« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

シュウメイギク その2

フラワーミュジアムのシュウメイギクは、10日ほど前にはまあだ咲き始めやったもんやき、そろそろ見頃になっとらんかて思うて行って来たと。
行ってみたら、まあだ見頃にはちいと早かったとばってが、ピンクのシュウメイギクもだいぶん咲いて来てから美しかったと。
まあだ蕾がいっぱいあったき、もうしばらく楽しめそうな感じたいね。
シュウメイギクのそばには、パンパスグラスも穂ば伸ばしてから、まさに秋の風景たいね。

1509270
 
1509273
 
1509275
 
1509278

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパームーン

一昨日は中秋の名月、そして昨夜はスーパームーンていうことで、ブログにはたくさんの人がお月様ばアップしとんしゃあと。
一昨日はお月様のアップしか撮らんやったとばってが、昨夜は街の灯りも入れて撮ってみたと。
撮るには撮ったとばってが、お月様の方が街の灯りよか圧倒的に明るいもんやき、なかなかうまいこと撮れんと。
街の灯りば鮮明に出そうとしたらお月様が白とびしてしまうとよ。
また、羽田空港に着陸態勢に入った飛行機と一緒に撮ろうて思うてチャレンジしたとばってが、お月様と飛行機が期待したほど接近せんし、飛行機の灯りも暗いもんやき、良か写真は撮れんやったと。
最後にアップも撮ったとばってが、前日のお月様と同じげな写真になったと。

1509267
 
1509268

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋の名月

昨日から降り続いた雨が午後には上がり、夕方から晴れて来たと。
天気予報じゃあ曇り空て言いよったもんやき、期待はしとらんやったとばってが、暗うなってから東の空にまん丸いお月さんが顔ば出したと。

ベランダに三脚ばセットして撮ったとばってが、月が思うたより明るいもんやき、絞り優先で撮ってみたら、月が真っ白けになってしもうたと。
そこでマニュアルに切り替え、いろいろ試してみたと。
結果的には、ISO100、絞り11、シャッタースピード1/20で撮ったとが一番綺麗に写ったと。
今晩はスーパームーンばってが、天気予報通りやったら、大きな満月が見らるう確率が高いと。
1509263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フウリンブッソウゲ

日を追うごとに秋の深まりば感じるごとなってきたとばってが、フラワーミュジアムの温室の中は、まあだ夏真っ盛りたいね。
ハイビスカスの仲間で東アフリカ原産のフウリンブッソウゲていう花が咲いとうと。
漢字表記は「風鈴仏桑花」て書くと。花の形が風に揺れる風鈴のごと見えるもんやき、こげな名前がついたとよ。
一般的なハイビスカスは一日花ばってが、フウリンブッソウゲは何日も咲き続けると。

 
1509238

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーリング

フラワーミュジアムの前庭のコスモスは、まあだようやく咲き始めたとこやき、絵にはならんとばってが、館内の光の庭に、綺麗なハッピーリングが咲いとうと。
花にも流行りがあると見えて、ハッピーリングは最近はあちこちで見掛けるごとなったと。
コスモスの中でも比較的早めに見頃になるとも人気の理由かもしれんね。
昭和記念公園原っぱ東花畑では、今がちょうど見頃になっとうごたあと。

光の庭の壁にはペチュニアの鉢が掛けられとうと。ローアングルで空ば入れて撮ってみたとよ。
アトリウムフラワーガーデンにはいろんな色の菊が咲いてから、秋ば演出しとうと。
 
1509229
 
1509227
 
1509233  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アゲハチョウ その2

フラワーミュジアムのローズガーデンへと続くボーダーガーデンで、ネコノヒゲの花から花へとアゲハチョウが舞いよったと。
ここは慌てず、落ち着いて連写モードに切り替えて、速射砲ばアゲハチョウに浴びせたと。
帰宅後パソコンに取り込んで、50~60枚連写した中から、一番良う撮れとったとがこの写真たいね。
ボーダーガーデンには白のシュウメイギクがあったとばってが、まあだ咲き始めたいね。
1週間後ぐらいには見頃になろうごたあき、その頃また撮りに行こうて思うとうと。
またフラワーミュジアムの花の門ば入ってすぐのとこに、センニンソウが咲いとったと。
キンポウゲ科センニンソウ属の花は、世界中に300種類もあるげなたいね。
良う見かけるとが風車に似たクレマチスたいね。
派手で大きな花ば付けるクレマチスは殆どが原産地は外国産げなたいね。
対して日本産のクレマチスはセンニンソウて呼ばれて、小さい花ば付けるとよ。
見た目は全然違う花のごたあとばってが、どっちも分類上は同じキンポウゲ科センニンソウ属になるとよ。
ちなみにクレマチスのことをテッセンて呼んだりすることがあるとばってが、厳密に言うたらテッセンは中国産の原種で、花の構造がクレマチスとは違うし、寒さにも強いもんやき冬でも花ば咲かせるげなたいね。

 
1509245
 
1509241
 
1509247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コスモスはまだか?

今年は彼岸花の開花が早かったもんやき、お彼岸になるだいぶん前から、あちこちで彼岸花ばいっぱい撮ったと。
もう彼岸花は、やや食傷気味になってきたもんやき、コスモスの開花が待ち遠しゅうなってきたと。
そげなわけで、富田都市農業交流センターにコスモスの様子ば見に行って来たと。
そしたらやっぱあなんぼなんでもちいと早かったとよ。
道端にようやく咲き始めとったとばってが、メインのコスモス畑はまあだ今からたいね。
その道端のコスモスと、木立の中に咲いとった彼岸花ばちょこっと撮って帰ってきたと。

 
1509261
 
1509252
 
1509250

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権現堂曼珠沙華まつり その3

その3はアップの写真たいね。
真っ赤な絨毯の中に、一際目立つとが白花曼珠沙華たいね。
意識的に植えたとかどげえかわからんとばってが、けっこうあちこちにはえとうとよ。
300万本て言われる曼珠沙華の大群落ばってが、そん中に見物客が立ち止まって写真ば撮りようとこがあったと。
なんがあるとやろうかて覗いてみたら、なんとピンクの曼珠沙華たいね。
とても珍しい色ばってが、長い長い桜堤の中で、このピンクの曼珠沙華が2箇所で見らるうと。

 
1509210
 
1509216
 
1509218
 
1509223
 
1509225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権現堂曼珠沙華まつり その2

その2は権現堂らしいていうか、桜堤の斜面一帯に赤い絨毯ば敷き詰めたげな風景ば切り取ってみたと。
桜堤の遊歩道の緑の植え込みに沿って赤いラインが、そして斜面一帯の赤い絨毯の中に、桜の黒い幹が林立しとうと。
現地に着いたとが7時やったとばってが、そん時は人影もまばらやったと。
10時過ぎに撮影ば切り上げた頃は、遊歩道は花見客で大混雑たいね。
シルバーウイーク真っ盛りで、高速道路も渋滞しようごたあもんやき、今年は巾着田はパスしたとばってが、権現堂もそこそこ良かったと。

 
1509194
 
1509195
 
1509198
 
1509201
 
1509204
 
1509209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権現堂曼珠沙華まつり その1

2012年以来3年振りに権現堂曼珠沙華まつりに行って来たと。
今年で第10回ていうことばってが、300万本の彼岸花がちょうど見頃で美しかったと。
今年は2012年よか2週間も早う見頃になったと。
埼玉県の彼岸花ていうたら、日本一有名な巾着田があるとばってが、権現堂は巾着田とは違った魅力があると。
巾着田は平坦な松林の中に咲くとばってが、権現堂は桜堤の斜面に咲くと。
同じ彼岸花の群生地でも、雰囲気が全然違うとよ。
権現堂は1月の水仙に始まり、4月の桜と菜の花、6月の紫陽花、そして9月の曼珠沙華と、四季折々の花が楽しめると。
同じ場所でこれだけ色々楽しめる場所はとても貴重な撮影スポットたいね。

 
1509177
 
1509181
 
1509184
 
1509188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュウメイギク その1

フラワーミュジアムの脇庭にシュウメイギクが咲き始めたと。
漢字で秋明菊て書くごと、まさに秋の花たいね。
なんか今年の夏から秋への季節の移り変わりは、とても急な感じやったね。
記録的な猛暑が終わったかと思うたら、今はもう秋ていう感じたいね。
シュウメイギクは好きな花の一つばってが、フラワーミュジアムの脇庭のシュウメイギクは、前の方が良かったと。
数年前からあちこちリニュウアルしようごたあとばってが、脇庭のシュウメイギクはだいぶん間引きされてから、淋しゅうなってしもうたと。

 
1509159
 
1509158

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛公園の彼岸花 その3

雨が小降りになってきたもんやき、また稲毛公園に彼岸花ば撮りに行ったと。
今シーズン3回目の稲毛公園詣でばってが、今回の狙いは花びらに着いたキラキラ光る水滴たいね。
傘ば差して三脚ばセットし、2秒のセルフタイマーでミラーアップ撮影したと。
風が殆ど無かったとは良かったとばってが、水滴が期待したほど付いとらんとよ。
けっこういっぱい降ったとばってが、松林が傘になってから花びらに水滴があんまり当たらんとやろうかね。
雨に濡れて黒松の幹が一層黒うなっとったもんやき、赤と黒の絵作りばしてみたと。

 
1509171
 
1509174
 
1509173
 
1509169
 
1509163
 
1509162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アゲハチョウ その1

フラワーミュジアムの花の門ば彩るポーチュラカにアゲハチョウがおったと。
トンボと違うてチョウチョは花から花へ忙しゅう飛び回るもんやき、なかなかうまいことキャッチ出来んと。
花の門から入ってすぐのとこのウェルカムガーデンには、ペンタスとブルーサルビアが咲いとうと。

 
1509116
 
1509114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛公園の彼岸花 その2

三脚ば立てて彼岸花ば狙いよったら、アゲハチョウが飛んで来たと。
三脚には100ミリマクロば付けとうし、飛び回るチョウば狙うには機動力が無いと。
急遽、望遠ズームば付けた別のカメラば取りだして、手持ちでチョウば追っ駆けたと。
帰宅後、パソコンでチェックしたら、なかなか良か構図で撮れとらんとよ。
後で気が付いたとばってが、連写モードで撮りゃあ、もうちいとましな写真が撮れたかもしれんて思うたと。
なにしろ慌てとったもんやき、気が回らんやったとよ。
どげな状況でも、冷静に集中力ば高めらるうごとならんといけんね。
まだまだ修行が足らんごたあと。
なお、このアゲハチョウはネットで調べたところオナガアゲハやなかろうかて思うと。クロアゲハにそっくりばってが、クロアゲハよか尾が長かろうが。

 
1509135
 
1509127
 
1509136
 
1509129

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲毛公園の彼岸花 その1

去年は稲毛区でデング熱騒ぎがあったもんやき、藪蚊に刺されたらおおごとて思うて、稲毛公園の彼岸花はパスしたと。
今年は藪蚊対策もバッチリしてから、稲毛公園の松林に様子ば見に行ったら、思うたよか開花が進んどったと。
早朝にもかかわらずカメラマンの姿がチラホラ見掛けられたと。
巾着田に比べたらここの群生はミニサイズやもんやき、今まではアップの写真が多かったとばってが、今回は松林の雰囲気ばワイドで切り取ってみたと。

 
1509151
 
1509147
 
1509148
 
1509144

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄花曼珠沙華

白花曼珠沙華の脇に黄花曼珠沙華が咲いとったと。
これも開花が早いもんやき、大半が枯れてしもうてから、元気が良かとはほんの数本しか無かったと。
この頃はこの黄花曼珠沙華ばあちこちで見掛けるごとなったと。
昔はこげな色の曼珠沙華はあんまり見たことが無かったと。

彼岸花科の鍾馗水仙にそっくりばってが、良く良く観察したら鍾馗水仙は花びらの数が少ないし、やっぱあこれは形からしたら曼珠沙華たいね。
この頃は原種そっくりの園芸種が多いもんやき、区別が付きかねる花が多いとよ。
 
1509139
 
1509141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白花曼珠沙華

お彼岸が近うなったもんやき、あちこちで彼岸花が見らるうごとなってきた。
「赤い花なら曼珠沙華」て歌の文句にもあるごと、彼岸花て言うたら赤ていうイメージがあるとばってが、白やら黄色もあるとよ。
花見川区花島公園には、赤い彼岸花よか一足早よう開花する白花曼珠沙華が咲いとうと。
昨日行ってみたら、もう既に盛りば過げてから、枯れ始めとったとばってが、比較的元気な花ば探して撮って来たと。
背景が暗いもんやき白が際立ってからシャープな感じになったと。

1509142
 
1509143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちばサンドアート

昨日と今日の2日間、今年も稲毛海浜公園でちばサンドアートがありようと。
出会いの滝の前の広場に「ポセイドン」ていうメイン砂像があると。
「保坂俊彦」ていう砂像彫刻家の作品で、今年もなかなかの出来映えたいね。

出会いの滝から芝生広場に通じる語らいの道には、流木ば使うたオブジェ「龍宮の底」ていう作品があると。
作者は「草月浜の仲間たち」ていうグループで、去年も似たような作品ば展示しとったと。
 
1509121
 
1509126
 
1509119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の名残

フラワーミュジアムのアトリウムは西側が全面ガラスばりになっとうもんやき、西日が当たると。
その強い西日ばよけるために涼しげなグリーンカーテンが植えてあると。
グリーンカーテンて言うたら、アサガオやらゴーヤが多いとばってが、ここのはフウセンカズラとルコウソウたいね。
葉っぱもフウセンも薄い緑色で、これもなかかなか涼し気で良かと。

玄関脇には行く夏ば惜しむごとブーゲンビレアが咲いとうと。
1509005
 
1509006
 
1509007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りの富士山

各地に大きな被害ばもたらした豪雨が明け、今朝の東京湾上空には青空が現れたと。
そしてその東京湾の彼方には久し振りに富士山の雄姿が。
このところの長雨でうっとうしい気分やったとばってが、今朝はとても清々しい気分たいね。

1509103
 
1509104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポーチュラカ

フラワーミュジアムの花の門がポーチュラカに飾られてからとても賑やかしいと。
鉢植えば門扉にぶら下げてから、まさに花の門たいね。
ポーチュラカはブラジル原産の花で、暑さにとても強いと。
今年の猛暑もへっちゃらたいね。暑けりゃあ暑いほど花の付き具合が良うなるとよ。
またアロエやらサボテンと同じで、保水能力がとても高いもんやき、乾燥にも強いとよ。

 
1509085
 
1509087
 
1509089
 
1509092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュウカイドウ(秋海棠) その4

ちょろちょろ流れ出しとる小川ばちいと下ったとこにも小さい群落があると。
群落脇の小さい堰から水が流れ落ててから、なかなか良か雰囲気たいね。
8時過ぎには一通り撮り終ったとばってが、前々から気になっとった秋海棠の一大群生地は、期待通りの素晴らしい光景で、早起けしてはるばる来た甲斐があったと。

 
1509076
 
1509081
 
1509084  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュウカイドウ(秋海棠) その3

大群生地からちいと下ったとこに、山水がちょろちょろ流れ出してから、小川になっとうとこがあると。
その小川の水の流れば入れて撮ってみたとよ。小川の上の道路から撮ったり、小川まで降りてローアングルで撮ったりしたと。
大群生とはまた違うた雰囲気の写真が撮れたと。

 
1509067
 
1509071
 
1509079
 
1509078_2
 
1509080

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シュウカイドウ(秋海棠) その2

シュウカイドウ科ベゴニア属の秋海棠は中国原産で、漢字表記ば日本語読みしてから和名のシュウカイドウになったげなたいね。
花はベゴニアにそっくりでベゴニアよか花の枝がちいと長いと。
ベゴニアはこのシュウカイドウの園芸種で、いわば親子のげな関係たいね。

その2は花の形がわかるごと広角レンズで花に近寄ってから撮ったもんたいね。
 
1509055
 
1509060
 
1509061
 
1509063
 
1509051
 
1509050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュウカイドウ(秋海棠) その1

前々からいっぺん行こうて思うとったとばってが、今まで行きそびれとったシュウカイドウの群生地に行って来たと。
その場所は、つい先日もテレビで紹介しとった埼玉県ときがわ町の椚平ていう山ん中たいね。
5時半に家ば出て首都高から関越道経由で現地には7時過ぎに着いたと。
駐車場が狭いとばってが、まあだ朝が早いもんやき先客はほんの数人のカメラマンだけで、楽々止められたと。
群生地は予想通り、すごい景色やったと。
その昔、松尾芭蕉が「秋海棠西瓜の色に咲きにけり」て詠んだ花が、山の斜面一帯をピンク色に染めとうとよ。
スイカの色よかちいと薄いピンクばってが、芭蕉はよっぽどスイカが食べたかったとやろうかね。
その1はまずはワイドの構図から。

 
1509038
 
1509039
 
1509048
 
1509049
 
1509064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋上庭園

フラワーミュジアムの屋上には小さい庭があると。
細長い通路のげな形ばした屋上庭園には、所狭しと大小の鉢植えやらプランターが並べてあると。
今の時期はもう咲き終わりかげんのポーチュラカやらトレニアやらが咲いとうとばってが、だいぶんくたびれてからあんまり美しゅうはないと。
そげな中で淡いピンクのペンタスが目に留まったもんやき撮ってみたと。
ブルーのアゲラタムを前ボケに入れて撮ってみたとよ。

 
1509003
 
1509004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温室の花

フラワーミュジアムの温室に珍しい花が咲いとったと。
二つとも西インド諸島が原産の花げなたいね。
一つはベニヒモノキていう名前の通り、赤い紐のげな花たいね。シロヒモノキもあるもんやき、紅白揃えたら縁起が良かなんて話もあるとばってが、なんかちいとグロテスクな感じがしてからあんまり感心せんと。

二枚目の写真はサンタンカ、デイゴと並んで沖縄三大名花に数えられとうオウゴチョウていう花たいね。漢字表記は黄胡蝶て書くと。黄色い蝶が舞いようげな風に見えるもんやき、こげな名前がついたげな。
 
1509002
 
1509001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンスリウム その2

温室ば出ても2階の廊下やスロープの踊場、そして1階のアトリウムフラワーガーデンにもアンスリウムがいっぱいたいね。
紅団扇の名前の通り、濃い赤色の花が一番多いとばってが、他にもピンク、白、緑やらいろんな色があるとよ。

 
1509024
 
1509025
 
1509027
 
1509030

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アンスリウム その1

久し振りに晴れたもんやき午後からフラワーミュジアムに行ってみたと。
前庭じゃあコスモスが咲き始めてから秋の雰囲気たいね。
温室に入ったらアンスリウムがいっぱい咲いとったと。
花びらが紙のげな感じがしてからまるで造花のごと見えると。
別名紅団扇ていうてから、赤い団扇にも似とうと。
熱帯アメリカ原産で高温多湿ば好むもんやき、温室で生き生きしとうとよ。

 
1509013
 
1509015
 
1509019
 
1509017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色い胡蝶蘭

フラワーミュジアムの温室には年中胡蝶蘭が咲いとうと。
高温多湿の東南アジアが原産の胡蝶蘭は、日本でも温室やったら年中咲かせることが出来るみたいやね。
胡蝶蘭て言うたら、お祝いごとの贈り物として良う使われる高級なイメージがすると。
確かに値段は高いとばってが、花が2~3ヶ月も持つもんやき、考えようによっちゃあそげえ高いことはないと。
この間温室ば覗いたら、いつもの白やら赤紫に加えて黄色い胡蝶蘭が咲いとったもんやき撮ってみたと。
黄色は珍しいとばってが、やっぱあ白の方が品があって良かね。

 
1508173
 
1508174    
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »