« 野反湖のニッコウキスゲ その3 | トップページ | チャツボミゴケ その2 »

チャツボミゴケ その1

折角野反湖まで行くもんやき、事前に六合村の観光情報ば調べたら、チャツボミゴケ公園穴地獄ていう情報があったと。
チャツボミゴケについて、次のごと解説がしてあったと。
「チャツボミゴケはウロコゴケ目ツボミゴケ科に属し、強酸性の水中で生育するという珍しい特性を持っています。各地の鉱山跡や温泉等で生息が確認されていますが、ここ穴地獄が最大級の群生地となっています。」
その穴地獄は、野反湖の帰り道、草津方面の山ん中にあったと。
駐車場から穴地獄へ歩いて行く途中、道に沿うて流れる小川の中にもチャツボミゴケが見えて来たと。鮮やかな緑色の苔が、川の中の石にへばりついとうとよ。
そして道の突き当りにあったとが穴地獄たいね。
あの温泉特有の硫黄の臭いが鼻を突き、目の前には今まで見たことの無い異様な光景が広がっとったと。
なんでもこのあたり一帯は鉄鉱石の鉱山跡で、穴地獄にはPH2.8の強酸性の鉱泉が湧き出とうげなたいね。
ちいと不気味な光景ばってが、良く良く観察ばしとったら、チャツボミゴケの鮮やかな緑色がとても美しいと。

1607133

1607129

1607135

1607134

1607126











|

« 野反湖のニッコウキスゲ その3 | トップページ | チャツボミゴケ その2 »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538767/63917307

この記事へのトラックバック一覧です: チャツボミゴケ その1:

« 野反湖のニッコウキスゲ その3 | トップページ | チャツボミゴケ その2 »