« あけぼの山農業公園のシュウメイギク | トップページ | フラワーミュジアムのコスモス その3 »

高嶺ルビー

印西市にある北総花の丘公園で高嶺ルビーが見頃になっとうと。
5~6年前から鑑賞用として、園内の散策路に沿って、ボランティアの手で植えられ始めたげなたいね。
原産地は名前の通り、4,000メートル級の山々が連なるヒマラヤたいね。
この頃はあちこちで見掛けるごとなった高嶺ルビーば初めて見たとは、2002年10月で、山口県の田布施町ていう片田舎やったと。
地方紙で紹介されたもんやき、当時住んどった徳山から、電車に乗って見に行ったとば思い出すと。

蕎麦の花ていうたらほとんどが白いとばってが、高嶺ルビーの花は赤いと。
この赤はアントシアニンていうポリフェノールの色げなたいね。
信州大学では、このポリフェノールば更にいっぱい含んだ品種ば開発し、「高嶺ルビー2011」ていう名前ば付けたとよ。ポリフェノールがいっぱい含まれとうもんやき、原種よか更に深い赤色ばしとうげなたいね。
 
1510047
 
1510049
 
1510052
 
1510053
 
1510055
 
1510058

|

« あけぼの山農業公園のシュウメイギク | トップページ | フラワーミュジアムのコスモス その3 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538767/62425294

この記事へのトラックバック一覧です: 高嶺ルビー:

« あけぼの山農業公園のシュウメイギク | トップページ | フラワーミュジアムのコスモス その3 »