« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

香澄公園の花菖蒲 その1

今年はいろんな花の開花が早いもんやき、香澄公園に下見に行って来たと。
案の定、早咲きの花菖蒲はもう見頃になっとうとよ。
早咲きとは言え、5月に見頃になったとは初めてで、例年よか1週間程度早いとよ。
ただ、今年の香澄公園の菖蒲田は、木道の両脇に高さ1メートル程度のネットば張り巡らせとうもんやき、邪魔になってローアングルの写真は撮られんと。
なんでこげなもんば張り巡らせたとかようわからんと。
いずれにしても、他の公園の菖蒲田もタイミングば逃さんごと情報収集が大事たいね。
 
1605345
 
1605353
 
1605352
 
1605351
 
1605357
 
1605350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャーレーポピー その2

その2はアップの写真ばってが、風が強うてなかなかうまいこと撮れんと。
風がなかなかやまんもんやき、途中であきらめてしもうてから、良か写真は全然撮れんやったと。
このごろ感じるとばってが、年々体力はもちろんのこと、集中力やら辛抱強さが無うなって来ようとよ。
他の趣味も一緒と思うとばってが、心技体が充実しとらんと、なかなか良か写真は撮れんと。
先月、新発売のK1とK1用のレンズも買うたし、この辺で投資もそろそろ終わりにしようて思うとうと。
そして、撮影スタイルもあんまり張り切らんで、ボケ防止ぐらいのゆるい感じで、気ままに撮影ばエンジョイするスタイルにした方が良かろうごたあね。
 
1605324
 
1605335
 
1605337
 
1605343
 
1605344

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャーレーポピー その1

泰山木やら花菖蒲やらば撮ってようやくお目当ての花の丘に到着したと。
シャーレーポピーで赤一色に染まった花の丘には、花見客やカメラマンの姿が見らるうと。
そして園内にはパークトレインが行き交い、園児たちの散歩姿も見られて、昭和記念公園に来たんだ、ていう実感がすると。
さて肝心のシャーレーポピーばってか、超満開で見ごろやったとばってが、天気予報よか回復が遅れて、帰る頃にようやく青空が広がって来たと。
おまけに風がそこそこあるもんやき、撮影コンディションとしてはあんまり良うなかったと。自然が相手やき、なかなかうまいこといかんと。
1605310
 
1605311
 
1605312
 
1605321

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花菖蒲と睡蓮

花木園の菖蒲田には花菖蒲が咲き始めとったと。
品種も少ないし、まあだ花数も少ないもんやきあんまり迫力は無いとばってが、今年になって初めての花菖蒲やき、初物の魅力ていうか、ちいと胸が高まると。
菖蒲ていうたら今まであっちこっちいったと。
県内やったら佐原水生植物園、昭和の森、泉自然公園、袖ヶ浦公園、本土寺、香澄公園、都内やったら堀切菖蒲園、堀切水辺公園、小岩菖蒲園、水元公園、皇居東御苑二の丸庭園、清澄庭園、小石川後楽園やらいっぱいったと。
今年からは医者通いが忙しゅうなったもんやき、あんまり遠出が出来んごとなってしもうたと。
さてさて今年はどこに行こうかな?情報ば集めて一発必勝で行きたいとばってがどげえなることやら。
 
1605289
 
1605295
 
1605292
 
1605290
 
1605300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泰山木と山法師と時計草

シャーレーポピーが見頃ていう情報があったもんやき、チューリップ以来になるとばってが昭和記念公園に行って来たと。
西立川口から入って花の丘ば目指して歩きよったら、でっかい真っ白な花が目に飛び込んできたと。
泰山木たいね。アメリカ原産で明治初期に渡来して来たげなばってが、大木に成長せんと花が咲かんとよ。
更に歩き寄ったら、今度は小さい花があちこちに見えて来たと。
山法師たいね。アメリカ原産のハナミズキに似とうとばってが、こっちは日本の原種たいね。
更に歩きよったら、花木園売店前に時計草が咲いとったと。クレマチスの仲間やき、クレマチスと同じ時期に咲くとよ。
1605286
 
1605283
 
1605284
 
1605287
 
1605288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛海浜公園花散歩 その6

開花が遅れとったヨットハーバー向いの松林のハマヒルガオがようやく見頃になったと。
咲くには咲いたとばってが今年は花の数が少ないと。
海岸線のハマヒルガオも花数が少ないし、ピンチやね。
ボランティアの皆さんが、一所懸命植えよんしゃあとばってが、なかなか自然には勝てんとよ。
特に浜辺の花は、風雨に加えて波で海岸線がけずらるうもんやきなかなか広がらんと。
松林の脇にはシロツメグサが陽光ば受けてキラキラ輝いとったと。 
 
1605275
 
1605278
 
1605277
 
1605279
 
1605280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛海浜公園花散歩 その5

前回の花散歩からわずか2日しかたっとらんとい、バラの開花はうんと進んでからほぼ満開たいね。
土曜日ていうこともあってか、裏庭のバラ園にも大勢の入園者が来とったと。
このごろ良う見掛けるとが簡易テントたいね。バラ園の裏門から出てすぐの芝生には、いくつもの簡易テントが張ってあり、パパは昼寝、子供たちは芝生の上で走り回ったり、遊具ではしゃいだりしようとよ。
流石にバラ園の芝生にテントば張る強者はおらんとばってが、ここでテントば張って昼寝でもしたら気持ち良かろうごたあね。
 
1605273
 
1605267
 
1605268
 
1605269

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛海浜公園花散歩 その4

ヨットハーバー向いの松林に咲くハマヒルガオが気になったもんやき、また行って来たと。
まずはフラワーミュジアムの前庭経由で行ったとばってが、前庭のポピーは盛りば過げてだいぶん花びらが散っとうと。
そげな中、前庭の端っこの日蔭にまあだ綺麗なポピーが残っとったとよ。
一つは背景がうるさかったもんやき黒く仕上げたと。
もう一つは薄い緑の背景で、鮮明度ばちいと落として更にハイキーで処理してみたと。
1605264
 
1605265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛海浜公園花散歩 その3

フラワーミュジアムの裏庭のバラ園の次は館内のアトリウムフラワーガーデンたいね。
ここはいつもいろんな花で彩られとうとばってが、この時期の主役はやっぱあバラの花たいね。
室内で狭い空間にいろんな花と一緒に密植されとうもんやき、背景の処理が難しいと。
それでも赤と白のまだら模様のバラやら、ちょっとアンティークな大型の鉢植えが良う似合うバラやらがあって、外に咲くバラとはちいと違う雰囲気が味わえるとよ。
 
1605257
 
1605259
 
1605260
 
1605263
 
1605261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛海浜公園花散歩 その2

花の門からフラワーミュジアムに入り裏庭のバラ園に行ったと。
ここのバラ園は4~5年前にリニューアルして大幅に植え替えたもんやき、まあだ木が小さいとよ。
去年あたりまでは貧弱であんまりカメラも向けんやったと。
今年は去年よかだいぶん成長し、どうしこうし見らるうぐらいになったとよ。
 
1605246
 
1605247
 
1605249
 
1605253
 
1605255
 
1605256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛海浜公園花散歩 その1

19日の午前中、カメラばぶら下げて稲毛海浜公園に散歩に行ったと。
まずは毎年開花が遅れる松林のハマヒルガオば偵察に行って来たと。
場所によって咲き具合はマチマチばってが、ようやく咲き始めとったと。
陽当たりの良か部分はそろそろ見頃ばってが、日陰のとこは今からたいね。
次に向こうたとが稲毛記念館たいね。
ここには、かつては小さな漁村だった時代の様子など、稲毛の歴史やら風土ば紹介した展示があると。そして日本庭園には海星庵ていう茶室があり、サツキが咲いとったと。
フラワーミュジアムに戻って来たら、脇の入り口前には花時計が、花の門は飾りつけられたキンレンカが見頃でとても美しかったと。
 
1605243
 
1605245
 
1605242
 
1605241
 
1605240
 
1605239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成バラ園 その2

京成バラ園の特徴は、当園で開発されたバラば始め、1,600種、16,000本ば超えるバラが咲く世界でも有数のバラ園たいね。
昨年は世界39か国が参加する「世界バラ連合」で「優秀庭園賞」ば受賞したとよ。
植え方にも様々な工夫がしたあとばってが、中でも素晴らしいとがツルバラのアーチやらトンネルたいね。
ツルバラの中でもおなじみな真っ赤なカクテルは、今年5月に開催された国際バラ会議で「バラの殿堂入り」したげなとよ。
今回はアップの写真はあんまり撮らんやったとばってが、代わりにに園内に咲いとったジギタリスやらスイトピーも載せたと。
 
1605174
 
1605176
 
1605179
 
1605181
 
1605182
 
1605185
 
1605184

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成バラ園 その1

5月12日、朝一番で京成バラ園に行って来たと。
どこの公園に行っても、朝一番で行ったときは、人影が少ないうちに、まずはワイドで全体の様子ば撮ることにしとうとよ。
そしてだんだん混んで来たら、マクロレンズでアップの写真ば撮ることにしとうと。
京成バラ園ていうたら、ローズガーデンのシンボルになっとうガゼボば入れて撮るとよ。
ガゼボが入っとったら、一目で京成バラ園てわかろうが。
さて肝心のバラの花ばってが、ほぼ満開でちょうど見頃になっとったと。
 
1605129
 
1605151
 
1605152
 
1605153
 
1605154

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津バラ園 その4

その4は谷津バラ園シリーズの最後て゛、その3よかちいとアップ気味の画角で捉えたもんたいね。
満開で一つ一つの花びらがとても綺麗で最高の見頃たいね。
「娘十八番茶も出ばな」なんて言うとばってが、娘に例えたら二十歳ちょい過ぎていうとこやろうかね。
もうあと一日か二日で花びらが傷み始めて見頃が終わってしまうとよ。
まあそれにしても、見頃はあっと言う間に終わってしまうと。
今シーズンはまさに見頃の谷津バラ園ば満喫出来たと。
 
1605210
 
1605212
 
1605220
 
1605221
 
1605223
 
1605226
 
1605230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津バラ園 その3

5月15日、今シーズン2回目の谷津バラ園に行って来たと。
1回目は5月10日で、開花率70%やったとばってが、この日は100%ば超える超満開やったと。
夕方で西陽ば受けてバラの花がキラキラて輝いとうとよ。
日曜日ていうこともあって園内は来園者で賑わうとったとばってが、閉門1時間前の17時頃になって、ようやく人影が少のうなり、静かなバラ園が戻って来たと。
初夏の夕方、静かなバラ園ば独り占めしたげな贅沢な気分ば満喫したと。
 
1605187
 
1605190
 
1605192
 
1605194
 
1605200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津バラ園 その2

その2はバラの花のアップの写真たいね。
バラの花のアップは、ほんなことは光が柔らかで均等な曇り空の方が良かとばってが、バラ園に着いてから急に空が明るうなって来たと。
撮影助手でもおったら、日傘で光の調整ばしてもらえるとばってが、孤独な熟年カメラ小僧にはそげな助手もおらんと。
そこで、日陰に咲く花ば探して撮ったり、フォトショップエレメンツでちいといじくったりして、なんとか仕上げてみたと。
 
1605125
 
1605122
 
1605115
 
1605118
 
1605119
 
1605120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津バラ園 その1

10日の午後、ぐずついとった天気が回復したもんやき、谷津バラ園に行って来たと。
夕方ということもあって人影はまばらたいね。
肝心のバラは開花率70%の表示があって、もうほぼ見頃たいね。
その1はまずはワイドな画角の写真から。
1枚目は一目で谷津バラ園てわかるアングルから撮ったもんたいね。
特徴のある建物、そして天まで届くような棕櫚の木ば背景に、色とりどりのバラが咲き乱れた様は、いつもの風景でなんか落ち着くとよ。
バラのトンネルの天井の花も咲き揃い、まさに見頃たいね。
 
1605098
 
1605101
 
1605102
 
1605111
 
1605106
 
1605110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のオダマキ

去年、フラワーミュジアムの玄関前のテントで、花作りボランティアグループがオダマキの苗ば売りよったもんやき、2株買うてきてプランターに植えとったと。
ところが花が咲いてからたまがったと。
自分が想像しとった花とはまるで違うとよ。
オダマキていうたら、横から見たらラッパのげな形ばしとうとい、あれあれ?こりゃあなんだ?
そこでネットで調べてみたら、これも間違いなくオダマキやったと。
なんでもオダマキは北半球に約70種自生しとうげなたいね。
我が家のオダマキは八重咲きのオダマキで、世の中じゃあ結構出回っとうらしかと。
まだまだ知らんことがいっぱいあると。
 
1604332
 
1604334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩のゴール

8日の散歩のゴールはフラワーミュジアムたいね。
ハマヒルガオば求めて稲毛の浜からスタート、検見川の浜でUターンし、稲毛海浜公園に戻ったら、フラワーミュジアムの裏手の公園の花壇には、色とりどりのビオラが満開やったと。
ちいと時期遅れの感があるとばってが、いつ植えたっちゃろうかね?
そしてフラワーミュジアムの裏門から裏庭花壇に入ったと。
そしたら、毎年楽しみにしとう真っ赤なバラの花「カーディナル」が咲いとったと。
そしてフラワーミュジアムの館内にもバラの花が咲いとったと。
また季節ばはやどりしてから紫陽花の花も咲いとったとよ。
 
1605059
 
1605060
 
1605077
 
1605088
 
1605083
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前庭のポピー

フラワーミュジアムの前庭でポピーがとても美しいと。
この時期の前庭花壇の主役はなんて言うてもアイスランドポピーたいね。
赤白黄色に加えてピンクやら薄いベージュ色やら、とても賑やかしいとよ。
ベンチに座って眺めるお年寄り、カメラで接写する人、花ば背景に子供ば撮るママなど、まるで人気モデルのごたあと。
そして前庭に入ってすぐのとこにはシャーレーポピーが見頃になっとうと。
こっちは花だけをアップで撮ってみたと。
発売と同時にゲットしたPENTAX K1でいろいろ試し撮りしようとばってが、これは100mmマクロで撮ったもんたいね。
1605070
 
1605076
 
1605068
 
1605069
 
1605091
 
1605092
 
1605093
 
1605094

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレマチス

フラワーミュジアムの前庭にもアトリウムフラワーガーデンにもクレマチスが咲いとうと。
クレマチスはキンポウゲ科センニンソウ属の蔓性多年草の総称で、世界には約100種類の原種が自生しとうげなたいね。
この時期に咲くとが多いとばってが、春咲き、夏咲き、四季咲きもあるげなとよ。
良く「鉄仙」とか「風車」とか呼ばれる花もクレマチスの仲間たいね。
フラワーミュジアムでも、形や色が違うとが数種類咲いとうと。
 
1605063
 
1605065
 
1605072
 
1605073
 
1605078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハマヒルガオ

そろそろハマヒルガオの季節かなて思うて、8日土曜日の午前中、海岸ば散歩して来たと。
ここは日本一の人工海浜で、稲毛の浜(1,200m)、検見川の浜(1,300m)、幕張の浜(1,820m)の総延長は4,320mにもなると。
稲毛の浜の最南端には、苗ば育てるエリアがあり、ボランティアがこの人工海浜をハマヒルガオでいっぱいにしようていう活動ばしよんしゃあとよ。
いまんとこは海岸線にポツンポツンて咲いとうとばってが、これが4kmいっぱいに広がったら壮観やろうね。
ただ、風雨にさらされ、波に削られ海岸線の維持管理はおおごとげなたいね。
沖合から砂をとって来て削られた海岸線に補充したり、浸食防止の土留め工事ばやったりで予算が追いつかんごたあと。
 
1605052
 
1605056
 
1605057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂原牡丹園 その4

この時期の牡丹園じゃあいろんな季節の花が見らるうと。
中でも毎年楽しみにしとうとがハナミズキたいね。
そばってが期待ば裏切られ、殆ど散ってしもうとったと。
ほんなこと今年はどの花も開花が早いと。
見頃やったとは、ハンカチノキ、オオデマリ、芍薬、卯の花、ツツジやらたいね。
 
1605024
 
1605016
 
1605018_2
 
1605046
 
1605028
 
1605029
 
1605004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂原牡丹園 その3

その3は牡丹の花のアップたいね。
牡丹の花一輪のアップは、撮ってはみたもののなかなか満足の行く作品が出来んやったと。
ハイキーでソフトな仕上げをしてみたり、背景ば黒うしてみたりしたとばってが、なんかいまいち満足出来る作品にならんと。
なんかもう一工夫足らんとやろうね。
 
1605021
 
1605032
 
1605041
 
1605045
 
1605043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂原牡丹園 その2

前庭の牡丹ば撮り終えて裏庭へ移動、ちょっと盛りば過げたげな感じばってが、そこそこ状態は良かったと。
ここでも日除けの傘がいっぱい立ててあってから、牡丹園の雰囲気ば演出しとうと。
傘があったら、どうしても縦長構図で傘も目一杯入れて絵作りばしとうなるとばってが、これは不正解たいね。
目一杯傘ばいれたら、どうしても牡丹の花が小そうなってしまうもんやき、迫力に欠ける写真になってしまうと。
傘の一部分ば入れたり、全く排除したりして、飽くまでも牡丹の花ば主役にせんといかんと。
また、傘の柄が掛かってしまう構図でも、気にせず横長構図でアップ気味に撮った方が良か場合もあると。
1605026
 
1605031
 
1605040b
 
1605038
 
1605039
 
1605035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂原牡丹園 その1

5月1日に茂原牡丹園に行って来たと。
牡丹の花も他の花と同じで、今年は早めに見頃ば迎えたげなたいね。
この日は既に早咲きの見頃は終わってしもうて、遅咲きの黄色い花が目立ったと。
朝一番で行ったもんやき、前庭の花壇に人影は少なく、広角レンズで撮っても人が入らんでとても良かったと。
茅葺屋根やら白い傘も引き立て役になって、とても良か雰囲気たいね。
 
1605006
 
1605003
 
1605007
 
1605009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命の森リゾートの躑躅

例年は連休の頃がちょうど見頃になるとばってが、今年はいろんな花が早めに見頃になりようもんやき、気になっとったと。
やっと時間が出来た5月1日に行ったら、やっぱあ見頃は過げとったと。
もともとここの躑躅は早咲きと遅咲きが混ざっとうもんやき、タイミングが難しいったいね。
旧スイス大使館ば移築した和風レストラン「瑞西亭」の前は、まあだ見頃の花もあったとばってが、プール奥の躑躅はもう散ってしもうとったと。
ただ、プールの水は予想しとったよか綺麗で、水面に躑躅がそこそこ綺麗に映り込んどったと。
一時は、経営難からかプールの水が濁ったり、水ば抜きっぱなしやったりしとったとばってが、経営が変わったからか、つつじ祭り期間中も入場料はとらんごとなっとったと。
1605048b
 
1605047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまごの森のチューリップ

この時期のひたち海浜公園は、ネモフィラとチューリップが同時に楽しめるとばってが、3月30日にはチューリップは見頃が終わってから見る影もなかったと。
今回掲載するチューリップは3月26日に行ったときのチューリップたいね。
この日はネモフィラは薄雲りと黄砂のせいでNGやったとばってが、たまごの森のチューリップは見頃やったと。おまけに17時の閉園間際やったもんやき、人影があんまりないとよ。
ただ、松林から光があんまり差し込んどらんもんやき、ちょっと平坦な写真になってしもうたと。
昭和記念公園と並んで関東地区のチューリップの名所の双璧で、270品種26万本ものチューリップが松林の下に色とりどり咲き揃うた景色はまさに圧巻たいね。
本数では140品種23万本の昭和記念公園ば上回っとうと。どっちも国営公園だけあって素晴らしいとよ。
そばってが、総合評価では昭和記念公園の方が断然良かと。変化に乏しいたまごの森に比べて、水ば配して変化にとんだ渓流広場の魅力は何とも言えんと。
 
1604360
 
1604356
 
1604355
 
1604352
 
1604363

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みはらしの丘 その2

ほんなことは人があんまり入っとらんとこば撮りたかったとばってが、こげえいっぱい人がおったらどげえしようもないと。
ここはむしろ人も被写体として考えて絵作りするしか無いとよ。
あとは人の流れのジグザグ模様やら、丘の重なり具合やら、画面左上のグリーンの配置やら、雲の配置やらば考えて撮ったと。
更には、ポピーやら菜の花やら大きな木やらも入れたりしてみたと。
子供やら赤い服を着た人やら、日傘ばさした人やらも意識したとばってが、うまいこと画角に飛び込んで来んやったし、遠景で目立たんもんやきあきらめたと。
ここにはもう10年以上も通うとうとばってが、人も被写体として意識して撮ったとは初めてやっと。
 
1604405
 
1604406
 
1604403
 
1604401
 
1604386

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みはらしの丘 その1

26日午後から、ひたち海浜公園のネモフィラば撮りに行ったとばってが、晴れとうとい空が青うないと。
薄い雲がかかって、おまけに黄砂が飛んで来とうごたあと。
そこで早朝開園が始まった30日にリベンジに行って来たと。
早朝7時半前に着いたとばってが、なんと予想外の混みようたいね。
駐車場に入るとい長蛇の列が出来とうとよ。
みはらしの丘に着いたら、人、人、人であっと言う間に丘の頂上まで人でつながってしもうたと。
こげえ混んだみはらしの丘ば見たとは久し振りたいね。
さて肝心の青空ばってが、ちいと雲も出てから、2007年以来の絶好のコンディションたいね。
ネモフィラは盛りばちいと過げとうとばってが、そげえ贅沢は言えんと。
まずはお気に入りの撮影スポットに陣取り、広角レンズで丘ば見上げるごとして撮ったと。
その後、丘ば1周したとばってが、ネモフィラの中にポピーが咲いとったり、菜の花畑があったりして、とても良かったと。
ただ、あまりの人の多さでどこもかしこも列が出来てから、ソフトクリームば食べるともあきらめざるを得んやったと。
 
1604378
 
1604411
 
1604408
 
1604407
 
1604373
 
1604383

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所のスズラン

この前は昭和記念公園でドイツスズランば撮って来たとばってが、我が家の近所の団地にもスズランが咲くと。
団地のフェンス沿いに咲くもんやき、歩道から撮らるうと。
同じフェンス沿いに釣鐘水仙が咲き、つづいてスズランが咲くとよ。
気が付かんで通り過げて行く人が殆どばってが、毎年楽しみにしとう花たいね。
 
1604369
 
1604371
 
1604370

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »