« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

新宿御苑の大温室 その3

大温室の池に熱帯睡蓮が咲いとったと。
睡蓮ていうたらまず頭に浮かぶとが、かの印象派ば代表するフランスの画家クロード・モネたいね。
モネは生涯で200点以上もの睡蓮ば描いたて言われとうと。
昨年、東京都美術館で開催されたモネ展でも、沢山の睡蓮の絵が展示されてから、なんか本物の迫力に圧倒されたと。
そのモネの睡蓮も、普段国内のあちこちの池で見らるう睡蓮も、温帯睡蓮たいね。
花の色も、ほとんどが赤、白、黄色しか見られんと。
一方、大温室の睡蓮は熱帯睡蓮で、鮮やかな青色ばしとうと。
この鮮やかな青色が熱帯睡蓮の特徴で、温帯睡蓮では決して見ることが無い色たいね。

 
1601217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑の大温室 その2

温室ていうたらやっぱあランの花たいね。
どこの温室に行っても、さっちが見掛けるとよ。
さながら「温室の女王」ていうとこやろうかね。
ランの種類は、地球上にはなんと25,000種類以上もあるて言われとうと。
ここの大温室のランは種類はそげえ多うないとばってが、管理が行き届いとると見えて、とても元気が良かと。
それにしてもやっぱあランの花は華やかやねえ。
南国の雰囲気ば醸し出して、温室には欠かせない存在たいね。

 
1601205
 
1601209
 
1601208
 
1601212
 
1601213
 
1601214
 
1601216           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑の大温室 その1

大温室に入ってすぐのとこで、アンスリウムのお出迎えば受けたて思うたら、目の前が真っ白になってしもうたと。
外気温と比べて室内の温度が高く、しかも湿度も高いもんやき、一瞬にして眼鏡のレンズが曇ってしもうたとよ。
眼鏡の曇りば吹き、カメラば撮りだしてファインダーば覗いたら、これまた曇ってからなあも見えんと。
さてそのアンスリウムばってが、地元のフラワーミュジアムの温室のと比べたら、ここのアンスリウムはお化けかて思うごとでっかいと。
アンスリウムは横から見たら、真っ赤な顔に長い鼻、まるで天狗のごたあとよ。
赤く色付く途中の花は、周りが緑色で中心部が赤いと。
これはこれでなかなか美しいとよ。

 
1601226
 
1601228b
 
1601230
 
1601229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑の冬 その4

新宿門のすぐ近くにソシンロウバイの木が数本あると。
今年はロウバイの開花も例年よか早いげな気がするとばってが、ここのロウバイは青葉の森公園とくらべたらちいと遅うて、今がちょうど見頃たいね。
花の少ないこの時期に、新宿門ば入って間もなくのとこにあるもんやき、否が応でも入園者の目に付くと。
デジイチのカメラマンは勿論、コンデジやケータイの入園者も、ちょっと立ち止まってシャッターば押して行きんしゃあと。

 
1601248
 
1601249
 
1601251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑の冬 その3

ペーパーホワイトば左右に見ながら、新宿門の方に歩きよったら、紅梅の大木が1本あると。
まあだようやく咲き始めたとこで、小さな枝の先っぽに、ぽつぽつと蕾がほころび始めとうとよ。
寒桜がほぼ満開になっとうとい、梅の花がようやく咲き始めなんて、なんか変な感じがするとよ。

 
1601246
 
1601247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑の冬 その2

寒桜が咲いとうサービスセンター前から新宿門の間には、いろんな花が咲いとうと。
まずは真っ白なスイセンたいね。
ペーパーホワイトていう種類のスイセンで、この頃はあちこちで見らるうごとなって来たと。
ニホンスイセンとほぼ同じタイミングで咲くとばってが、香りはあんまり強うないと。
雪が降ったせいか、倒れとうとが多かったとばってが、綺麗な花ば探して撮ったと。

 
1601240
 
1601242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑の冬 その1

23日の土曜日、午後から新宿で用事があったもんやき、ちいと早めに出かけて新宿御苑に寄って来たと。
厳冬の中、来園者の姿はチラホラで、園内のあちこちに先日降った雪がまあだ残っとうと。
そげな中、なんか季節外れのげな感じがするとばってが、寒桜が咲いとったと。
しかも咲き方が半端やないと。枝いっぱいに花ば付けて、花と花が重なり合うごと咲いとうとよ。

 
1601231
 
1601232
 
1601235
 
1601239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉の森公園のロウバイ

ちいと盛りは過げとうごたあとばってが、ロウバイが咲いとったと。
木の傍には、ロウウバイ、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイて書いた名札が立っとうと。
遠くから見たら、小さい黄色の花がいっぱい咲いてから、三種類のロウバイの区別がつかんとばってが、近くで見たら違いが判ると。
ソシンロウバイとマンゲツロウバイは花の中心部まで全部薄い黄色ばってが、ロウバイは花の中心部が茶色になっとうと。
アップで撮るにはロウバイたいね。

 
1601190
 
1601191
 
1601194
 
1601193
 
1601192

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉の森公園の梅 その2

紅梅に比べたらちいと開花が遅いごたあとばってが、ちらほらと咲き始めとったと。
ていうても、まあだ殆どが蕾やき、なかなか絵にならんとよ。
天気予報じゃあ、来週半ばぐらいから急激に気温が上がるて言いようき、一挙に開花が進むかもしれんね。

 
1601177
 
1601178
 
1601176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉の森公園の梅 その1

昨日、午後から青葉の森公園に行ってみたと。
情報通り、梅はまあだやっと咲き始めていうとこやったと。
それでも梅園には、カメラマンやらお花見散歩の姿がチラホラ。
みんな梅が咲くとが待ち遠しいごたあね。

 
1601181
 
1601185
 
1601183
 
1601179
 
1601180
 
1601188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の富士山 2016.1.21

今年は暖冬で、このまま春が来るっちゃなかろうか、なんて声も聞かれたとばってが、ところがどっこい、数日前から急に寒うなったと。
今日1月21日は大寒で、一年で一番寒い日ていうことばってが、ほんなこと今朝は超寒いと。
あちこちで大雪に見舞われとうとばってが、房総半島は今日も朝から快晴で雲一つ無いと。
空気も澄んで、今朝も富士山がくっきり見えるとよ。
昨日から、そろそろ青葉の森公園の梅林に撮影に行こうかな、なんて考えとったとばってが、ちいと寒すぎるもんやき、まあだ炬燵から出られんと。
昼前にちょっと用事があるもんやき、それが済んでから行ってみようかなんて思うとうと。
昼になりゃあ、もうちいと温うなろうきね。

 
1601174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の富士山 2016.1.19

先日の大雪で富士山が真っ白に化粧したと。
手前に連なる丹沢山系の山々もうっすらと雪化粧たいね。
風が強いもんやき、東京湾には白波が立っとうと。
上空には、強風に流される海鳥が一羽飛んどったと。

 
1601173

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅の便り

昨日は千葉は雨やったとばってが、東京は大雪やったと。
雪が降ったら上野東照宮ぼたん園に行こうて思うとったとばってが、ぼたん園は9時半にならんと開かんし、午後から病院やき断念したと。
結果的には行かんで良かったと。ニュースば見よったら交通機関が大混乱しておおごとやったごたあね。
さてスイセンも終わったし、次は梅たいね。
このところ、あちこちから梅の便りが届くごとなってきたと。
先日、稲毛海浜公園ばうろついとったら、紅梅の大木が満開やったと。
地元の梅の名所、青葉の森公園も咲き始めたごたあき、今日あたり覗いてみようかて思うとうと。

 
1601166
 
1601165    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユリオプスデージー

稲毛海岸の海浜大通り中央分離帯でユリオプスデージーが輝いとうと。
この花は南アフリカ原産のキク科の花で、晩秋から春まで長い間咲き続けると。
耐寒性もそこそこあり、丈夫で長持ちタイプの花たいね。
中央分離帯で車の排ガスば吸い込んでもへっちゃらのごたあと。
街中の歩道の街路樹の脇に咲いとう姿も良う見かけると。

 
1601170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラインベルトアーリーセンセーション

船橋アンデルセン公園で咲いとった早咲きのラツパズイセン、アーリーセンセーションがフラワーミュジアムにも咲いとうと。
花の門ば入ってすぐのとこに、フェンスに沿って一列に並んで咲いとうと。
みんな入り口の方向ば向いて咲いとうもんやき、まるでラッパば吹いて来園客ば出迎えとうごと見えるとよ。

 
1601169
 
1601167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園のストックとスイセン

アイスチューリップ狙いで行ったとばってが、園内にはストックやらスイセンも咲いとったと。
最近はストックも種類が多うなったとばってが、ここで植えられとったとは、背丈が低い種類たいね。
八重咲きでベイビーアプリコットていう名札がかかっとったと。
池のぐるりには黄色いスイセンが咲いとったと。
ラインベルトアーリーセンセーションていう名前で、ラッパ水仙の中では最も早咲きの品種たいね。
今シーズンはもう撮り飽きたとばってが、ニホンスイセンもいっぱい咲いとったと。

 
1601145
 
1601152
 
1601151
 
1601154
 1601147

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園のロウバイ

早くもあちこちでロウバイが見頃になっとうていう話ば聞くとばってが、船橋アンデルセン公園にも咲いとったと。
ロウバイの花は、被写体としての魅力はあんまり感じられんもんやき、アップで撮ってもいまいちたいね。
いままでもあちこちで撮ったとばってが、あんまり良か写真は撮れんやったと。
しいて挙げれば、上野東照宮ぼたん園で撮った、雪ばかぶったロウバイぐらいたいね。
そこで今回はメルヘンの丘に立つ風車ば背景にして撮ってみたと。
風車て言うたら千葉には風車が多いとよ。
柏のあけぼの山農業公園やら佐倉のふるさと広場は、だだっ広いお花畑に立っとうもんやき存在感が際立つと。これらの公園で写真ば撮るときは、主役のチューリップやらコスモスの背景に配置するには絶好のモチーフになるとよ。

 
1601160
 
1601159
 
1601161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園のアイスチューリップ

10日の日曜日、船橋アンデルセン公園に行って来たと。
狙いはアイスチューリップたいね。
それにしてもたまがったと。昨年マスコミに取り上げられたとは言え、この混みようは尋常やないと。
駐車場に入るとい大渋滞になっとうとよ。三連休の中日、冬にしては暖かでお出かけ日和とは言え、臨時駐車場まで満車になるなんて、予想もしとらんやったと。
さて肝心のチューリップばってが、この時期、毎年登場するとよ。
去年は、大きな鉢植えで展示されとったとばってが、今年は露地植えたいね。
昔の童謡に出て来るチューリップは、赤白黄色ばってが、この頃はピンクもありゃあ紫もあってから、とても賑やかしいと。

 
1601136
 
1601137
 
1601138
 
1601142
 
1601144

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムの新年 その2

前庭は菜の花で春近しって雰囲気ばってが、アトリウムフラワーガーデンは春本番たいね。
花壇の主役は、シクラメンから早くもチューリップになっとうとよ。
チューリップていうたら、元々は4月上旬に咲くとばってが、ここのチューリップはアイスチューリップたいね。
これは、球根ば植え付けた後、凍らせて成長を止めた状態で保管し、咲かせたい時期に冷蔵庫から出して徐々に外気温に慣らせながら成長させるやり方げな。
そう言やあ実家のイチゴ畑のビニールハウスに、冷房ば入れて苗ば育てよったとと同じ理屈たいね。
気温が自然に与える影響の大きさば改めて感じると。このまま地球温暖化がどんどん進んだらどげえなるとやろうかね。想像したら空恐ろしいと。

光の庭には真っ白なスイセンが咲いとうと。ペーパーホワイトていう品種たいね。
前庭の土手には真っ黄色のスイセンも咲いとうと。
 
1601072
 
1601068
 
1601134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムの新年 その1

フラワーミュジアムの花の門ば入ったらすぐの花壇は、黄色、柿色、茶色、紫色、薄紫色のビオラがお出迎え。
そして前庭は、寒咲きハナナていう早咲きの菜の花が満開たいね。
菜の花の傍には、ギョリュウバイの大木が赤紫の花ばいっぱいに付けて、自分こそが主役と言わんばかりに咲き誇っとうと。
その他にも、ハボタンやらストックやらもいっぱい咲いてから、これでチョウチョでも飛んどったら、まるっきり春たいね。

1601122
 
1601124
 
1601126
 
1601127
 
1601078
 
1601081
 
1601132          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛西臨海公園のスイセン その4

その4はその3までとは全然違う雰囲気の写真たいね。
1枚目の写真は大観覧車に太陽がかかって、ダイヤモンドリングばイメージして撮ったと。
広角レンズで、うんとローアングルで撮ったとばってが、ダイヤモンドから放たれる光線ばシャープにするためにうんと絞り、更にマイナス補正ば目一杯かけたと。
2枚目の写真はほんわかとしたムードば出そうと思うて、ハイキーで仕上げたもんたいね。
フィルムの時代は、こげなことは出来んやったとばってが、デジタルになってからは、ハイキーからローキーまで、撮った後にパソコンで自由自在たいね。たまには変わった雰囲気の作品作りばして遊びようとよ。

 
1601094
 
1601096
 
1601083
 
1601085

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛西臨海公園のスイセン その3

その3はアップの写真たいね。
いろいろ撮ったとばってが、要はどげえしたら主役ば引き立てることが出来るかていうこったいね。
逆光で背景ば黒っぽくしてからスイセンの白ばクローズアップしたり、背景に入れるボケたスイセンの白い部分の面積ばあんまり広うならんごと気をつけたり、前ボケを入れてみたり、いろいろ考えて撮ったとよ。
パソコンで整理しながら振り返るとばってが、前ボケがきつすげたり、背景のスイセンの白ボケに主役のスイセンの花が重なったり、丸ボケがうまいこと入らんやったり、なかなかイメージ通りの仕上がりにならんと。
スイセンのアップは、花の白と黄色、背景の黒、それに葉っぱと茎の緑色の4色で絵作りばせんといかんもんやき、構図が勝負たいね。まだまだ研究の余地があると。

 
1601115
 
1601100
 
1601112
 
1601118
 
1601095
 
1601104
 
1601107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛西臨海公園のニホンスイセン その2

その2は、縦位置のスイセンたいね。
背景に丸ボケば入れたり、少し前ボケも入れたりして撮ったと。
その1よかちいとアップ気味の構図ばってが、これぐらいのアップになったら、横よか縦位置の方が似合うと。
縦位置にしたら、すっと首ば伸ばしたスマートなスイセンの姿が表現出来るったいね。

 
1601093
 
1601113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛西臨海公園のニホンスイセン その1

ネットで調べたら、葛西臨海公園のニホンスイセンが見頃になっとうとがわかったもんやき、昨日、早速行って来たと。
それにしても便利な世の中になったもんやね。ネットで調べたら花の開花状況がかなり正確にわかるごとなって来たと。
葛西臨海公園については、東京都公園協会のホームページがあるとばってが、これには最近の開花状況についての情報は載っとらんと。
そばってが、ツイッターで「葛西臨海公園園長の採れたて情報」ていうサイトがあってから、1月4日現在の開花状況が写真入りで紹介してあるとよ。

さて、その肝心の開花状況ばってが、ツイッターの情報の通り、確かに見頃には違いないとばってが、生育不良箇所があちこちにあるもんやき、全体としてはいまいちたいね。
以前はとても綺麗に咲き揃うとったとばってが、ここ数年はあんまり出来が良うないとよ。
写真の話ばってが、先日の佐久間ダムの反省ば踏まえて、いろいろ撮ってみたと。
特に背景に気を配って撮ったとよ。背景もスイセンで真っ白になってしまうげな構図は避けたり、林の木漏れ日ば撮り込んで丸ボケば入れたりしたと。
佐久間ダムよかちいたあましな作品に仕上がったとよ。自己満足にすぎんとばってがね。
 
1601088
 
1601120
 
1601091

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐久間ダムのニホンスイセン その3

ここんとこ新聞やらテレビで、あちこちでニホンスイセンが開花したていう便りが聞かれると。
所によっちゃあ例年よか1ヶ月も早い開花なんて報道もあると。
例年は南房総地区よか開花が遅い東京の葛西臨海公園のスイセンも、今年は早う咲くやろうき見逃さんごとせんにゃあならんと。
さて、その3は順光で撮った写真たいね。
どの写真もいまいちインパクトに欠けとうと。
毎年変わり映えのせん写真しか撮れんもんやき、写真ば整理しながら考え込んでしもうたと。
一つ思い浮かんだとが、群生地の写真やき、主役もスイセン、脇役も背景もみんなスイセンやき、なんか焦点がボケてしもうとうとやなかろうかていうことたいね。
スイセンのアップは数本に絞り、背景にはスイセンば入れんごとして撮った方が良かかもしれんね。

 
1601037
 
1601038
 
1601052
 
1601030
 
1601040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐久間ダムのニホンスイセン その2

アップの花の写真は逆光で撮った方が良かケースが多いとばってが、特にスイセンのアップは逆光がお似合いたいね。
逆光で撮ったら、黒い背景に白いスイセンの花が浮かび上がってから、とても美しいとよ。
佐久間ダムのぐるりのスイセンの群生地は、山の斜面にあるもんやき、逆光で撮るには好都合のロケーションたいね。

 1601047
 
1601054
 
1601056
 
1601057
 
1601058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐久間ダムのニホンスイセン その1

千葉県の鋸南町から南房総市にかけての一帯は、我が国でも有数のニホンスイセンの名所たいね。
今年は例年よか開花がうんと早いもんやき、手遅れにならんごと早う行かんといけんて思うとったと。
今日も朝からポカポカ陽気で、明日からちいと寒うなるごと言いようもんやき、お昼前に急に思い立って佐久間ダムに行って来たとよ。
そしたらやっぱあネツトの情報通り、ちょうど見頃やったと。
中にはちらほら枯れた花も見掛けられたと。場所によっちゃあ見頃前のとこもあるかもしれんとばってが、佐久間ダム周辺はもう既にピークたいね。

その1は、まずはワイドの写真から。
1601014
 
1601019
 
1601022
 
1601026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のデンマークカクタス

去年の11月に買うてきたデンマークカクタスがまた咲いたと。
この花は最近デンマークで改良された新品種で、ダークマリーていう名前たいね。
買うてから半月ほどで花がしぼんでしもうたもんやき、2節ほど切り取って時々水遣りばしよったら、また新芽が出て来て花が咲いたと。
植え替えやら管理の仕方ば勉強して、来年も咲かせたいて思うとうと。

 
1601012

| | コメント (1) | トラックバック (0)

我が家のシクラメン

我が家のシクラメンが元気いっぱいだ。
今まで一度もうまくいったことが無かったシクラメンの夏越し。
夏越しは、葉っぱが枯れて休眠に入るかどうかで、やり方が違うげなたいね。
昨年夏、葉っぱが枯れてしまわんやったもんやき、半日蔭のベランダに置いて、時々水遣りばしよったら、冬になってから元気ば取り戻したと。
時々肥料も与えとったら、こげな立派な花ば付けたとよ。
9月に植え替えて、来年もまた花ば咲かせるように大事に育てようて思うとうと。

 
1601011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松風通りのニホンスイセン

我が街、稲毛海岸駅前の海浜松風通りで、早くもニホンスイセンが見頃ば迎えたと。
この暖冬で例年よかうんと早う咲いたとよ。
この分じゃあ南房総のニホンスイセンの名所も、早う行かんと終わってしまうかもしれんね。

 
1601002
 
1601004
 
1601007

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日の富士山 2016.1.2

年末からずっと晴天が続いとうもんやき、今朝も富士山が良う見えると。
特にお正月期間中は空気が澄んどうもんやき格別に美しいとよ。
羽田空港から北の空へ飛び立つ飛行機も良う見えると。

1601001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もmakoのファインダーをよろしくお願いします。
 
28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »