« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

千葉公園の大賀ハス その4

今年の千葉公園の大賀ハスは不作やったと。
葉っぱは青々してからとても元気が良かとばってが、花のつき方が良うないと。
植え替えでもしたっちゃろうかね。
そげな訳で今年はあんまり良か写真が撮れんやったと。
今回をもって今シーズンの千葉公園の大賀ハスは終わりたいね。

 
1506452
 
1506451    
 
1506454
 
1506380
 
1506381    
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村記念美術館の紫陽花

川村記念美術館の紫陽花は自然散策路のアプローチから奥の林にかけて色とりどりに咲き誇っとうと。
ここの紫陽花で多いとがガクアジサイたいね。中でも散策路入り口付近のせせらぎのそばに咲く、赤紫のガクアジサイがお気に入りたいね。
今年は既に盛りば過げてから、花が傷んどったもんやき撮らんやったとばってが、散策路の暗い林ば背景にしてアップで撮ったら、花が漆黒の中に浮かび上がるとよ。
今年もあちこちの紫陽花ば撮ったとばってが、それぞれ良かとこがあると。
場所によって、花によって、ワイドで撮ったりアップで撮ったり、楽しみは尽きんと。

 
1506433
 
1506432
 
1506429
 
1506431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村記念美術館のスイレン

3月に行って以来3ヶ月振りに佐倉の川村記念美術館に行って来たと。
紫陽花のシーズンにもかかわらず、自然散策路に人影は少ないと。
今年の3月から入園料ば徴るごとなったせいかもしれんね。

紫陽花はちいと盛りば過げとったとばってが、例年どおりとても美しいと。
大賀ハスは開花が始まったばかりで、まあだ数本しか開花しとらんやったと。
そげな中で、スイレンがとても美しかったとよ。正確に言うとスイレン科の未草て呼ばれる花たいね。
スイレンば撮るときは、だいたいはPLフィルターば目一杯効かしてとるとよ。そしたら4枚目の写真のごと、太陽光の乱反射ばカットして水面やらスイレンの葉っぱがテカらんと。
ところが、ここのスイレンば観察しとったら、池に青空と雲が映り込んでからなかなか良か感じたいね。
そこでPLフィルターば半分ぐらい効かしてから、雲と青空の映り込みば捉えてみたとよ。
全く効かせんやったら映り込みはもうちいと鮮明になるとばってが、葉っぱの表面がテカり過げるもんやき、効かせ加減が微妙たいね。
写真仲間が所属する写真サークルの、次回のテーマが「雲」になっとうて言いよったとばってが、水に映り込む雲もモチーフとしては面白いかもしれんね。
 
1506439
 
1506438
 
1506442
 
1506441
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネメシア

もう半月ほど前にフラワーミュジアムの中庭で撮った写真たいね。
小さくてとても可愛いかったもんやき撮ったとよ。
メネシアてう名札がかかっとったもんやき、帰宅後ネットで調べてみたら、ネメシアが正解やったと。
英語表記では「Nemesia」になっとうき、メネシアは間違いでネメシアが正解たいね。
ところが花屋さんも間違えるごとメネシアていう名前でまかりと通っとるらしいと。
南アフリカ原産げなばってが、最初に渡来してきたときに、誰かが誤解してメネシア呼んだとが、いつの間にか広がってしもうたとやろうかね。

1506168
 
1506167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉公園のアガパンサス  その1

千葉公園に大賀ハスば撮りに行ったついでに、公園の花壇のアガパンサスば撮って来たと。
アガパンサスは南アフリカ原産で、日本には明治時代中期に渡来してきたげなたいね。
ユリ科アガパンサス属の花でアフリカンリリーていう別名もあると。
葉っぱが君子蘭に似とうもんやき「紫君子蘭」ても呼ばれとうとよ。
最近は街路樹の根元にずらっと並んで咲いとう姿ば良う見かけると。

涼しげな色合いで夏にぴったりの花たいね。
街中じゃあ今がほぼ満開になっとうとばってが、千葉公園の花壇は日蔭にあるせいか、開花が遅れとうと。
写真の被写体としちゃあ、咲き始めの頃の方が勢いがあってから良かとよ。
雨上がりの花も水滴がキラキラかがやいてとても美しいと。
 
1506393
 
1506353
 
1506392
 
1506389

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋アンデルセン公園の紫陽花

久し振りにアンデルセン公園に行って来たと。
3月にクリスマスローズと西洋水仙ば撮りに行って以来で、この時期に行ったとは初めてたいね。
ここの紫陽花は規模はそげえ大きゅうないとばってが、なかなか良か雰囲気のとこがあると。
一番気に入ったとが、太陽の橋入り口の林の中に咲く紫陽花たいね。
目の高さから前ボケにも紫陽花ば入れて奥の紫陽花ば撮ると。背景の木立ちも良か脇役になってなかなか良かとよ。
もう一つは「里山の水辺」たいね。小さな水田があり、その山裾に沿って紫陽花が咲いとうと。
日本の田舎の原風景のげな雰囲気のエリアたいね。S字カーブば描く田圃の畔道も良か雰囲気ば醸し出しとうとよ。

 1506424
 
1506422
 
1506410
 
1506404
 
1506408
 
1506405
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

香澄公園のアジサイ

去年は早朝に8回も通うてジャブジャブ池に映り込む紫陽花ば狙うた習志野の香澄公園、今年はもう行くことはなかろうて思うとったとばってが、やっぱあ気になるし、すぐ近くやし、またぶらっと行ってみたと。
日曜日の9時過ぎていうとい、天気がぐずついとうもんやきジャブジャブ池に子供の姿は無いと。
紫陽花もちょうど良か具合に色付き、風もあんまり無いもんやき、水面に紫陽花が写り込んで、そこそこ美しいとよ。
去年は、林の木々が差し込む朝日に照らされて輝いとったとばってが、今年は曇天でしっとり落ち着いて見えると。
池の隣のバーベキューサイトじゃあ、地元の地区の集まりらしき大集団がバーベキューの準備ばしよんしゃったと。特大のテントまで張ってから、本格的たいね。
この後、雨は上がったき、さぞかし楽しいバーベキューになったとやなかろうかね。

 
1506364
 
1506369
 
1506372
 
1506377
 
1506378

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカデイゴ

近所の市立稲毛高校の向いの緑地でアメリカデイゴの赤い花が足元ば真っ赤に染めとうと。
真っ赤な情熱的な赤で、夏ば感じる花の一つたいね。
南米原産で、日本には江戸時代末期に渡来したげな。
南米はアルゼンチンとウルグワイの国花になっとうと。
メキシコじゃあこの花ばサラダやら煮物にして食べるとよ。
和名は海外から来た赤い豆ということで「海紅豆」て言うと。鹿児島県の県の木にもなっとうとよ。

 
1506305
 
1506307
 
1506311
 
1506335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉公園の大賀ハス その3

19日は朝から雨が降ったり止んだりやったと。
ハスは梅雨どきの花の代表格やもんやき、やっぱあ雨に濡れた大賀ハスも撮っとかんといかんて思うて、傘ばさして行って来たとよ。
流石に雨模様やもんやき、いつもは賑わう早朝体操のグループはあんまり来とらんと。
そばってが、ハス池には予想以上のカメラマンやら花見客の姿があったと。
雨がひどうなったら蓮華亭の軒先に退避し、小降りになったら傘ば差して撮ったと。
イメージしとった絵姿は、綺麗なハスの花二輪と、その背景にカラフルな雨傘ば差して寄り添って歩くカップルやったと。
ところが、待てども待てども綺麗な二輪の花もカラフルな雨傘も仲良しカップルもなあも見当たらんと。
仕方が無いもんやき100mmマクロで水滴ばアップで撮って帰って来たと。

 
1506357
 
1506339
 
1506346
 
1506341

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉公園の大賀ハス その2

15日の競輪場第一駐車場早朝無料解放が始まってから、殆ど毎日のごと大賀ハス池詣でばしようとばってが、今年はなんか咲き具合があんまり良うならんと。
全体的に花の数が少ないし、良か被写体ば探すとに苦労するとよ。
撮りたい絵姿は頭の中に描いてあるとばってが、そげな花が見つからんとよ。
今年新たに出来た展望所の櫓ば覆う緑色のシートば背景にして撮ったり、Raw現像するときにハイキーで焼いたりローキーで焼いたりしてみるとばってが、なかなか満足の行く作品が出来んと。

 
1506347
 
1506327
 
1506328
 
1506351
 
1506349
 
1506354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の森のスイレン その2

下夕田池の水面は岸から池の中央にかけてスイレンで覆われとうとばってが、岸辺付近でスイレンが途切れて水面が顔ば覗かせとうとこがあると。
そこに鯉がいっぱい集まって来とったとよ。
来園者が餌ばやるもんやき、この場所に集まるごとなったっちゃなかろうかね。
白、黒、金色、白と赤のツートンカラーやらいろんな色した鯉が泳ぎようとよ。
PLフィルターば目一杯効かして撮ってみたと。
鯉のおるとこからちいと離れたとこには、鴨が二羽ゆったりと浮かんどったと。
ずっと二羽で連れ添うとうき、つがいやろうかね。
また岸辺には真っ白なガチョウが数羽、よちよち歩きしてから、なんとも平和な光景たいね。

 
1506191
 
1506193
 
1506205
 
1506221

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の森のスイレン その1

昭和の森の下夕田池でスイレンが見頃になっとうていう情報があったもんやき、6月10日に行って来たと。
情報通り、下夕田池の約4分の1がスイレンで覆われとったと。
殆どが白い花ばってが、一部に赤い花の群落もあったと。
そげな中で一際美しいとがピンクの花たいね。
ピンクの花はごく少数で、数えるぐらいしか無いとばってが、池の片隅で輝いとったとよ。

 
1506212
 
1506207
 
1506218
 
1506217
 
1506210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村の紫陽花 その3

紫陽花で埋め尽くされる里山街道はとても長いと。
いつもここに来ると、どげなコースが効率が良かとか迷うと。
そして毎年、同じ回り方になってしまうとよ。
街道の中間地点にある子供動物園脇から坂道ば上って街道に侵入、まずは右折して街道のはずれまで歩き、今度はUターンしてから反対側のはずれまで歩くとよ。
途中、子供動物園ば見下ろすとこからポニーが一頭、のんびりと草ば食む姿が見えると。
終点の水仙の丘にはユリの花も咲いて、夏の訪れば告げとうとよ。

 
1506233
 
1506235    
 
1506236
 
1506238    
 
1506246
 
1506280  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村の紫陽花 その2

紫陽花の花の形は、ガクアジサイと手まり型のホンアジサイがあると。
色も青、紫、ピンク、白など色々たいね。
一番多いとは、青色のホンアジサイばってが、個人的には、ピンクや赤系統のガクアジサイの方に魅力ば感じると。
そもそも日本固有の紫陽花はガクアジサイげなたいね。それがヨーロッパで品種改良されてホンアジサイが生まれたげな。
和名のアジサイていう名前ばってが、集(あづ)・真藍(さあい)が変化して「アジサイ」になったげなよ。つまり、青い花が集まって咲く花の姿ば表現しとうとよ。
紫陽花の当て字は、紫色の太陽のごと見えたからやろうかね?

 
1506262
 
1506264
 
1506231
 
1506274

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉公園の大賀ハス その1

昨日15日、千葉公園大賀ハス池の早朝開園が始まったもんやき、早速行って来たと。
千葉競輪場の早朝無料開放開始の5分前の5時55分に着いたとばってが、初日とあってか、既に2名の係員が居て、車も10台ほど駐車しとったと。
ハス池まで歩いて行く途中の花壇にはクレオメが満開やったと。
アガパンサスはいっぱい蕾ばつけて見頃まであと10日ぐらいかかろうげな具合たいね。
池の手前の広場や運動場には、早朝体操の仲間が次々に集まりよんしゃあし、ジョギングやら犬の散歩やらで、朝の6時ていうとい公園は大賑わいたいね。
ハス池も初日とあって大勢のカメラマンと見物客で混み合うとったと。
そげな訳で、公園全体じゃあ数百人が思い思いの早朝ば過ごしよんしゃあとよ。昼間の千葉公園じゃあおよそ見かけん大人数にたまがったと。
さて肝心の大賀ハスの開花状況ばってが、池の東側部分はそこそこ見頃になっとったとばってが、中央部分から西側にかけては、まあだ蕾が多うて今からたいね。
開花が進んどうエリアにカメラマンが集中してから特に混み合うとったと。
逆光で撮りたいとばってが、ひっきりなしに木道ば見物客が通るもんやき、なかなかシャッターば切られんとよ。
狙いば付けた花に焦点ば合わせて、我慢我慢たいね。そして画角から人影が消えた瞬間にシャッターば押さんと、また次の人影が画角に飛び込んで来るとよ。
苦労して撮った割にはあんまり良か写真は撮れんやったと。
まあ初日やし、花の数も少ないき、これからたいね。

 
1506325
 
1506321    
 
1506316
 
1506315  

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京ドイツ村の紫陽花 その1

千葉県で一番有名な紫陽花の名所て言うたら、茂原の服部農園あじさい屋敷ばってが、もうなんべんも行ったき少々食傷気味になったと。
いかにも作られた紫陽花畑ていう感じがしてから、なんか自然な雰囲気がなあも無いと。
その点、東京ドイツ村は規模も大きいし、手入れも良かし、自然な雰囲気がとても良かと。
この時期、園内の里山街道は端から端までいろんな種類の紫陽花が咲き乱れ、ゆったりとハイキング気分で紫陽花が味わえるもんやき、年々観光客が多うなってきようとよ。

 
1506241
 
1506225
 
1506226
 
1506229
 
1506254

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムの紫陽花

フラワーミュジアムの通用門から入ってすぐのとこに、ちょっと変わった紫陽花があると。
淡い色ばした紫陽花で、とても美しいもんやき毎年撮るとよ。
今年もだいぶん色付いて来たき、小雨が残る12日の朝、100mmマクロと三脚片手に傘ばさして撮って来たとよ。
咲き始めは薄緑色で、それがだんだん黄色になり薄紫になり、絶妙なグラデーションがなんとも魅力的な花たいね。
紫陽花はとても種類が多うて、それぞれ名前が付いとうとばってが、この紫陽花の名前はわからんと。
ネットで調べたとばってが、良う似たとはあるとばってが、ピッタシこれだていうとは見つからんやったと。

 
1506285
 
1506289
 
1506290
 
1506291
 
1506296

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレオメ

フラワーミュジアムの前庭でクレオメが満開たいね。涼しげなブルーサルビアと並んで、前庭ば占領しとうと。
クレオメて言うたら、最近では千葉公園の花壇にも植えてあるとばってが、大賀ハス、アガパンサスと並んで、夏の訪れば感じる花の代表選手たいね。
南アフリカ原産で和名は西洋風蝶草、英名じゃあスパイダーフラワーて言うと。
日本人には風に吹かれて飛び回る蝶に見えたごたあとばってが、英国人にはクモに見えたらしい。
花の名前としてはクモよかチョウの方が断然良か名前たいね。
それにしても季節の移り変わりが早いと。そろそろ大賀ハスに逢いに千葉公園詣での時期になったと。

1506156
 
1506151
 
1506301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土寺の紫陽花 その3

境内の一番奥にある菖蒲田の脇に竹林があると。
竹林て言うたら、あちこちに放置された竹林があってから、山が荒れ果ててしもうたなんてニュースば聞いたことがあるとばってが、ここの竹林は一応手入れしたあごたあと。
力強く天に向こうて真っすぐ伸びる孟宗竹ば背景に紫陽花ば撮ってみたと。

 
1506117
 
1506121
 
1506123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土寺の紫陽花 その2

本土寺の散策路の片隅に歴代住職の墓地があると。
その墓石の裏手にひっそりと咲く紫陽花ば撮ってみたと。
ポツンと一輪だけ静かに咲いて、なんかわからんとばってが、心が落ち着く雰囲気が漂う場所たいね。

 
1506130
 
1506133
 
1506127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝福の夕焼け

昨日、スイスのローザンヌであったIOC理事会で、東京五輪の一部競技の競技場変更が承認されたと。
報道によると、レスリング、フェンシング、テコンドーの3種目が東京ビッグサイトから我が地元千葉市の幕張メッセに変更になったげなたいね。
セーリングも稲毛の浜に来たら、我が家から見らるうとばってが、それは欲張りて言うもんたいね。

この朗報に森田知事がTVで大はしゃぎしよんしゃったと。そしてこの朗報ば祝福するかのごと、日没後の幕張メッセ上空は夕焼けに赤う染まったと。
こげな綺麗な夕焼けば見るとは久し振りたいね。
スカイツリーやら富士山もくっきり見えたと。
 
1506178
 
1506177
 
1506173
 
1506176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土寺の紫陽花 その1

6日の朝、本土寺に行ったとばってが、がっかりしたと。
て言うとも、菖蒲田が荒れ果ててから撮る気が失せると。特に菖蒲田の半分は花が全滅でただの荒れた田圃たいね。500円返せて言うとうなると。

仕方が無いもんやき、まあだ3分咲きの紫陽花を撮って来たと。
その1はヤマアジサイたいね。
境内の散策路の片隅で控えめに咲いとったと。
アジサイもこの頃はいろんな園芸種も出回るごとなってきたとばってが、昔ながらのヤマアジサイが素朴でとても魅力ば感じると。
花菖蒲はがっかりやったとばってが、ヤマアジサイに出合うたきそれなりに収穫はあったと。
 
1506142
 
1506139
 
1506145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨上がりの菖蒲田

6月3日の朝、雨が上がったもんやき香澄公園の菖蒲田に行って来たと。
今シーズンも香澄公園、堀切菖蒲園、堀切水辺公園、皇居東御苑二の丸庭園で花菖蒲ば撮ったとばってが、いずれの日も良か天気やったと。
花菖蒲ていうたら梅雨時の花の代表格やき、しっぽりと雨に濡れた姿が良う似合おうが。
現場に着いたら先客のカメラマンが一人、そしてその後一人また一人てカメラマンが来るとよ。みんな狙いは同じのごたあと。
雨滴が付いた綺麗な花ば探して撮ったとばってが、それがあんまり良か花が無いと。
菖蒲田は全体的に見たら、一番花が咲き終わってから、二番花が咲き始めたぐらいの感じたいね。
そげな中で、青色の蕾が並んどう姿が良か雰囲気やったもんやき撮ってみたとよ。

 
1506090
 
1506092  
 
1506098
 
1506104
 
1506105
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二の丸庭園の花菖蒲 その2

皇居東御苑は元々は皇居附属庭園として整備されたもんばってが、昭和43年から一般公開されとうとよ。
広い園内には四季ば通じていろいろな花が咲いてから、都民のオアシスになっとうとよ。また、外国人観光客にも人気の観光スポットにもなっとってから、園内にはいつ行っても外人がうろついとうと。
早春の梅に始まり、春には桜が、そしてツツジ、シャクナゲ、ボタンて続いてから、今はサツキと花菖蒲が咲いてとても見応えがあると。
中でも二の丸エリアは一番たいね。池ば中心にした庭園はもちろんばってが、池のぐるりの林の中にはシャガの群生があったり、二の丸雑木林の中にはキンランが咲いたりもすると。
在職中は昼休みの散歩コースにしとったもんやき、今でもとても親しみのある庭園で、毎年なんべんも訪ねるとよ。
いつ行っても見事に整備されとってから、とても気分が良かと。

 
1506038
 
1506049
 
1506064
 
1506074
 
1506075
 
1506056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二の丸庭園の花菖蒲 その1

あちこちで花菖蒲が見頃になりようもんやき、早う行かんと手遅れになると思うて、6月2日に皇居東御苑の二の丸庭園に行って来たと。
案の定、もう6分咲きぐらいになっとって、とても美しかったと。
特に今年は花菖蒲の開花が早かったもんやき、池のぐるりのサツキもまあだ残っとってから、ほかのとこじゃあなかなか見られん華やかな景観になっとうと。
朝一番で行ったとばってが、カメラマンやら外国人観光客の姿が目立ったと。
撮り終って東京駅へ向こうとったら、パレスホテル脇に止まったハトバスからぞろぞろと二の丸庭園へ向かう観光客とすれ違うたと。
どうやらこの時期のハトバスの周遊ルートになっとうごたあと。

 
1506081
 
1506084
 
1506052
 
 1506070
 
1506089
 
1506087_2
 
1506078_2
 
1506047
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイツリーと立葵

堀切水辺公園での狙い目は花菖蒲とスカイツリーだけやないと。
荒川河川敷の川沿いの遊歩道に立葵が咲いとうとよ。
3年前はちいと川から離れた小さい花壇に植えてあったとばってが、今年は川のすぐそばに植えてあるもんやき、スカイツリーに加えて荒川の流れも一緒に収めることが出来るとよ。
赤やらピンクの立葵が天高く伸びて、スカイツリーと背比べばしようごと見えると。

 
1506032
 
1506034
 
1506036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイツリーと花菖蒲

堀切菖蒲園で花菖蒲ば満喫し、すぐ近くの荒川河川敷にある堀切水辺公園に行ったと。
狙いは花菖蒲とスカイツリーたいね。
ここは3年前に見つけてから毎年行きようとばってが、スカイツリーの絶景ポイントの一つたいね。
手前に花菖蒲ば入れてからスカイツリーば狙うとよ。
花菖蒲とスカイツリーと両方にピントが合うごとMaxまで絞ると。
100mmマクロと望遠ズームと両方で撮ったとばってが、100mmマクロじゃあ画角がギリギリたいね。
菖蒲田ば囲む柵が邪魔になるもんやき、良か具合に咲いとう花菖蒲とスカイツリーばうまいこと収めるとはなかなか難しいとよ。

 
1506027
 
1506028
 
1506030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀切菖蒲園 その2

堀切菖蒲園は江戸の時代から花菖蒲の名所やったげなたいね。
東海道五十三次やらで有名な浮世絵師歌川(安藤)広重も、「東京花名所図」ていう作品名で堀切菖蒲園の花菖蒲ば描いとうと。
今は200種、6,000株の花菖蒲が狭い園内にぎっしり植えてあるとばってが、江戸の堀切菖蒲園はどげな景観やったっちゃろうかね。
歌川広重ていうたら青の色使いの名手で、世界でも「ヒロシゲブルー」として高い評価ば受けとうとよ。
ひょっとしたら「ヒロシゲブルー」は花菖蒲の色やったかもしれんね、なんて想像したらワクワクしてくると。

 
1506013
 
1506016
 
1506015
 
1506017

| | コメント (2) | トラックバック (0)

堀切菖蒲園 その1

いよいよ6月、菖蒲と紫陽花の季節がやって来たと。
東京の菖蒲の名所、堀切菖蒲園で5月29日時点で4分咲きになったていう情報があったもんやき、早速行って来たと。
菖蒲園の入り口じゃあ、6月5日から始まる菖蒲まつりの準備の真っ最中やったと。
園内に入ってみたら、開花は更に進んでからちょうど見頃たいね。この分じゃあ菖蒲まつりの頃は見頃が過げてしまやあせんか心配になるごたあとよ。
花見客はていうたら、やっぱあ菖蒲まつり前やき、そげえ混雑はしとらんやったと。
カメラマンの姿もチラホラで、近所のおばあちゃんと孫の組み合わせ、熟年のご婦人のグループやらが多かったと。
中でも多かったとが幼稚園児やら保育園児の団体さんたいね。
赤い帽子ばかぶって、先生の先導で並んで菖蒲園ば散歩たいね。

 
1506005
 
1506011
 
1506019
 
1506004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の森の菖蒲田

3月のフラワーミュジアムに続いて、先週から6月7日まで、千葉市青葉の森公園センターの森のギャラリーで、今年2回目の花の写真展ばやりようと。
それに加えて、週末はいろいろと忙しかったもんやき、昨日はブログの更新が出来んかったと。
そこで今日のブログは、ちょうど10年前に撮った千葉市緑区にある昭和の森の菖蒲田の写真にしたと。

10年前の2005年、カメラがフィルムからデジタルにすごい勢いでシフトし始めたもんやき、PENTAX istDsば買うてからすぐの写真たいね。
1973年に初めて一眼レフば買うたとがPENTAX spⅡやったと。それ以来PENTAX一筋で、istDsの後はK10D、K7、K5ば買うて今はK3ばメインで使いようとよ。

昭和の森には年に数回は行くとばってが、ここ数年は菖蒲田には行っとらんと。
それて言うとも、この頃は手入れが行き届いとらんとか、それとも気候のせいか、良うわからんとばってが、菖蒲の花の咲き具合がいまいちたいね。
10年前は菖蒲田の手入れも良う行き届いてから、この時期になったら美しい花ば咲かせとったとよ。
今年もいよいよ6月で、菖蒲の季節になったとばってが、今年の昭和の森はどげえやろうかね?

 
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »