« 前庭のギンヨウアカシア | トップページ | アトリウムの西洋スイセン »

千葉市動物公園 ペンギン

ペンギンていうたら南極の皇帝ペンギンば連想するとばってが、ペンギンにもいろんな種類がおると。
生息域も南米やアフリカ南部の海岸から赤道直下のガラパゴスにまで広がっとうと。
千葉動物公園のペンギンはケープペンギンで、国内の動物園では最も多い種類のペンギンたいね。名前の通り、アフリカ南部の海岸が生息域たいね。
分類上はフンボルトペンギンの仲間ということになっとうとばってが、学者によっちゃあ同じ種類て言う学者もおると。
そのしぐさがとても愛らしくて、子供たちにとても人気があるペンギンばってが、この日はあんまり動かんやったと。
 
1603070
 
1603071

|

« 前庭のギンヨウアカシア | トップページ | アトリウムの西洋スイセン »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538767/63337687

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市動物公園 ペンギン:

« 前庭のギンヨウアカシア | トップページ | アトリウムの西洋スイセン »