« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

昭和記念公園 その他の花たち

チューリップば撮りに行ったとばってが、この時期はほかにもいろいろ咲いとうもんやき、とても全部は撮りきれんと。
こげえいっぺんに咲かんで、ちいと分散してもろうたら、じっくり長いこと楽しめるといね。
まずはアイスランドポピーたいね。
渓流広場の隣の西花畑に咲き揃うとうとばってが、チューリップの人気に負けてしもうとうごたあと。
そしてネモフィラたいね。BBQガーデン入り口付近に植えたあと。
ここのネモフィラはリナリアやらカリフォルニアポピーと一緒に植えたあもんやき、なんかごちゃごちゃした印象ば受けると。やっぱあネモフィラはひたち海浜公園のごと、薄いブルーだけの方がすっきりして良かと。
園内のあちこちにハナミズキも咲いとうと。この時期には欠かせん花たいね。
 
1604268
 
1604270
 
1604266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園のドイツスズラン

立川口から入って橋ば渡り、突き当り左手前の野草のこみちにドイツスズランが咲いとうと。
スズランていうたら、北海道は赤平の群生地ば思い出すとばってが、群生せんでも近寄ってから良う見たら、とても可愛らしゅうて魅力的な花たいね。
ドイツスズランはヨーロッパ原産で、日本に自生するスズランよか大振りで、香水の原料にもなるげなたいね。
フランスじゃあ5月1日にこの花の花束ば贈ったら、相手に幸福が訪れるていう「スズランの日」があるげなとよ。
 
1604271
 
1604272
 
1604275
 
1604276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園のカナール

立川口からまっすぐ伸びるカナールは、秋の銀杏並木が綺麗なとこたいね。
今はその銀杏並木は新緑がとても美しいと。
噴水のぐるりは躑躅が見頃になっとうと。
そして銀杏並木に沿ってある藤棚の藤も咲き始めとったと。
 
1604279
 
1604282
 
1604284
 
1604286
 
1604287
 
1604288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園のチューリップ  その3

傷んだ花びらが多いもんやき、アップの写真はあんまり撮らんやったと。
ソフトな仕上げやらムスカリば主役にしたりしたとばってが、いずれもいまいちたいね。
やっぱあ花は八分咲きぐらいのときが一番良かと。
 
1604291
 
1604292
 
1604301
 
1604315
 
1604322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園のチューリップ  その2

渓流広場の魅力は渓流だけやないと。
チューリップば包み込むごと配置された木立もとても良かとよ。
ちょうど新緑の時期で、樹々も生き生きとしてから、とても目に優しいと。
世界最大のフラワーパーク、オランダのキューケンホフ公園とは比べものにはならんとばってが、どことなく雰囲気が似たとこがあると。
 
1604296
 
1604299
 
1604304
 
1604305
 
1604310

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園のチューリップ  その1

4月23日の土曜日、なかなかタイミングが合わんやった昭和記念公園に行って来たと。
もう時期遅れで、今シーズンのラストチャンスと思うて、行って来たとよ。
そしたらやっぱあちいと遅かったと。
散ってしもうた区画やら散り始めとう区画やらが多いし、花びらの縁が傷んだ花が多いもんやきアップの写真は殆ど撮らんやったと。
それでも遠目にはとても美しいし、渓流の水面に映り込んでから、とても良か雰囲気たいね。
渓流広場でチューリップば撮るときは、空ば入れるアングルは殆ど無いし、晴れよか曇りの方が良かと。
この日は曇り空で、柔らかな光が均等に当たってから良かコンディションやったと。
チューリップて言うたら、ひたち海浜公園も素晴らしいとばってが、昭和記念公園の方が水がある分良かと。
 
1604297
 
1604312
 
1604317
 
1604319
 
1604325
 
1604327
 
1604328

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村の芝桜 その3

東京ドイツ村の芝桜その3は、水仙の丘の斜面とボート池の土手に咲く芝桜たいね。
最近は水仙の生育状況がいまいちやもんやき、今年は水仙撮りはパスしたと。
芝桜の方は綺麗に咲き揃うてから、とても美しいと。
ボート池は、ほんなことは土手の桜が散ってしまう前が一番良かとばってが、天候やらのタイミンクがうまいこと合わんやったもんやき、散ってしもうとったと。
そばってが池に青空と雲と桜の木と芝桜が映り込んで、そこそこ絵になったとよ。
 
1604255
 
1604261
 
1604262
 
1604265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村の芝桜 その2

芝桜の丘の下から一通り撮ってから丘の上に上ったと。
この頃から貸し切りバスも次々にき始めたと。
そしてチーバ君のぬいぐるみも登場し、来場者に愛想ば振り撒いとったとよ。
丘の上は眺めは良かとばってが、芝桜ば撮るにはアングルが良う無いと。
イルミネーションのときは、丘の上から全体が見渡せるもんやき、撮影のベストポジションになるとよ。
丘から降りて車で移動、丘の反対側から狙うたと。
こっち側からは、距離があるもんやき芝桜の丘全体が画角に入り、ドイツ村の広さやら開放感ば感じると。
 
1604254
 
1604259
 
1604260
 
1604258

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村の芝桜 その1

一昨日の朝一番、東京ドイツ村に芝桜ば撮りに行って来たと。
人が写らん風景ば撮ろうて思うて、早う出掛けたとよ。
そしたら開園の30分前に到着、当然一番たいね。ゲート前に待つこと15分、15分早めに開門したと。
客が誰もいない園内ば走るとは気分が良かと。
撮影スポットに着いてすぐに撮り始めたとばってが、芝桜が見頃の丘の斜面にはもちろん人影は無し。
空も真っ青に晴れ渡り、絶好の撮影日和たいね。
人が来る前にて思うて撮りまくったとばってが、5分もしたら客が来始めたとよ。
人が入りゃあ入って丘の広さが強調されて良かと。
肝心の芝桜の生育状況はて言うたら、今年はまずまずの出来具合たいね。
まあだ満開前の花もあるとばってが、ほぼ咲き揃うてとても美しかと。
10時過げた頃から、貸し切りバスが次々に入って来てから、だいぶん賑やかしゅうなって来たと。
 
1604234
 
1604235
 
1604238
 
1604239
 
1604245
 
1604252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田の春 その3

芝桜エリアの入り口にネモフィラが植えたあと。
毎年行きようひたち海浜公園と比べちゃあ可哀想ばってが、今年は行けそうに無いもんやき、ここで我慢するしかないと。
その脇にはライラックが数本あると。
ライラックば見たら5年間過ごした札幌ば思い出すと。
通勤経路の大通公園やら北大植物園に薄紫の花が咲き揃い、爽やかな札幌の初夏ば彩るとよ。
新緑もそろそろ美しゅうなって来たと。隣接する乳牛育成牧場へ通じる散策路は新緑で覆われてから、なかなか良か雰囲気たいね。
 
1604197
 
1604198
 
1604202
 
1604193
 
1604231
 
1604233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田の春 その2

ここの芝桜のエリアはフラットな畑になっとって、地形に変化が無いもんやき、作品も単調になりがちたいね。
そこで、ぐるりの木立やら、白、ピンク、赤、薄紫の芝桜が重なっとうとこやら、タンポポの花ば入れたりして撮ってみたと。
 
1604214
 
1604218
 
1604230
 
1604220
 
1604222
 
1604223
 
1604226
 
1604229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田の春 その1

千葉市若葉区の富田都市農業交流センターに芝桜ば撮りに行って来たと。
ここは年々有名になって来ようもんやき、花見客が多うなってきたと。
そこで画角に人が入らん早朝の時間帯ば狙うて行って来たとよ。
ところが現地に7時前に着いたとばってが、既にカメラマンの姿が1名、もう撮り終えて帰るとこやったと。多分、夜明け直後に来とんしゃあとやなかろうかね。
さて、肝心の芝桜ばってが、今年はそこそこ生育状況が順調で、とても美しかったと。
まあだこれからていうエリアもあるとばってが、全体としちゃあちょうど見頃たいね。
毎年のごと行きようとばってが、今年が一番うつくしいかも。
1604206
 
1604208
 
1604210
 
1604216
 
1604217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空木(うつぎ)の花

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンで空木の花が綺麗だ。
空木の花は別名「卯の花」ても呼ばれ、子供の頃に歌った「夏は来ぬ」という歌の歌い出しに出て来るお馴染みの花たいね。
旧暦の4月のことを「卯月」て言うとは、新暦の5~6月つまり初夏に咲く花「卯の花」から来とうとよ。
アトリウムフラワーガーデンで咲く花は、元々自然界よかちいと早めに咲かせた花ば展示しとうとばってが、それにしても地球温暖化のせいか、あっと言う間に春が通り過げて夏が来てしまうと。
初夏に咲くバラの花も早くも展示したあと。
 
1604133
 
1604135
 
1604138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前庭のチューリップその2

花のアップの表現ばってが、柔らかいイメージの作品にしたいとい、どげえしても自分流の硬さから抜けきれんと。
そこでフラワーミュジアムのチューリップばモチーフにして、チャレンジしてみたと。
ハイキーにして、更に明瞭度ば落としたりコントラストば落としたり、いろいろやってみたとよ。
ちいたあましな作品になったとばってが、まだまだ研究の余地があると。
 
1604124
 
1604127
 
1604128
 
1604129
 
1604130
 
1604132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけぼの山のチューリップ

昨日未明、柏のあけぼの山農業公園にチューリップば撮りに行ったと。
狙いはチューリップ畑と風車の向こうから昇る朝陽たいね。
現地に着いたら5時前ていうとい、既に5名のカメラマンが来とうと。
三脚ばセットし、その瞬間ば待ち構えとったとばってが、ちょうど太陽のとこだけ雲がかかってから空振りたいね。
ダイヤモンド富士といい、日の出と日没の太陽は空振りが多いと。
チューリップの状態は満開ちょい過ぎやったとばってが、遠目にはとても美しいと。
そばってが近付いて良う見たら、花びらの先端がけっこう傷んどうとよ。
昨日来の雨に打たれたせいやろうね。
そげな訳でアップの写真は撮らんで帰って来たと。
 
1604167
 
1604172
 
1604191
 
1604176
 
1604178
 
1604180
 
1604184
 
1604186

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣鐘水仙

毎年この時期になると近所の団地のフェンス沿いに可愛らしい花ば咲かす釣鐘水仙。
ゆり科ツルボ属の多年草で、原産地はイベリア半島、スパニッシュブルーベルやらシラーヒスパニカていう別名があると。
雨上がりやったもんやき、水滴がキラリと光ってから、瑞々しいと。
すぐ脇には、これまた毎年楽しみにしとうスズランが咲き始めとうと。
 
1604117
 
1604119
 
1604120
 
1604122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前庭のチューリップその1

あちこちでチューリップが見頃になりようとばってが、残念ながら近所のフラワーミュジアムのチューリップはちいと淋しいと。
フラワーミュジアムは大震災後にあちこちリニューアルしてから、全体的には前よか良うなったとばってが、チューリップ畑ばやめたとだけは残念たいね。
以前は前庭の一角にチューリップば群植しよったもんやき、とても美しかったとばってが、リニューアル後は芝生になって、そん中にパラパラと植えただけになってしもうたと。
チューリップは金がかかるっちゃろうかね。東京ドイツ村でもチューリップ畑が年々縮小されようと。
このごろは遠出がなかなか出来んもんやき、今年は昭和記念公園やらひたち海浜公園の素晴らしいチューリップに逢いに行くのは無理かもしれんと。
 
1604100
 
1604101
 
1604105
 
1604107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春本番の前庭花壇

フラワーミュジアムの前庭花壇は、赤白黄色に水色、ピンクやらの一年生草花が咲き揃うてとても賑やかしいと。
フェンスの外に目ばやったら、ハナモモのピンクやら花が散ってしもうた河津桜の新緑がまぶしいと。
 
1604108
 
1604109
 
1604110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネモフィラの季節

ネモフィラていうたら国営ひたち海浜公園たいね。
みはらしの丘ば青一色に染め、青空に溶け込む姿はまさに絶景たいね。
近所のフラワーミュジアムにも、前庭やら脇庭の花壇から屋上庭園に至るまで、あちこちに咲いとうと。
北アメリカ原産で十数種類もあるげなばってが、日本で良う見掛けるとは圧倒的にブルーが多いと。最近は白やら黒に近い濃紫も見掛けると。
さて毎年のごとひたち海浜公園にネモフィラに逢いに行きようとばってが、今年はどげえしようかな。
去年から病院通いが忙しゅうなったもんやき、火木土日しか遠出は出来んと。その曜日にうまいこと晴れてくれれば行こうて思うとうと。
末尾の写真は2007年に撮った写真ばってが、その後、これ以上の撮影日和に恵まれたことが無いと。
 
1604111
 
1604112
 
1604113
 
0704381b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のチューリップ

孫と一緒にフラワーミュジアムに行ったときに、孫がゲームの景品でもろうたチューリップの球根ば鉢植えに植えとったら、綺麗な花ば咲かしたと。
成長具合ば観察しとったら、ベランダの陽当たりの良かとこに置いとったもんやき、蕾が出て来たと思うたら、あれよあれよて言う間に開いたと。
それにしてもチューリップはよっぽど太陽が好きみたいで、長い首だけや無うて、葉っぱまで太陽の方角にお辞儀ばするとよ。
毎日のごと鉢植えの向きば変えたり、風が強い日は部屋に取り込んだりして可愛がっとったら、長いこと楽しめたと。
 
1603392
 
1603393
 
1603394

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元の桜並木

我が街にも毎年楽しみにしとう桜並木があると。
稲毛海岸駅から歩いて10分、東京歯科大学と道路ば隔てた袖ヶ浦第三緑地たいね。
秋は銀杏並木が、そして春は桜並木がとても美しいとよ。
ここの写真ば撮るときは、お花見の場所取りでブルーシートが敷かれる前に行かんといかんと。
去年はこの時期に濃霧が発生したもんやき、とても雰囲気のある写真が撮れたと。
一番後ろに貼り付けたとが、その去年の写真たいね。
今年は晴れた日と花散らしの雨が降った翌朝に行ったと。
雨の日の翌朝は水溜りが出来てから、それに桜並木が映り込む光景ば期待しとったとばってが、雨の量が少なかったもんやき、水溜りは出来とらんやったと。
それでも今年も桜並木ば独り占めして、満開の桜並木ば堪能したと。
 
1604066
 
1604089
 
1604094
 
1604096
 
1604098
 
1504004
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉公園の桜とモノレール

お花見広場でムスカリと桜ば撮ってからボート池へ移動したと。
桜の時期にボート池には行ったことが無かったとばってが、行ってみてたまがったと。
今までは千葉公園の桜なんてたいしたことなかろうて思うとったもんやき、予想以上の美しさにたまがったとよ。
蓮華亭から見たら、池の対岸に枝垂桜が満開で、静かな水面に映り込んどうと。
枝垂桜ば撮りよったら、枝垂桜の上空にモノレールが通りかかったと。
ちいと逆光気味ばってが、これは絵になるて思うてモノレールが来るとば待っとったと。
そしたら足元のハス池にモノレールが映り込むとに気づいたとよ。
そこで欲張って逆さモノレールまで入れてワイドで撮ることにしたとよ。
朝9時過ぎの時間帯は10分おきに走りようとばってが、上下線が交互に来るもんやき、だいたい5分おきぐらいでモノレールが来ると。
車体のペイントが何種類もあるもんやき、しばらく粘っていろいろ撮ってみたとよ。
薄い色合いよか青やら緑の濃いペイントの方が周りの景色とマッチすると。
 
1604049
 
1604050
 
1604054
 
1604059
 
1604060
 
1604077
 
1604061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉公園の桜とムスカリ

千葉公園の体育館の横にお花見広場があると。
そしてその脇に散策路ば隔ててムスカリが植えてあると。
桜の木は老木と若い木が混ざっとうとばってが、なかなか美しいと。
3日と6日の早朝に行って来たとばってが、ブルーシートば広げて場所取りする若者の姿もあり、お花見の人気スポットのごたあとよ。
ムスカリは好きな花の一つで、アップで撮ってもワイドで撮っても絵になると。
特に群生するムスカリばワイドで撮ったら、青い絨毯のごと見えると。
これからチューリップの季節になるとばってが、ひたち海浜公園のたまごの森じゃあ、赤、ピンク、白、黄色やらのチューリップの寄せ植えの中に、流れる川のごとムスカリば植えてから、それはそれはまるでおとぎの国に迷い込んだげな錯覚すら覚えると。
1604041
 
1604069
 
1604071
 
1604073
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉自然公園の桜

4月1日の朝一番、泉自然公園の桜ば撮りに行って来たと。
ここは千葉市内で一番人気のお花見スポットで、見頃と週末が重なったりしたら、臨時駐車場まで満杯になるし、付近の道は大渋滞になってしまうと。
幸いこの日は平日やし、まあだ見頃前の朝一やき人影はまばらやったと。
枝にも隙間があり、満開には程遠い木が多く、ちいと淋しい感じたいね。
満開の時期に来たいとばってが、ちょっと予定が立たんもんやき、今年はあきらめたいね。
駐車場近くに足元に花びらの絨毯ば敷き詰めた椿の木があったと。
 
1604003
 
1604007
 
1604017
 
1604020
 
1604018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉城の夜桜

千葉市立郷土博物館、通称「千葉城」がライトアップされとうもんやき撮りに行って来たと。
千葉城がある亥鼻公園じゃあ染井吉野が見頃になっとうもんやき、夜桜の下で花見客が盛り上がっとったと。
ここの夜桜は初めて見たとばってが、屋台もいっぱい出てからお祭り気分で大賑わいたいね。
狙いはもちろん、夜空に白く浮かぶ千葉城と桜のコラボレーションたいね。
撮るには撮れたとばってが、桜の木の本数がいまいちやし、桜の木の下にブルーシートば敷いて盛り上がる花見客やら、立ち並ぶ屋台が邪魔になったりで、ベストポジションからの撮影が出来んとよ。
それにしてもSONY-RX1Rの威力には改めてたまがったと。
手持ち撮影で夜景がいとも簡単に撮れてしまうと。
1604023
 
1604026
 
1604037
 
1604036
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の桜 その2

六義園の大混雑ば早々に引き揚げて千鳥ヶ淵に移動したと。
例年のことばってが花見客がどっと押し寄せて来て、地下鉄の九段下駅から混み合うとうと。
桜は隅田川と違うてちょうど見頃たいね。
土手の斜面には菜の花と諸葛菜も咲いてから、なかなか美しいとよ。
この諸葛菜ばってが、三国志の諸葛孔明が兵士の食料にするために、あちこちの出陣先で種ば蒔いたことからこげな名前がついとうげなたいね。
花の形が菜の花に似て、葉っぱの形が大根に似とうもんやき、紫花菜とか花大根ていう別名もあると。
千鳥ヶ淵緑道に入って間もなく、桜が左右のお濠の土手ば埋め尽くすごと咲き揃い、遙か彼方に東京タワーば望む絶景スポットに行ったと。
去年はここで夜桜ば撮ったとばってが、やっぱあ昼間よか夜の方がうんと雰囲気があって良かと。
千鳥ヶ淵緑道は混雑回避のために左側通行になっとうとばってが、ルール無視の外国人観光客ば掻き分けるごとして前進たいね。
やがてボート乗場の展望台に到着。乗場には乗船待ちの長蛇の列があったと。なんでもお濠の波が高いもんやき、ボートの貸し出しば見合わせ中やったと。
千鳥ヶ淵緑道ば1周して竹橋から帰路についたとばってが、途中にもモクレンやら濃いピンクの桜も咲いとって、春ば満喫出来たと。
 
1603437
 
1603438
 
1603439
 
1603440
 
1603443
 
1603445
 
1603444

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京の桜 その1

3月31日、写真仲間と一緒に、日の出桟橋から浅草へのお花見クルーズに行って来たと。
初めての船上からの桜撮影やったとばってが、期待外れやったと。
隅田公園の桜はまあだ5分咲きぐらいで、絵にならんやったと。
陸上から隅田公園の桜ば撮影し、昼食後に解散、それぞれ自分の行きたいとこに行くことになったと。
そこでまずは小石川後楽園の枝垂桜ば見に行ったと。
ここには枝垂桜が何本かあるとばってが、既に花が散ってしもうた木やら、まあだこれからの木もあったと。そん中で一番見頃の枝垂桜ば撮ったとばってが、いまいちたいね。
そこで大混雑ば覚悟で六義園の枝垂桜ば撮りに行ったと。
ここは2007年に夜桜ば撮りに行って以来、9年振りやったと。
今回は平日の昼間やったとばってが、相変わらずの大混雑で、枝垂桜のぐるりは身動きもよう出来んと。
この枝垂桜はやっぱあ夜のライトアップの方が良かと。
 
1603427
 
1603428
 
1603452
 
1603453
 
1603432

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉自然公園のカタクリ

3月29日の昼前、泉自然公園にカタクリば撮りに行って来たと。
ほぼピークて思われるとばってが、なんか生育状況がいまいちたいね。
群生密度が低いもんやき、写真も一輪のアップが多うなってしまうと。
それでもこの時期、カタクリば一目見ようて来園者が年々増えようげな気がすると。
またこの時期は、地元のボランティアがカタクリ観察会ば開いて、来園者にカタクリについて説明ばしよんしゃあと。
 
1603373
 
1603375
 
1603376
 
1603377
 
1603380
 
1603384

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その7

城山かたくりの里の最終回は、ヒメコブシ、ハクモクレンにツバキたいね。
ヒメコブシはシデコブシの別名で、東海地方の山間部のごく限られた地域に自生しとうと。
環境省のレッドデータブックにもリストアップされとう絶滅危惧植物げなたいね。
ここのヒメコブシはもちろん栽培種ばってが、あんまりあちこちでは見掛けん花たいね。
ツバキの花はどこでも見らるうとばってが、ここのツバキは管理が良かせいか、木の勢いも花も活き活きしてからとても元気が良かと。
 
1603256
 
1603255
 
1603259
 
1603254
 
1603250

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その6

園内には日向ミズキの黄色がまぶしいと。
花が小さいもんやき、遠くから見るとただ黄色の塊にしか見えんと。
ところでその名の由来が良うわからん花らしい。
ミズキと言いながらミズキ科じゃあ無うてマンサク科、日向と言いながら宮崎県地方には自生しとらんげなたいね。
土佐ミズキ、肥後ミズキ、霧島ミズキなど、自生しとう地域の名前ば冠した仲間がいっぱいあると。
1603222
 
1603249
 
1603238
1603248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »