« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

コキアとコスモス その3

その3はみはらしの丘のコキアば主役にした写真たいね。
丘の裾野はコスモス畑、丘の3合目あたりから頂上に至る一帯は紅葉したコキアに覆われとうとよ。
コキアの紅葉はまさに見頃で、綺麗なワインレッドの絨毯がみはらしの丘全体ば覆い尽くしとう光景は、まさに圧巻たいね。
そして散策路は人、人、人でびっしりと埋まり、なんか異様な光景たいね。
人っ子一人いないみはらしの丘ば写真に収めたい気持ちもあるとばってが、それは例え朝一番で入場しても無理な相談たいね。
ただ、これだけの人波もなかなか見ることはでけんだけに、これはこれで貴重な光景たいね。
ひょっとしたら、ただただコキアの紅葉が広がった光景よか、人の波がアクセントになって、写真としちゃあこっちの方が面白い気もすると。

1610299

1610301

1610306

1610307

1610312

1610314














| | コメント (0) | トラックバック (0)

コキアとコスモス その2

その2はみはらしの丘の麓のコスモスば主役にして、丘ば仰ぎ見るげなアングルで撮った写真たいね。
今までなんべんも来たとばってが、今年のコスモスの状態は一番良かげな気がすると。
風に倒されることも無いし、満開でちょうど見頃やし、青空の下でとても美しいと。
家ば出るときは、あけぼの山農業公園のコスモスば撮ったら帰宅しようて思うとったとばってが、思い切って足ば伸ばして良かったと。
行くべきか、行かざるべきか、それが問題だ。なんて迷うたら行く、これが撮影の鉄則たいね。

1610261_2

1610268_2

1610279_2

1610290_3

1610291
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

コキアとコスモス その1

あけぼの山農業公園のコスモスば撮り終ってから、常磐自動車道ばひとっ走りして、ひたち海浜公園に行って来たと。
朝、家ば出る前に天気予報ばチェックしたら、ひたちなか市の予報は曇り気味になっとったもんやき、行く予定は無かったと。
あけぼの山農業公園から帰路に着く前に、スマホで天気予報ばチェックてみたら、ひょっとしたら青空が期待出来るげな感じがしたもんやき、予定変更で行って来たとよ。
そしたら、ひたち海浜公園ICは大渋滞たいね。急遽その先の常陸那珂港ICに回り、臨時駐車場から入ったらスイスイでラッキーやったと。
それにしてもすごい混み様たいね。こげえ混雑したとは見たことが無いと。
日曜日やし天気は良かしコキアの紅葉は見頃やし、コスモスも満開で混雑の条件が重なっとうとよ。
みはらしの丘に着いたら、コスモスもコキアもちょうど見頃やし、おまけに青空でから、とても美しいと。
いつもは朝一番で来るもんやき、みはらしの丘の散策路の人影も少ないとばってが、この日は12時半ばまわっとったもんやき、銀座以上の大混雑たいね。
その1は、この日のベストショットを1枚だけ載せたと。

1610302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけぼの山農業公園のコスモス その2

あけぼの山農業公園は、春はチューリップ、夏はヒマワリ、そして秋はコスモスと年に3回転もして季節の花々が見らるう花の名所たいね。
そげなコスモス畑に夏の名残りのヒマワリの姿がちらほらと見らるうと。
その2は、そげなコスモス畑の様子やら、透過光でキラキラ光る逆光のカットやらを中距離で捉えた写真ば集めたと。

1610244

1610252

1610253

1610246

1610249

1610250

1610255
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけぼの山農業公園のコスモス その1

23日の朝、そこそこ良か天気やったもんやき柏のあけぼの山農業公園にコスモスば撮りに行って来たと。
この日は、朝ゆっくりやったもんやき、あけぼの山に着いたら既にお客さんが大勢押し寄せて来とったと。
コスモスもちょうど見頃で、とても美しいとよ。
ここも佐倉ふるさと広場同様、風に倒されることも無く、とても良か状態たいね。
ここに来たらまずはシンボルの風車ば入れたアングルで撮るとが定番になっとうとよ。
良か天気やったもんやき、青空も入れて撮ったりしたと。
更に、木立の影になった暗いとこば背景にして、コスモスば際立たせるアングルで撮ったりしたとよ。

1610226

1610233

1610236

1610247

1610251


1610243













| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐倉ふるさと広場のコスモス

柏のあけぼの山農業公園と同様、四季折々の花が楽しめる佐倉ふるさと広場にコスモスの写真ば撮りに行って来たと。
ここは、例年、風にやられてコスモスが倒れとうことが多いとばってが、今年はしゃんとしてから、花もなかなか美しかったと。
ただ曇り空やったもんやき、ここのシンボルとも言える風車ば入れたワイドの写真は撮らんやったと。
大半が赤とピンクと白い花で、いわば最もポピュラーなコスモスの花ばってが、一部に黄色やら柿色のコスモスも咲いとったと。

1610204

1610210

1610212

1610215

1610216

1610219

1610222

1610224

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津バラ園 その2

その2はアップの写真たいね。
京成バラ園と一緒で、秋バラはアップに堪える花ば探し出すとに苦労すると。
遠くから見たら綺麗に見えるバラも、近づいて見たら花びらに小さな傷があったりするとよ。
狙いの花は綺麗でも、その背後にある花に傷が目立ったりすることもあると。
画角ば変えて狙いの花の背後に隠したりしたよ。

1610186

1610191

1610183

1610185

1610182

1610181

1610200

1610201

1610199

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津バラ園 その1

10月18日、近所の谷津バラ園でも秋バラが見頃になって来たもんやき行ってきたと。
この日は天気が良かったもんやき青空ば背景に撮った写真ば集めたと。

1610170

1610173

1610172

1610176

1610177

1610199
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成バラ園 その6

バラ園の奥の方に、ツルバラの赤い実と紫式部の紫の実が目に付いたと。
一般に紫式部ていう名前で良う見掛けるとは、コムラサキていう小型の品種たいね。
他にもヤブムラサキやらオオムラサキシキブやらシロシキブていう品種もあると。
一般的には、こげな品種ば総称してムラサキシキブて言うことが多いげなたいね。
弓状に枝ばしならせて重たそうに実ばびっしり付けて、なかなか美しいと。

1610157

1610161




| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成バラ園 その5

京成バラ園の大温室にエンジェルトランペットが咲いとったと。
「木立朝鮮朝顔」ていう別名もあるとばってが、何でエンジェルなんか、何で朝鮮なんかはわからんと。
また別の部屋にはフラワーアレンジメントて言うとかね、大きな鉢にバラの花ば中心にしてコスモスやら赤い実で豪華に飾ってあったと。

1610162

1610154

1610156







| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成バラ園 その4

その4は2~3m程度の距離からマクロレンズで撮った、ややアップ気味の写真たいね。
気品ば感じる薄紫花やら淡い柿色ばした花、そして中心部が赤で濃いピンクの花びらが印象的な花やらがあったと。
全体としちゃあやっぱあ秋バラらしく、華やかさはあんまり感じんとばってが、落ち着いた印象の京成バラ園やったと。

1610126

1610132

1610137







| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成バラ園 その3

その3はアップの写真たいね。
秋バラは花の数が少ない上に、先日来の雨に打たれたこともあって、なかなかアップに堪える花が見つからんと。
ゆっくりと園内ば1周してなんとか傷んどらん綺麗な花ば探して撮ったとよ。
こん中でお気に入りは1枚目の写真たいね。
黒い背景に白い花、そしてその花びらの赤い縁取りがとてもシャープで、なかなか良か雰囲気たいね。

1610149

1610148

1610142

1610145

1610147













| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成バラ園 その2

秋バラは夏バラに比べたら魅力的な花が少ないとばってが、とびきり魅力的なバラがあったと。
花の中心部がピンクで外側の花びらは品が良か白たいね。
柱に巻き付くごと上に伸びる蔓バラは一際輝いとったと。
他にはあんまり綺麗な花は無かったとばってが、この最高に魅力的なバラに出合うたたげで来た甲斐があったと。

1610125

1610123

1610122

1610120

1610119

1610117

















| | コメント (2) | トラックバック (0)

京成バラ園 その1

彼岸花が終わり、コスモスが咲いたて思うたら、もう秋バラのシーズンになったと。
今年は夏が長いごと感じたとばってが、秋になったて思うたら一挙に季節が進んだ気がすると。
見頃になったていう情報ば得て、13日に京成バラ園に行って来たと。
秋バラは夏バラに比べて、花の数も少ないし、しっとりした感じで派手さがないもんやき、ワイドで全景ば撮る気にはならんと。
そこで、その1は、京成バラ園のシンボル「由美のガゼボ」ば入れたカットば集めたと。
このガゼボは桂由美氏がプロデュースしたもので、このガゼボの前で庭園ウエディングが挙げらるうごとなっとうとよ。

1610110

1610111

1610114

1610115











| | コメント (0) | トラックバック (0)

月の入り

昨日の朝5時過ぎ、新聞を取りにエレベーターに乗ろうとした時、西の空に濃い柿色の月が目に入った。
即、部屋に戻り望遠レンズばセットして撮ったとがこの写真たいね。
月の上空はほのかに赤味ば差し、月の下方には船橋やら浦安方面の街の灯りがかすかに写っとうと。

1610164

1610166




| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムのコスモス その4

その4はフラワーミュジアムの前庭の風景ばワイドでとらえた写真たいね。
コスモスの背景に写っとうとはブルーはサルビア・レウカンサ、赤はベゴニアたいね。
写真ば撮りよったら、幼稚園児の団体が来てから、コスモスの前で専属カメラマンが記念撮影ばしよんしゃったと。

1610083

1610085

1610094_2

1610092

1610089

1610078














| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムのコスモス その3

その3もマクロレンズによるアップの写真ばってが、縦構図の写真ば集めてみたと。
この頃はコスモスに限らず、品種改良が盛んやもんやき、今まで見たことの無い花に出合うことが多いと。
この濃いピンクのコスモスもそげな花の一つたいね。
コスモスて言うたら赤、ピンク、黄色、白やらその組み合わせの色が殆どやったとばってが、こげなちいとベージュがかった濃いピンク色の花ば見たとは初めてたいね。
初めて見たもんやきなんか新鮮な感じがすると。

1610069

1610076

1610003

1610004








| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムのコスモス その2

その2はアップの写真たいね。
ちょっと変わったピンクのコスモスやら真っ白で清潔なイメージのコスモスが目に留まったもんやき、お気に入りのマクロレンズで撮ったと。

1610065

1610080

1610067







| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムのコスモス その1

ここんとこ急に秋めいて来た感じがするとばってが、そげな秋の深まりに合わせるごとフラワーミュジアムのコスモスが見頃になって来たと。
今年のここのコスモスは、例年と違うてから、いろんな種類のコスモスが植えたあと。
その1は、そのいろんな種類のコスモスば前景にしてフラワーミュジアムの建物と温室ば背景に撮ってみたと。

1610058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムの秋明菊 その2

9月21日に脇庭花壇のシュウメイギクばアップしたとばってが、その2は裏庭の秋明菊たいね。
こっちの秋明菊の方が背丈も高うて花もいっぱいつけとうと。
背丈が高いもんやき、風で萱の方に倒れ込んでしもうとうと。
白の秋明菊もちょうど見頃やったと。

1610009

1610011

1610012



| | コメント (0) | トラックバック (0)

千日紅に赤トンボ

フラワーミュジアムの花の門ば入ってすぐの花壇に千日紅が咲いとうと。
ちょうど赤トンボがとまっとったもんやき撮ってみたとよ。
トンボは蝶と違うてからあんまり飛び回らんで、じっとしとうもんやき撮りやすいと。
ところでこの千日紅ばってが、百日紅の十倍の名前がついとうと。
百日紅は夏の時期に百日間も鮮やかな紅色の花ばつけるとこからつけられた名前たいね。
一方、千日紅は夏から秋にかけて長い間、紅色が褪せないとこからこげな名前になったげなたいね。
また、乾燥させても千日以上色褪せんもんやき、こげな名前になったていう説もあるとよ。

1610033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十月桜

フラワーミュジアムの前庭に十月桜が満開になっとうと。
この桜はちいと変わった桜で、一年に二度咲く、二度咲き桜たいね。
蕾全体の約3分の1がこの時期に、そして3月末から4月にかけて残りの3分の2が咲くと。
十月桜のほかにも冬に咲く桜で冬桜て呼ばれる桜もあるとばってが、十月桜も含めて総称して冬桜て呼ばるうこともあると。

1610028

1610030




| | コメント (0) | トラックバック (0)

コキアの紅葉

コキアの紅葉て言うたら、ひたち海浜公園のみはらしの丘て決まっとうとばってが、もう1箇所あるとよ。
それは東京ドイツ村たいね。
毎年、はるばるひたち海浜公園まで行きよったとばってが、今年はパスしようて思うとうと。
ひたち海浜公園のコキアの紅葉は、今月の中旬以降になりそうげなばってが、ドイツ村じゃあもうほぼ見頃になっとうとよ。
この写真は10月4日に撮ったとばってが、中旬には見頃のピークば過げてしまうかもしれんき、行くなら早めに行った方が良かばい。
ただ、初めてドイツ村のコキアの紅葉ば見たとばってが、やっぱあひたち海浜公園よか見劣りがすると。
それは、木が小さいことと密植度合いがいまいちていうとこたいね。
その結果、写真ば撮るアングルによって、地肌が見えてしまうと。
来年は改善さるうことば期待しとこう。

1610040

1610041

1610042

1610047

1610051

1610053

1610056



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山千枚田の彼岸花 その3

その3はたまたま飛んで来た黒いアゲハチョウの写真たいね。
ネットで調べたら、翅の付け根に赤い斑紋があること、後翅に白い斑紋があることから、ナガサキアゲハのメスのごたあと。
チョウはトンボと違うてから、一時もじっとしとらんもんやき撮るとが難しいと。
ちょこちょこ動き回る孫の写真ば撮るときと同じ要領で、連写するしかないと。
フォーカスはいちいちマニュアルで合わせよったら間に合わんもんやき、オートフォーカスにして手持ちで撮るとばってが、ここで一工夫があると。
それはオートフォーカスでチョウに合わせようてしても、動き回るもんやきなかなかピントが合わんめえが。
そこで、スポットフォーカスにして彼岸花に合わせるとよ。
そして速射砲のごと連写するとよ。
結果的に100枚近く撮って、まともな写真はこの2枚だけたいね。

1609461

1609464




| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山千枚田の彼岸花 その2

千枚田には風景の中にアクセントになるもんが点在すると。
大きな一本木、藁やらその燃えカス、水溜りに映る空と雲やら、ついつい切り取りたくなるげな被写体たいね。
それらをじっと眺めとったら、田植えから稲刈りまでの農作業の光景が目に浮かんで来ると。
少年時代、家の手伝いで田植えやら稲刈りに汗ば流したことが思い出さるうと。
やっぱあ田舎は良かねえ。
気持ちが落ち着くと。

1609433

1609437

1609446

1609447

1609451

1609452














| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山千枚田の彼岸花 その1

この日の最後は大山千枚田たいね。
ここを最後にしたとは理由があると。
千枚田は東向きやもんやき、午前中はもろ順光で、ベタな写真になってしまうと。
全体に日蔭が出来んもんやき、棚田の段差も際立たんとよ。
現場に着いたとは13時過ぎやったとばってが、まあだ陽が高いもんやきイマイチたいね。
時間はたっぷりあるもんやき、休み休み撮りよったら、次々に観光バスが上って来ると。
どうもこの時期の千葉は、濃溝の滝と千枚田がセットになってツアーが組まれとうごたあと。
ちいと陽が傾き始めた14時過ぎから、そろそろ棚田に影が出来、メリハリのある光景に変わり始めたと。
ここの棚田は、以前に比べたら彼岸花の数がうんと増えたと。
これぐらいあったら絵になるね。
この時期の来訪者も、以前に比べたらうんと増えたっちゃなかろうかね。

1609449

1609443

1609439

1609455











| | コメント (0) | トラックバック (0)

浄宗寺の彼岸花

小湊鉄道エリアを過げて夷隅鉄道エリアの大多喜町に入って間もなく、曼珠沙華寺て呼ばれよう浄宗寺があると。
今は住職も住んどらん小さいお寺たいね。
門前から井戸の廻りにかけて曼珠沙華が満開やったと。
ここでも昨夜来の雨でキラキラ光る彼岸花がとても魅力的たいね。
ここ大多喜地区に古くから残る民話にも登場する浄宗寺、なんかそこらへんからひょっこり民話に登場する村人が顔ば出しんしゃあっちゃなかろうか、ていう雰囲気があると。

1609426

1609427

1609421

1609424








| | コメント (0) | トラックバック (0)

小湊線の彼岸花

久留里城山郷から養老渓谷へ移動、ネットで調べたスポットへ。
ここは近くに広い駐車場もあるもんやき好都合たいね。
現場に着いたら、目の前に小湊線が走っとったと。
撮影場所ば決めて三脚ばセットしよったら、次々にカメラマンがやって来たと。
東京から来たていうカメラマンと話したら、なんでもここは撮り鉄には有名なスポットらしい。
春には一面の菜の花畑ば背景に小湊線の電車が走る光景ば撮りに来るていう話たいね。
スマホで電車の通過時刻ば調べて、まずは下り電車を、そして上り電車も待ってから撮ったと。
来春は菜の花ば撮りに行ってみようて思うとうと。

1609410

1609417

1609413







| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留里城山郷の彼岸花

9月27日、写真仲間と一緒に千葉県内の彼岸花の名所ば回ったと。
彼岸花の前に、濃溝の滝に立ち寄ったとばってが、6時前ていうとい駐車場は満車、結局ちいと離れたとこにある第三駐車場に止めて現場に行ったと。
相変わらずの人気のスポットで、正面の良か場所は確保出来ず、端っこに三脚ば立ててチャンスば待ったとばってが、結局は朝日が出んやったもんやき空振りに終わったと。
気ば取り直して次は彼岸花たいね。
今回は4箇所の彼岸花の名所ば回ったとばってが、その内3箇所は初めてのとこやったと。まずは久留里城山郷へ。
ここは「久留里城山郷かずさ活性化の会」が城山郷「自然園」整備事業の一環として彼岸花ば植えんしゃったげなたいね。
前日の雨で彼岸花に雨滴がいっぱい付いとうもんやき、キラキラ光ってとても美しいと。
ぐるりの景観はいまいちばってが、この彼岸花の雨滴は期待以上やったと。

1609400

1609396

1609403

1609406

1609401












| | コメント (0) | トラックバック (0)

権現堂堤の彼岸花 その2

その2は散策路ば入れた写真たいね。
彼岸花が群生する堤には、頂上と下と合わせて2本の散策路が走っとうと。
殆どの花見客は往路と復路で上下両方の散策路ば歩き、斜面ば見下ろすアングルと見上げるアングルの両方ば楽しみんしゃあとよ。
一面の真っ赤な絨毯も良かとばってが、写真としちゃあ散策路ば入れた方が、ベタの写真にならんでより良かげな気がすると。
小雨ん中、パパは傘もささんでビデオカメラば回し、「私にも撮らせて」て言うとるかのような幼子とおててをつなごうとするママの姿がほほえましかったもんやき、ついついシャッターば切ったと。
花風景ば撮るときは、原則として人影は入れんとばってが、こげなほほえましい光景ば見掛けたら、そっちにカメラが向いてしまうとよ。
もちろん顔がはっきりわからんごと気をつけて撮るとばってがね。

1609391

1609390

1609380

1609378

1609370

1609366
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

権現堂堤の彼岸花 その1

茨城県の西連寺と弘経寺ば回って、この日の最後は埼玉県幸手市の権現堂たいね。
ここは、年明けの水仙に始まり、春には桜と菜の花、夏には紫陽花、そしてこの時期は彼岸花と四季を通して花の名所として賑わうとこたいね。
ここに着いたとは14時前やったとばってが、大勢の観光客で賑わうとったと。
狙うたアングルにカメラば構えても、人波がなかなか途切れんもんやき、シャッターば切れんとよ。
人波が途切れた瞬間ば狙うてシャッターば押すもんやき、1枚撮るとも時間がかかると。
ところが15時前ぐらいから雨が降ってきたもんやき、みるみる人影が少のうなって来たもんやき、チャンス到来たいね。
撮影用に準備した大きめの傘ばさして、人影が入らん写真が撮れたと。
彼岸花はちょうど見頃で、しかも雨に打たれて活き活きしとったと。

1609376

1609377

1609384

1609385_2

1609387

1609375

1609382

















| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »