝垂桜に近づくことさえままならんごと混んで、その混み様は、まさに満員電車以上の大混雑になるとよ。
紅葉もライトアップが有名で、枝垂桜の時期同様、昼よか夜の方が賑わうと。
この日の紅葉は色付き具合が木によってバラバラでいまいちやったと。
朝から歩き疲れてから、とても夜まで粘る気力は無く、適当に撮って切り上げたと。
いつものことながら、体力と集中力の限界でスタミナ切れたいね。
こげな状態で良か写真が撮れるはずが無いと。

1611348

1611353

1611351

1611352

1611350

1611354














| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧古河庭園の晩秋

小石川後楽園の次は旧古河庭園たいね。
ここは本来はバラ園と石造りの洋館が素敵な庭園ばってが、紅葉と洋館ば撮ろうて思うて行ってみたとよ。
結果はハズレで、紅葉は既に終わった木やら、これからていう木やらで、とてもとても写真ば撮る気にはならんと。
結局は終わりかけたバラと洋館ば撮って次の六義園へ向こうたと。

1611330

1611332

1611333

1611335










| | コメント (0) | トラックバック (0)

小石川後楽園の紅葉 その2

小石川後楽園に行ったら、何故か時計回りに回るとよ。
門ば入ってから左折し、涵徳亭の裏手から西湖の堤ば通って通天橋へ、そして白糸の滝から松原ば通って一番奥の内庭ば回って1周すると。
通天橋付近で撮り終わったら、途中ちょこちょこ撮りながら松原へ。
松原に着いたら一休みたいね。
そして茶店で甘酒ばよばれるとがお決まりの行動パターンになっとうとよ。
若いころは甘酒なんて見向きもせんやったとばってが、このごろは六義園やら上野東照宮ぼたん苑やら、行く先々でよばれることが多いと。
我ながらちいと爺々臭うなって来たとに苦笑いたいね。
一休みしたら、お目当てのモミジの木があると。
大泉水の一番奥付近にある、逆光で真っ赤に燃えるモミジの木で、カメラマンに人気の木たいね。
ただこの日は色付きがいまいちで、真っ赤にはなっととらんやったと。
やっぱあ紅葉の撮影は逆光で透過光に輝くモミジが一番美しいと。
ただ、この木の前は通路になっとってから、なかなか人波が途切れんもんやき、写真ば撮るにはじっと我慢たいね。
それでもこの日は人波が途切れることは無く、結局、モミジの木の根っこまでワイドで撮ることは叶わず、枝の部分だけのカットになってしもうたと。

1611317

1611322

1611324

1611326








| | コメント (0) | トラックバック (0)

小石川後楽園の紅葉 その1

29日に都内庭園巡りばして来たと。
小石川後楽園ば皮切りに、旧古河庭園、六義園、そして最後はつい先日から始まった「青の洞窟 渋谷」に行って来たとよ。
一日中、重たいカメラバッグばかろうて、もうくたくたになったと。
まずは小石川後楽園ばってが、流石に御三家水戸藩徳川家の上屋敷跡地だけあって、都内随一の大名庭園たいね。
紅葉は場所によって差があるとばってが、ほぼ見頃ていう状態やったと。
その1は通天橋付近のモミジから。

1611310

1611303

1611311_2

1611307

1611313

1611305_2




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛海浜公園の紅葉 その2

お目当てのハゼの木の紅葉はまあだちいと早かったもんやき、稲毛記念館の日本庭園ば覗いてみたと。
庭園では庭師が二人、梯子ば掛けて松の木に登り、剪定作業中やったと。
なんか、こげな光景ば見ると冬支度ていうか、もうすぐ正月がやって来るていう雰囲気がするったいね。
さて紅葉ばってが、こっちのモミジもまあだ見頃にはちいと早かったと。
せっかく来たもんやき、全体の様子だけ撮って帰って来たと。

1611291

1611292




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »