« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

城山かたくりの里 その5

黄色い花がブドウの房のごと垂れ下がったキブシも満開やったと。
そして早くもアカヤシオも咲いとったと。
カタクリがまあだ目が覚めとらん朝の早い時間帯ばってが、園内にはいろんな花が咲き乱れとうと。カタクリの開花までの待ち時間も十分楽しめるとよ。
 
1603242
 
1603236
 
1603234
 
1603225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その4

園内のあちこちでミツマタの花がとても美しいと。
今までもあちこちで見たことがあるとばってが、こげえ美しいて感じたことは無かったと。
特に鮮やかな紅花ミツマタがとても存在感があると。
それにしてもミツマタとは良う言うたもんで、枝が3つに分かれとうと。
ジンチョウゲ科ミツマタ属げなばってが、ちょっと見た感じじゃあジンチョウゲの仲間には見えんと。
そばってがジンチチョウゲも枝が3つに分かれとうき納得したと。
 
1603230
 
1603232
 
1603226
 
1603227
 
1603229
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その3

城山かたくりの里の魅力は、カタクリに加えていろんな花がいっぺんに鑑賞出来るとこたいね。
中でも散策路沿いにあちこちで見られる雪割草がとても良かと。
来園者の中には、カタクリよか雪割草が目当ての人もおんしゃあごたあとよ。
また雪割草の脇には菊咲きイチゲやらセツブンソウも咲いとうと。
 
1603267
 
1603268
 
1603265
 
R1603273
 
1603274
 
1603261
 
1603262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その2

カタクリの中には、白花やら黄花もあると。
白花はちらほら見掛けられたとばってが、黄花はまあだ咲いとらんやったと。いつも黄花カタクリは咲くとが遅いと。
カタクリのぐるりには、黄花セツブンソウやら雪割草もいっぱい咲いとってから、とても可愛らしかと。
 
1603191
 
1603221
 
1603213
 
1603218
 
1603199
 
1603211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里 その1

22日に相模原市の城山かたくりの里に行って来たと。
最近は山手トンネルが出来た効果か、首都高が前ほど混まんごとなったと。
加えて、圏央道が開通したお蔭で現地には開園前の8時過げに着いたと。
ここは30万株のかたくりの群生地として有名なとこばってが、それに加えてこの時期は雪割草、黄花セツブンソウ、菊咲きイチゲ、日向みずき、キブシ、モクレン、ヒメコブシ、ミツマタ、紅ヤシオツツジ、ショウジョウバカマ、大岩ウチワやらが咲き乱れ、花好きにはたまらんとこたいね。
6分咲きていうカタクリは、まあだ目が覚めとらんもんやき、園内のほかの花ば撮ってから、最後にカタクリば撮ったと。
確かに6分咲きで、以前満開の時期に来た時よか開いた花の数が少なかったと。
逆光でカタクリば捉えるお気に入りの撮影スポットにも、なかなか良か姿のカタクリが見当たらんと。
それでも、いろんな花に包まれて、春ば満喫出来た一日やったと。
 
1603203
 
1603197
 
1603201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄福寺の枝垂桜 その3

昨日は朝から青空が広がったもんやき、3日連続の栄福寺の枝垂桜詣でたいね。
現地に着いたとが8時過げやったとばってが、先客が5名おったと。
全員がカメラマンやき、お互いに他人の画角に入らんごと気遣いが出来ると。
お蔭でとても気持ちよう撮影が出来たと。
やっぱあ桜には青空が似合うと。
青空ば背景にして枝垂桜の老木の足元からてっぺんまで広角レンズにすっぽり収まると。
かなりのベテランと思しき女流カメラマンの撮影姿も撮らせてもろうたと。
 
1603334
 
1603336
 
1603343
 
1603344
 
1603347

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄福寺の枝垂桜 その2

昨日は朝から霧雨が降ったり止んだりやったとばってが、午後3時過げから急に晴れて来たと。
そこで今シーズン2度目の栄福寺の枝垂桜ば撮りに行ったと。
16時過げとったもんやき、先客は女性カメラマン一人しかおらんやったと。
肝心の枝垂桜ばってが、陽がだいぶん傾いとうもんやき、下の方は日蔭になってしもうとったと。
逆光で太陽ば入れて撮ったり、夕日ば受けて輝く枝垂桜ばアップで撮ったりして来たと。
 
1603307
 
1603312
 
1603313
 
1603331
 
1603317
 
1603324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄福寺の枝垂桜その1

去年は3月23日に7分咲きやったとばってが、今年の東京の開花は去年よか2日早かったもんやき、昨日23日に栄福寺に行ってみたと。
そしたら8分咲きぐらいで、ちょうど見頃やったと。
9時半ば過げとったもんやき、次から次に花見客が来てから、なかなかうまいこと撮れんとよ。枝垂桜全体ば撮るには、花見客が来る前の朝一番に行くしかなかろうごたあと。
そこで境内の妙見堂ば背景に入れて切り取ってみたと。
妙見堂のガラス戸に枝垂桜が映り、薄暗いお堂の中がうっすら白うなっとったと。
枝垂桜の下には、座り込んでスケッチばしよんしゃあ人がおんしゃったと。いつまでたっても動きんしゃれんもんやき、枝垂桜と一緒に撮ったと。
 
1603288
 
1603289
 
1603292
 
1603296
 
1603301
 
1603302
 
1603305
 
1603304

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーフォルビア・ウルフェニー

フラワーミュジアムの後庭にユーフォルビア・ウルフェニーていう珍しい花があると。
銀色の葉と花ば包んだ薄緑色の苞がとても美しいと。
欧米じゃあ人気があり、庭の写真集には必ずて言うて良かごと載っとうげなとよ。
銀色の花て言うたらギンヨウアカシアたいね。
裏庭のギンヨウアカシアは日が当たらんもんやき、葉っぱの銀色が際立って見えると。
 
1603176
 
1603174
 
1603175
 
1603177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前庭の花たち

いよいよ春たいね。
昨日は東京で染井吉野の開花宣言があったと。
フラワーミュジアムの前庭も、いろんな花が咲いてから賑やかしゅうなって来たと。
桜の花も、河津桜、大島桜、緋寒桜が同時に見らるうと。
草むらにはムスカリも顔ば出しとうと。
 
1603145
 
1603161
 
1603152
 
1603158

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユキヤナギ

フラワーミュジアムの前庭で、春ば感じる花の一つ、ユキヤナギが咲き始めたと。
遠くから見たら、細い枝にまるで雪が積もったごと見えると。
近くから見たら5枚の花びらがくっきり見えて、雪や無うてちゃんとした花ていうとがわかると。
ユキヤナギの傍にはスイセンやらムスカリやらヒカンザクラも咲いてから、だんだんと春の雰囲気が高まって来たと。
 
1603138
 
1603139
 
1603141
 
1603144

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベニバナスモモ

フラワーミュジアムの前庭では、河津桜が散り始めたと思うたら、今度はベニバナスモモが満開になったと。
一つ一つの花の5枚の花びらがしっかり開いて、シャープな印象の花たいね。
河津桜とはまた違うた魅力があると。
 
1603154
 
1603155
 
1603156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑 サンシュユ、ボケ

中の池の周辺には、あちこちにサンシュユが咲いとうと。
サンシュユは好きな花の一つばってが、花だけ撮ってもあんまり面白い被写体やないと。
例えば背景に赤い梅ば入れたり、なんか別の被写体とコラボして、黄金色に輝く花ば引き立てるごとして撮ったら良かと。
一目で新宿御苑てわかるごとドコモタワーば背景に入れてみたと。
上の池の畔にはボケも咲いとったと。
 
1603131
 
1603135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑 椿

日本庭園の上の池の畔に椿が咲いとうと。
ちいと盛りば過げてから、足元には花びらが散り始め、なかなか風情があると。
 
1603137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑 ハクモクレン

新宿門ば入ってすぐのとこに、大きなハクモクレンが満開になっとうと。
入ってすぐのとこにあるもんやき、ほとんどの来園者が立ち止まって写真ば撮りよんしゃったと。
日本庭園に行ったら更に大きなハクモクレンの木が満開になっとったと。
あまりにも大きな木やもんやき、下から仰ぎ見ても花の形が良うわからんぐらい高いとよ。
青空の下、真っ白な花が輝いてから、とても存在感があると。
それにしてもうまいタイミングで見頃になってから、ハクモクレンも自分の存在感ばアピール出来るとよ。もう1週間もしたら、園内は桜に占領されて、ハクモクレンは見向きもされんごとなってしまうと。
 
1603107
 
1603110
 
1603109
 
1603112
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑 カンザクラ

昨日午後から東京で用事があったもんやき、早めに家ば出て新宿御苑に寄ってみたと。
もう盛りが過げとったとばってが、カンザクラがとても美しかったと。
中でも日本庭園のカンザクラの足元には、ピンクの絨毯ば敷いたごと花びらが散り積もっとったと。
また上空にはドコモタワーが青空に向こうて聳え立ち、カンザクラと重ねて撮ってみたと。
日本庭園の他にも、中の池のレストハウス前やら桜園地にもカンザクラが咲いとったと。
桜園地の桜は、大半が染井吉野やら八重桜やもんやき、まあだ蕾すら見えんとよ。そん中に1本だけカンザクラが満開になっとうもんやき、なんか変な感じたいね。
 
1603120
 
1603114
 
1603118
 
1603124
 
1603126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピコティダブル

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンにクリスマスローズが咲いとうと。
いろんな種類のクリススマスローズが咲いとうとばってが、一際目ば引く花があったと。
八重咲きで花びらの外周が濃い紫色で縁取られとうと。
ネットで調べたら、ピコティダブルていう種類やったと。
ピコティていう言葉は初めて聞く言葉ばってが、花びらの外周が赤や紫色で縁取られている状態ば言うげなたいね。
このピコティの幅が、絹糸のごと細いもんからタコ糸のごと太いもんまで色々あるとよ。
 
1603106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリウムの西洋スイセン

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンで西洋スイセンが美しいと。
西洋スイセンていうたら、国営ひたち海浜公園のスイセンファンタジーが19日から始まると。
一昨年は22日に行ったとばってが、メイン会場のスイセンの育成状況がイマイチやったと。
今年も天気ば見ながら、行ってみようかて思うとうと。
西洋スイセンて言うたら、もう一か所お気に入りのとこがあると。
地元の名所、東京ドイツ村たいね。
ここは毎年行きようとばってが、なんか年々生育状況が悪うなりようと。
7~8年前は、スイセンの丘一面に白い西洋スイセンが絨毯ば敷き詰めたごと広がって、それはそれは見事な光景やったと。
最近は、ところどころ禿げたとこがあってから、ほったらかしになっとうもんやきちいと残念たいね。
今年はどげなふうやろうかね。
 
1603102
 
1603103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市動物公園 ペンギン

ペンギンていうたら南極の皇帝ペンギンば連想するとばってが、ペンギンにもいろんな種類がおると。
生息域も南米やアフリカ南部の海岸から赤道直下のガラパゴスにまで広がっとうと。
千葉動物公園のペンギンはケープペンギンで、国内の動物園では最も多い種類のペンギンたいね。名前の通り、アフリカ南部の海岸が生息域たいね。
分類上はフンボルトペンギンの仲間ということになっとうとばってが、学者によっちゃあ同じ種類て言う学者もおると。
そのしぐさがとても愛らしくて、子供たちにとても人気があるペンギンばってが、この日はあんまり動かんやったと。
 
1603070
 
1603071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前庭のギンヨウアカシア

フラワーミュジアムの前庭でギンヨウアカシアが満開になっとうと。
葉っぱが銀色ばしとうもんやき、こげな名前が付いとうとばってが、別名のミモザの方が一般的な呼び名になってしもうとうごたあと。
それにしても去年はこの場所にミモザが咲いたていう記憶が無いと。
大震災の被害もあったもんやき、ここ数年あちこちリニューアルしとうとよ。
この場所は以前は春にはチューリップ花壇に、夏にはラベンダー花壇になりよったとばってが、すっかり様子が変わってしもうたと。
ここのチューリップ花壇はお気に入りやったとばってが、ちいと残念たいね。
 
1603093
 
1603094
 
1603095
  
1603098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前庭の河津桜

フラワーミュジアムの前庭で河津桜が満開になっとうと。
中には散り始めた木もあるとばってが、明るい春の雰囲気ば演出すると共に、染井吉野が見頃になるまでの貴重な中継ぎ役たいね。
前庭花壇のストックや菜の花と共に、来場者の気持ちばウキウキさせよんしゃあとよ。
 
1603099
 
1603087
 
1603089

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市動物公園 ダチョウ

ダチョウはかつてはアフリカ全域とアラビア半島に生息しとったとばってが、乱獲で今ではアフリカ南部と中部にしか生息しとらんげなよ。
鳥類ばってが空ば飛ぶことは出来んと。
その代りに足はとても速いとよ。
なんでも時速50kmは出せるらしい。
アメリカでは騎手ば乗せて走るダチョウレースがあるらしく、1907年にオハイオ州で開催されたレースで、半マイル(約800メートル)ば1分8秒で走ったていう記録が残っとうげなたいね。これはなんと時速42kmば超えるスピードになると。
 
1603054
 
1603052
 
1603055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧の朝

昨日の朝、5時半過ぎ、テレビで濃霧注意報が発令されとうて言いようと。
早速カーテンば開けたら、いつもなら見えるはずの街の灯りも信号機の灯りもなあも見えんとよ。
チャンス到来とばかりに、カメラ片手に飛び出したと。
ここ千葉市美浜区袖ヶ浦第三緑地は、秋は銀杏並木が、そして春には桜並木がとても綺麗な公園たいね。
毎年、桜が咲いたら花見客で埋め尽くされる地元のお花見の名所になっとうと。
去年の4月6日の早朝も濃霧やったと。
霧が周囲の街並みば覆い隠してしもうて、桜並木と銀杏並木だけが霧の中に浮かび上がってから、幻想的な光景ば演出しとったと。
今年もあと3週間もしたら桜並木が満開になると。その頃、再び濃霧の朝が来ることば期待せんではおられんと。
 
1603084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市動物公園 フラミンゴ

長い首と長い足、そして何故か一本足で立つとがうまいと。
ラテン語で炎ば意味するflammaがその名の由来らしく、鮮やかな紅色ばしとうとよ。
ただ孵化したときは白色ばってが、餌に含まれる色素ば吸収してから、だんだんとこげな色になって来るげなたいね。
また一本足の訳は、羽毛が生えとらん足から体温ば奪われんごと、片方の足ば腹の下に畳み込んどうとよ。
寝るときも一本足で寝ると。
 
1603056
 
1603058
 
1603057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市動物公園 モンキーゾーン

モンキーゾーンには、ニホンザル、チンパンジー、オランウータンやら全部で16種類のサルの仲間がおると。
そばってが、殆どが檻の中におるもんやき、うまいいこと写真が撮られんと。
ニホンザルだけはサル山に放し飼いしてあるもんやき、撮ってみたと。
サルの世界は、高崎山のげな大群になると、ボスの座ば巡る権力闘争があったり、群れと群れの争いがあったりするていうことばってが、ここのサル山は小規模なもんやき、見とる限りはお互いに毛づくろいやらして、のんびりと平和に暮らしとうごたあと。
檻の中のサルで色鮮やかなマンドリルば撮ったとばってが、檻の格子が邪魔になってからうまいこと撮られんと。
それにしても、とても色鮮やかなサルたいね。アフリカの赤道付近の熱帯雨林に生息しとうげなたいね。
 
1603059
 
1603060
 
1603061
 
1603062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市動物公園 コンゴウインコ

千葉市動物公園には3種類のコンゴウインコがおると。
瑠璃色しとうとがルリコンゴウインコたいね。
そのほかにもベニコンゴウインコとヒワコンゴウインコがおると。
コンゴウインコは南アメリカ大陸のパナマ南部、ブラジル、ボリビア、パラグアイ、トリニダートドトバコに至る熱帯雨林に生息しとうと。
いかにも南方産らしく鮮やかな色ばしとうとよ。
コンゴウインコの寿命は60年ぐらいもあるげなばってが、一生涯同じパートナーと暮らすて言われとうと。
3ツガイが同じとこで飼うたあとばってが、他のツガイには見向きもせんで、ずっとパートナーと寄り添ってじゃれあう姿がとても可愛いと。
 
1603073
 
1603074
 
1603080
 
1603078
 
1603082
 
1603081
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市動物公園 ニシゴリラ

なんか花が咲いとらんやろうかて思うて、久し振りに千葉市動物公園に行って来たと。
そばってが、小さい河津桜が1本咲いとうだけで、見るべきもんはなあも無かったと。
そこで、動物ば撮ってまわったと。
まずはゴリラたいね。
ここのゴリラはニシゴリラで、カメルーン、ガボン、コンゴ共和国等のアフリカ西部に生息し、樹上生活ばしとうげなばってが、動物園じゃあ地上生活でちいと気の毒たいね。
ヒガシゴリラはルワンダ、ウガンダ、コンゴ民主共和国の国境地域の山地やらアフリカ中央部に生息しとうげなたいね。
世界中の動物園におるとは、ニシゴリラが多いげなとよ。
それにしても、なかなか味のある顔ばしとうね。
 
1603063
 
1603066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤモンド富士 市原海釣り公園

今年のダイヤモンド富士は、千葉市ベイエリアじゃあ天候に恵まれず見られんやったと。
昨日は朝から雲一つ無い快晴やったもんやき、市原海釣り公園まで行って来たと。
今月の1、2、3日は、ダイヤモンド富士撮影のために、16時30分から海釣り公園の2階デッキ部入り口が無料開放されたと。
先着順に整理券が配られ、20番の整理券ばもろうたとばってが、自由に入れる3階屋上展望室に良か場所ば確保出来たもんやき、屋上から狙うことにしたと。
さて、肝心の富士山ばってが、雲はなあも無いとばってが、靄がかかってからその姿は見えんと。
ダイヤモンドの瞬間ば待っとう間、羽田空港から離陸した飛行機が太陽に向かって飛んで来たもんやき、撮ったと。
そして17時26分、いよいよその瞬間が来たと。山頂に太陽がかかって富士山のシルエットが現れたと。
そばってが、靄のせいで裾野の稜線はいまいち不鮮明たいね。
なんとか撮れるには撮れたとばってが、満足には程遠かったと。
次は天気に恵まれたら12日に袖ヶ浦海浜公園に行こうて思うとうと。
 
1603035
 
1603040
 
1603045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシュユ

青葉の森公園の原っぱ梅林は、お気に入りのサンシュユの撮影スポットたいね。
狙いは、サンシュユの背景に紅梅のピンクのカーテンば配置する構図たい。
そばってが、今年は紅梅の開花が早く、サンシュユの開花がそれに追いつかんやったもんやき、ピンクのカーテンは散ってしもうとったと。
今まででバッチリタイミングが合うたとは2012年で、なんと3月23日にサンシュユが満開になり、紅梅もまあだ赤々と色が残っとったと。
今年はそれに比べて、梅の開花がおおかた1カ月近く早かったことになると。
やっぱあ暖冬の影響やろうかね。
 
1603001
 
1603004
 
1603008
 
1603012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉の森公園の河津桜

昨日、ぶらっと青葉の森公園に行って来たと。
梅の見頃が過げて、次の主役のサンシュユと河津桜が見頃になっとったと。
河津桜の木の下には、幼稚園児やら犬ば連れて散歩する熟年夫婦やら、いろんな人の姿が見らるうと。
広場では、園児たちが走り回ったり、ジョギングする若者もおったと。
良か天気やし、いよいよ春が来たていう感じがすると。
 
1603014
 
1603016
 
1603020
 
1603019
 
1603022
 
1603030
 
1603033
 
1603034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着陸態勢

坂田城跡梅林のある横芝光町は成田空港のすぐ南に位置し、上空は成田空港の航路になっとうもんやき、ひっきりなしに飛行機が飛んで来ると。
この日は風の関係で南から侵入して来る飛行機が、車輪ば降ろして着陸態勢に入っとう様子が良う見えると。
国際空港やき、飛んで来る飛行機も、日本、アメリカ、スイス、香港やらいろいろたいね。
 
1602266
 
1602267
 
1602268
 
1602269

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »