« 船橋アンデルセン公園の紫陽花 | トップページ | ネメシア »

千葉公園のアガパンサス  その1

千葉公園に大賀ハスば撮りに行ったついでに、公園の花壇のアガパンサスば撮って来たと。
アガパンサスは南アフリカ原産で、日本には明治時代中期に渡来してきたげなたいね。
ユリ科アガパンサス属の花でアフリカンリリーていう別名もあると。
葉っぱが君子蘭に似とうもんやき「紫君子蘭」ても呼ばれとうとよ。
最近は街路樹の根元にずらっと並んで咲いとう姿ば良う見かけると。

涼しげな色合いで夏にぴったりの花たいね。
街中じゃあ今がほぼ満開になっとうとばってが、千葉公園の花壇は日蔭にあるせいか、開花が遅れとうと。
写真の被写体としちゃあ、咲き始めの頃の方が勢いがあってから良かとよ。
雨上がりの花も水滴がキラキラかがやいてとても美しいと。
 
1506393
 
1506353
 
1506392
 
1506389

|

« 船橋アンデルセン公園の紫陽花 | トップページ | ネメシア »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538767/61795491

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉公園のアガパンサス  その1:

« 船橋アンデルセン公園の紫陽花 | トップページ | ネメシア »