« 束の間の虹 | トップページ | 早くも彼岸花が »

ショクダイオオコンニャク

京成バラ園の温室でショクダイオオコンニャクが咲いとうていう情報があったもんやき行って来たと。
サトイモ科コンニャク属のこの花は、世界最大の花て言われとう花で、スマトラ島が原産げなたいね。
初めて見たとばってが、とにかくでっかいと。
ここのは高さが152cmやったとばってが、世界的には310cmまで成長した記録があるげなたいね。
ただ、なかなか咲かんで、京成バラ園でも12年育ててようやく咲いたげなとよ。
地中に埋まっとうコンニャク玉がどんだけでっかいか見てみたい気もすると。

1608282

|

« 束の間の虹 | トップページ | 早くも彼岸花が »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538767/64138760

この記事へのトラックバック一覧です: ショクダイオオコンニャク:

« 束の間の虹 | トップページ | 早くも彼岸花が »