« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

香澄公園の菖蒲

今年はいろんな花が去年よか早めに咲きようごたあもんやき、習志野市の香澄公園の菖蒲田に様子ば見に行って来たと。
行ってみたら案の定、3分咲きぐらいになっとったとよ。
去年よかおおかた1週間ばかり早いげな気がすると。
菖蒲田には既にカメラマンが1名、熱心に撮影中やったと。30分ばかりかけて撮ったとばってが、その間、次々に散歩がてら見学に来る人で賑わうたと。最近良う見かけるとばってが、ダブルストックのウォーキング集団も列ばなして押し掛けて来んしゃったと。

 
1505410
 
1505419
 
1505420
 
1505422
 
1505417
 
1505413

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマボウシ(山法師)

千葉県立美術館の庭先にヤマボウシの大木があると。
水木科ミズキ属やきハナミズキに良う似とうとよ。
花の真ん中の丸い花穂ば坊主頭、4枚の花びらば白い頭巾に見立てて、比叡山延暦寺の山法師になぞらえてから、こげな名前がついたげなたいね。
ヤマボウシの脇には千葉県は佐倉出身で、日本近代洋画の先駆者として大きな功績ば残した浅井忠の像が立っとうと。

 
1505392
 
1505397
 
1505394

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃色吐息

マザー牧場にペチュニアの花畑ば撮りに行って来たと。
標高約300メートルの鹿野山の山肌が鮮やかなピンクに染まっとうと。
去年から始めたげなばってが「桃色吐息」ていうコピーのポスターが牧場のあちこちに貼ってあるとよ。
桃色吐息て言うたら、小生と同じ団塊世代の歌手高橋真梨子の歌ば思い出すと。
あの曲が流行ったとは1984年、もう30年以上も前のこったいね。なんか時間が経つとが速すげると。うかうかしとったらお迎えが来るき、そろそろ人生もラストスパートに取り掛からんといけんごたあね。
肝心のペチュニアばってが、ホームページによると10月までもつごと書いてあるとばってが、ひょっとしたら今が一番綺麗な時期やなかろうかて思うと。
花も活き活きしてからとても美しいとよ。抜けるような青空にも恵まれて、ちょっと足ば伸ばした甲斐があったと。
遠くから見たら芝桜のピンクに良う似た雰囲気ばってが、ピンクの鮮やかさはこっちの方が一枚上たいね。

 
1505365
 
1505357
 
1505358
 
1505367
 
1505368
 
1505371
 
1505374
 
1505376
 
1505379
 
1505381
 
1505389

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長瀞花の里のオオキンケイギク

長瀞花の里にはカリフォルニアポピーのほかにも黄色い花が咲いとったと。
オオキンケイギク(大金鶏菊)たいね。このごろはあちこちの道端に咲いとうとば良う見かける花たいね。
キンケイギクとそっくりの花で遠くから見たら区別がつかんと。
花の色と形から、体の黄色い鳥ば想像して命名されたげなたいね。

 
1505349
 
1505344
 
1505346

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長瀞花の里のカリフォルニアポピー

秩父高原牧場に行ったついでに秩父ミューズパークに立ち寄ったと。
ここは2年前の5月に一度訪れたとこで、奥秩父の名峰両神山ば背景にしていろんな花がとても美しかった花の回廊があると。
ことろがどっこい、花の回廊のゲートは閉まり「閉園」の看板があったと。2年前に訪れたときも人影はまばらやったとばってが、採算がとれんきやめてしもうたとやろうね。
次に向かうたとが長瀞花の里たいね。ここは初めてやったとばってが、カリフォルニアポピーが咲いとうていう情報があったもんやき立ち寄ってみたとよ。
行ってみたらあんまり規模は大きゅうないとばってが、山ん中の畑ば黄色く染めとったと。
ポピーていうたら、アイスランドポピーやらシャーレーポピーが一般的ばってが、最近はあちこちでカリフォルニアポピーも見かけるごとなってきたと。
名前の通り原産地はカリフォルニアで日本には明治維新のころ入って来たげなたいね。
花の形が花菱紋に似とうもんやき和名はハナビシソウていうと。
ハナビシソウの脇には真っ赤なシャーレーポピーも咲いとったと。

 
1505334
 
1505332
 
1505338
 
1505340
 
1505339

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父高原牧場のシャーレーポピー

5月21日に急に思い立って秩父高原牧場に行って来たと。
秩父には何べんか行ったことがあるとばってが、高原牧場には行ったことがなかったと。
狙いは牧場の丘一面に広がる真っ赤なシャーレーポピーたいね。
例によって夜明けと同時に我が家ば出発したら8時前に牧場に着いたと。
牧場の駐車場は9時にならんとあけんらしいとばってが、既に20名ぐらいのカメラマンが来とったと。こちとらも負けじと路肩に車ば止めて撮影開始たいね。

ポピーはあちこちの公園やら休耕田やらに植えてあることが多いとばってが、こげな高原の景色の良かとこにはあんまり無いと。
フラットな花壇と違うて牧場の斜面やき、真っ赤な絨毯が大空に吸い込まれるごと広がってから、開放感が溢れるとても良か雰囲気たいね。
これでまた一つ、気になっとった撮影スポットの消し込みが出来たと。
 
1505310
 
1505327
 
1505320
 
1505329
 
1505313
 
1505331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐倉草ぶえの丘バラ園

3つめは佐倉草ぶえの丘バラ園たいね。
ここは原種やらオールドローズば中心に1,050品種ものバラば育てとうとこが特長たいね。
ほんやき最近の栽培種と違うて派手さは無いとばってが、蔓バラがいっぱいあってから、自然に近い雰囲気のバラ園たいね。
NPO法人バラ文化研究所ば中心にボランティアによって管理運営されとうとよ。
バラ園て言うよかオールドローズ保存園のげな感じたいね。
園内には我が国のバラ育種家の第一人者、ミスターローズの異名ば持つ鈴木省三氏が収集した書籍や研究資料ば9,000点も収蔵する資料室があると。

 
1505289
 
1505292
 
1505287
 
1505281
 
1505291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成はバラ園 その2

その2は園内の様子ばワイド気味に撮ったもんたいね。

ここのトレードマークは正面奥にあるガゼボたいね。緑錆色の屋根の骨組みがなかなか良か雰囲気ば醸し出しとうとよ。
それと外周の散策路にあるバラのアーチも美しいと。それもいくつもあってから、それぞれ違う種類のバラで、とても手入れが行き届いとうとよ。
そのほかにも、新たにベルサイユのバラコーナーが出来たり、奥庭の整備が良うなったり、室内には珍しいバラの大鉢が置いてあったりしてから、なかなか見応えがあると。
 
1505256
 
1505259
 
1505228
 
1505264
 1505257
 
1505263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成バラ園 その1

2つめは京成バラ園たいね。
ここは単なるバラ園やないと。バラの総合商社のげな大規模な会社で、バラに関しちゃあなんでもござれていう世界でも有数の会社たいね。
特に「育種会社」としても数々の新品種ば開発し、世界でも高い評価ば受けとうとよ。
そげな訳でシーズンになったら連日大勢の見物客が押し寄せて来ると。特に週末は周辺道路が渋滞するごと混むもんやき、とても行く気にはならんとよ。
写真ば撮るには満開よかちいと早めのウイークデーの朝一番が良かと。

ていうことで5月14日の木曜日朝一番で行って来たと。
平日は11時までは三脚使用OKになっとうもんやき、カメラマンが大勢来とったと。中にはあちこちの花の名所で顔見知りのカメラマンも来とんしゃったと。
花もいつもの通りとても綺麗に咲いとったと。天気が良過げてから陽が強過げるもんやき、持参した傘ば日除けにしたりして撮ったとよ。
そして例によってハイキーでRaw現像してみたと。
 
1505249
 
1505201
 
1505218
 
1505236
 
1505231
 
1505217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津バラ園 その2

その2は谷津バラ園の園内の様子がわかるワイドの写真たいね。

ここのトレードマークは地中海に浮かぶ小島に建っとうげな雰囲気が漂うレンガ色の建物たいね。
そして南国ば思わせる棕櫚の木が天高う聳え立っとうとよ。
この二つが目に入ったら谷津バラ園てすぐわかると。
園児たちの行列もここのバラ園のお決まりの光景たいね。
ここに来たらだいたいこの光景に遭遇すると。近所の幼稚園の散歩コースになっとうとやろうかね。
その昔、ここには大きな遊園地があったげなばってが、そのころから子供たちには人気のスポットやったげなたいね。
 
1505199
 
1505198
 
1505192
 
1505181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津バラ園 その1

いよいよ夏バラのシーズンがやって来たと。

バラて言うたら最も親しみ深い花の一つで、全国どこの街に行ってもバラ園があると。
中でも思い出深いとが札幌の地崎バラ園たいね。藻岩山の山麓にあり、札幌の街ば一望出来てから、絶好のデートスポツトにもなっとうと。
わが街千葉もバラ園には恵まれとうと。この時期になったら、あっちのバラ園、こっちのバラ園とバラ園巡りが忙しいとよ。
そげな中で、まずは谷津バラ園からスタートたいね。
習志野市のホームページでバラの花の開花率が紹介されるもんやき、そればチェックしてから行くことにしとうとよ。数日前の開花率が30%になっとったもんやき、そろそろ見頃かなて思うて5月13日に行って来たと。そしたらもう七分咲きぐらいでからちょうど見頃になっとったとよ。写真ば撮るには、満開前のこの時期が花も活き活きしとってから一番良かと。
去年から研究中ばってが、ハイキーでソフトタッチなRaw現像で優しいバラの花ば表現してみたと。
1505152
 
1505155
 
1505159
 
1505161
 
1505171
 
1505177
 
1505174
 
1505165
 
1505175

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウインドサーフィン

5月10日の日曜日、検見川の浜にハマヒルガオば撮りに行ったら、海はウインドサーフィンやらヨットば楽しむ若者で賑わうとったと。
良か天気でほど良か風にも恵まれた日曜日ていうことで、最高の条件たいね。

サーファーも上級者になったら風ば見事にとらえてからそのテクニックにはたまがると。
進行方向もスピードも自由自在にコントロール出来るとよ。
こげな若者ば見とったら、なんかあの若さやら体力が羨ましいと。
あれから20年、冬になったら毎週のごと週末はスキー場で滑りまくっとった札幌の5年間が懐かしゅう思い出されると。
 
1505104
 
1505106
 
1505102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワウの大群

5月11日、ハマヒルガオば撮りに幕張の浜に行く途中、美浜大橋のとこから東京湾に伸びる突堤に鳥の大群が押し寄せて来とったと。
海におるもんやきウミウかて思うとったとばってが、帰宅してネットで調べたらカワウやったと。
そもそもウミウは国内ではあんまり見られんげなたいね。以前、見げえ行ったことがあるとばってが、日立市の鵜の岬に日本で唯一のウミウの捕獲場があると。ここで捕獲されたウミウが全国の鵜飼で活躍しとうとよ。ウミウは一般保護鳥に指定されとうもんやき、許可なしに捕まえちゃあいけんとよ。

これに対してカワウは増え過げてから海の魚ば食い荒らすもんやき狩猟鳥獣に指定されとうと。見かけはウミウとほとんど同じで、遠くから見たんじゃあ区別がつかんと。ただ、写真ば拡大して見たら、くちばしの黄色い部分が口角のとこで尖っとらんとがわかると。ウミウやったら口角のとこが三角形に尖っとうげなたいね。
それにしてもこげな大群は初めて見たもんやきたまがったと。
 
1505126
 
1505135
 
1505141
 
1505148

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕張の浜のハマヒルガオ

5月11日、幕張の浜まで足ば延ばしてみたと。
海岸線はレッドブルエアレースの準備の真っ最中で、波打ち際からちいと陸側に寄ったエリアはすべて立入禁止になっとったと。
その立入禁止エリアと砂浜の境目あたりに、あちこちにハマヒルガオが咲いとったと。

この時期に幕張の浜ば歩くとは初めてやったとばってが、思ったよかいっぱい咲いとったとよ。
昨日と今日の2日間、エアレースで幕張の浜には約12万人の見物客が押し掛けたてニュースで言いよったとばってが、ハマヒルガオが無事やったか心配たいね。
 
1505120
 
1505122
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドブル・エアレース千葉2015

今日、幕張の浜で、我が国で初めてとなるエアレースの世界選手権予選があったと。
昨日から轟音ば轟かせてからテスト飛行ばやりよったとばってが、今日はいよいよ本番たいね。
チケットは最高が2日間で30万円、一番安いチケットでも1日3千円もするげなばってが、前売りは売り切れたげなたいね。
こちとらは家から歩いてヨットハーバーのとこまで行ってから見たと。立入禁止区域のすぐそばまで行ってから、防波堤の上に三脚ばセットして狙うたと。
自宅マンションからも見えるとばってが、やっぱあ近くまで行ったとが正解やったと。
250mmの望遠レンズばつけてから撮ったとばってが、そこそこ撮れたとよ。

海上に設置された高さ25mのパイロンの間をすり抜けて全長4kmのコースでタイムば競うとばってが、轟音が胸に響いてから迫力満点たいね。。
14名のパイロットが参加したとばってが、日本人でただ一人参戦した室屋義秀選手は今日の予選は9位やったげな。
 
1505307
 
1505308
 
1505305
 
1505296
 
1505294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検見川の浜のハマヒルガオ

今年はハマヒルガオの咲くとが早いげな気がすると。
過去の撮影データば調べてみたら、ここ数年、毎年のごとちいとずつ早うなりようごたあと。

これも地球温暖化のせいやろうかね。
今年は稲毛の浜からちょっと足ば延ばして散歩がてらに検見川の浜まで行ってみてたまがったと。
稲毛の浜よか大きな群生地があったとよ。
数年前までは気がつかんやったとばってが、いつの間にこげえいっぱい群生したっちゃろうかね。
海浜から海に向こうて真っすぐ伸びる突堤の付け根にピンクの絨毯のごと広がっとうとよ。
外房の広々とした砂浜や無うて内房の人工海浜の雰囲気ば出そうと思うて、背景に幕張のビルやらも入れてみたと。
 
1505116
 
1505100
 
1505113
 
1505080
 
1505088

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目に青葉

青葉の森公園ば歩いとったら新緑が眩しいと。

今から約300年前、江戸時代中期の俳人山口素堂が詠んだ「目には青葉山ほととぎす初鰹」ていう句が頭ばよぎると。
素堂もきっとこの時期の新緑の美しさに感動ば覚えてこの句ば詠んだとやろうね。
ほんなこと新緑は目に優しくて心が休まると。特に大きな木はなんて言うか、包容力のげなもんも感じてからなお良かと。
青葉の森公園中央広場に聳え立つプラタナスの巨木は特に貫禄があると。
近くにヒマラヤスギやらイチョウの巨木も立っとうとばってが、中でもプラタナスの存在感は他を圧倒しとうとよ。
 
1505028
 
1505027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シラン

ランていうたらカトレアとかファレノプシスていう名前が浮かんでから、なんか豪華絢爛ていう感じがするとばってが、今の時期、あちこちの道端に咲いとうシランは、ランて言うよかなんか雑草のげな感じがすると。
同じラン科の花ばってが、なんかイメージが全然違うとろうが。

そばってが、良う見たらやっぱあランの花ていうとが納得出来ると。
このシランが青葉の森公園西駐車場階段脇の斜面にびっしり群生しとうと。
これだけの群生ば見たとは初めてたいね。階段脇の斜面がまるで紫色の絨毯でも敷いたげな感じになっとうとよ。
 
雑草て言うたらハルジオンたいね。大正時代に渡来した帰化植物げなばってが、環境省から「要注意外来生物」に指定されとうとよ。
繁殖力やら定着力が強うて、中には除草剤耐性型もあるげなたいね。
今の時期あちこちで我が物顔で咲いとうとばってが、良く良く見たらそこそこ可愛らしい花たいね。
 
1505017
 
1505018
 
1505015
 
1505024
 
1505021
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンジャモンジャ

5月3日、青葉の森公園にヒトツバタゴ、通称ナンジャモンジャば撮りに行って来たと。
もう盛りば過げとうとか、なんかいまいち華やかさが感じられんと。前に見たときよか花の数が少ないげな気がしたと。
ところでこのナンジャモンジャ、学名はギリシャ語でチオナンサスて言うと。
Chion(雪)+Anthos(花)で白い花の塊ば雪にたとえたらしい。学名の方がロマンば感じる良か名前たいね。
そもそもナンジャモンジャていう呼び方は、明治時代にさかのぼるげな。今の明治神宮外苑、当時の青山練兵場の道路沿いに、名前が良うわからん木があったげなたいね。その木を当時の人たちが「何の木じゃ?」「何でふ物ぢゃ?」て言うたことからこげな変な名前になったげなばい。
今の時期、青葉の森公園にはハンカチノキが白い花ばつけとうと。こっちは名前の通り、白いハンカチのごと見えるもんやき、わかりやすい名前たいね。

 
1505002
 
1505005
 
1505009
 
1505011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二の丸池の畔

二の丸池の畔には、ナスヒオウギアヤメとカキツバタ、それにこの時期あちこちの道端で見らるうシランが咲いとったと。
また池の水面にはヒメコオホネていう黄色い可愛い花がいっぱい咲いとうとよ。
ちいと淋しい咲き方ばってが、もうちいとしたら池のぐるりば取り巻くごと派手派手なサツキが咲き乱れると。
そしてサツキが散り始める頃、こんどは菖蒲田の菖蒲が見頃ば迎えるとよ。
いよいよこれからが二の丸庭園の花盛り本番たいね。

 
1504455_2
 
1504453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二の丸庭園の藤棚

二の丸庭園の散策路にある藤棚にまさに藤色の藤の花と白い藤の花が見頃になっとったと。散策路の奥側から撮ったら、藤の花の房が見事な藤色のカーテンのごと広がっとうと。そしてその背景にはアングルによってヤマツツジが見えたり、クルメツツジが見えたり、二の丸池が写ったりするとよ。
手前側から撮ったら、白と藤色のツートンカラーのカーテンのごと見えると。そして背景には今が満開のシャガが白い斑点のごと写るとよ。
藤ていうたら、なんて言うても足利フラワーパークが一番有名ばってが、今の時期は観光客でごった返しとろうが。その点、二の丸庭園は静かで落ち着いた雰囲気の中でこげな綺麗な藤の花が見られてからとても良かとよ。

 
1504446
 
1504449
 
1504450
 
1504443
 
1504451

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマツツジとキンラン

皇居東御苑の二の丸雑木林でヤマツツジが鮮やかに輝いとうとよ。
中には盛りば過げて、足元に花びらが散り積もってから、これまたなかなか風情があると。
大空に向こうて真っすぐに伸びる竹林にも、鮮やかなヤマツツジが良う似合うとよ。

クルメツツジのごといろんな色が混ざっとらんで朱色一色で、しかも枝ば刈り込んだりせんでから自然のままの姿が雑木林に溶け込んでからなかなか良かと。
また、雑木林の中には、良う気をつけて見らんと見逃してしまうごと、ひっそりとキンランが咲いとうとよ。
 
1504436
 
1504437
 
1504438
 
1504439
 
1504457

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山と茶畑

いつもの通り夜明け前に目が覚めたと。
すぐにTVばつけてから天気予報ばチェック、富士市方面は朝から良か天気ていうこったいね。チャンス到来たいね。来週には台風の影響もあろうごたあし、ひょっとしたら今日が今シーズンのラストチャンスやないかて思うたらもう止まらんと。即行動、5時前に我が家を出発したと。狙いは富士山が綺麗な茶畑たいね。
東関道ばひたすら西へ、ナビに逆らってレインボーブリッジば渡らんで更に西へ。
そして大井JCTから3月に全線開通した中央環状線に突入。ピカピカの一本道の山手トンネルは快適そのものたいね。あっと言う間に大橋JCTから東名に乗ったと。

富士ICば降りて地図ば頼りに今宮の絶景スポット探したいね。地図がアバウトな地図やもんやき右往左往してやっとこさ探し当てたと。現場には既に先客が2名、富士山には小さな雲がかかっとうとばってが、そこそこのコンディションたいね。夢中でシャッターば切ったと。
 
気が付いたら8時ば回っとったと。もう1箇所の絶景スポット大淵笹場ば探して移動開始したとばってが、これまたアバウトな地図が頼りにならんと。右往左往しよったらいつの間にか富士山が雲隠れしてしもうたと。ここは車のCMで登場する有名なスポットたいね。途中で探すのば諦めて次回の楽しみに取っとくことにしたと。
 
1505063
 
1505060
 
1505061
 
1505076
 
1505071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二の丸庭園のクルメツツジ

4月30日、早う行かんと終わってしまうて気になっとった皇居東御苑の二の丸庭園にクルメツツジば撮りに行って来たと。
ここは根津神社と違うて、朝一番で行ったら人影ば入れんで撮ることが出来ると。
9時の開門直後に入ったら、期待しとった通り殆ど人影は無いと。
お目当てのクルメツツジは超満開で、花が傷み始めるギリギリのタイミングやったと。
去年は来んやったとばってが、いつ見てもここのクルメツツジは素晴らしいと。ピンク、赤、赤紫の中にアクセントで白が入ってから、まるで特上の絨毯のごたあと。背景の二の丸雑木林の新緑も目に優しいと。
ここが東京のど真ん中なんて、とても信じられんとよ。
帰りがけに百人番所前のツツジも撮ってみたと。

1504423
 
1504426
 
1504427
 
1504428
 
1504432
 
1504440
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賑やかな前庭の花たち

フラワーミュジアムの中庭はリニューアルしてからすっかり様子が変わってしもうたとばってが、前庭は小規模改造であんまり代わり映えがせんと。
逆に入り口付近にあった華やかやったチューリップ畑が無うなってしもうたもんやき、ちいと淋しい気もすると。

ただ建物寄りのエリアはネモフィラ、ノースポール、キンギョソウ、イーストアリッサム、モモイロタンポポ、アイスランドポピーやらが咲き揃うてからとても美しいと。
 
1504371
 
1504372
 
1504377
 
1504381

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村田川の鯉のぼり

先日はわざわざ香取市まで鯉のぼりば撮りに行ったとばってが、近場でも見ごたえのある鯉のぼりが泳ぎようと。
昨日の子供の日、千葉県地方は午前中は曇り空やったとばってが、14時過ぎぐらいから急速に青空が広がったと。
チャンス到来たいね。青空に元気よう泳ぐ鯉のぼりに逢いに瀬又地区ば流れる村田川へGO!15時ごろ現地に着いたら駐車場も見物客もいっぱいでからたまがったと。14時まで餅つき大会やら子供の日のイベントがありよったもんやき、家族連れが大勢押し寄せて来とったとよ。
肝心の鯉のぼりばってが、思うとったよかいっぱい泳いどってから、なかなか見応えがあるとよ。時々ちょうど良かぐらいの風が吹くもんやき、ほんなこと鯉が泳ぎようごと見えるとよ。
空は真っ青に晴れ渡り、村田川の水面にも鯉のぼりが泳ぎようとよ。
田植えが終わったのどかな田舎の風景にほっと癒されると。

 
1505032
 
1505036
 
1505041
 
1505038
 
1505037
 
1505047
 
1505049
 
1505052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苧環(オダマキ)

長いこと工事しとったフラワーミュジアムの中庭がようやく完成したと。
以前あった池は無うなり、散策路はウッドデッキになってから、車椅子でも見学出来るごとなったと。
温室側にはステージも出来て、早速リニューアルオープンイベントでハワイアンコンサートやらタヒチアンダンスやらも披露されたと。
レストランと中庭の仕切りも簡易なもんになり、レストランのオープンデッキと中庭が一体化したとよ。

ただ庭木や花は植えたばっかりやもんやき、なんかまあだ庭全体がスカスカていう感じたいね。そげな中で一際華やかに咲いとうとが苧環(オダマキ)たいね。青やら紫やら黄色やら、色とりどりの花が中庭とアトリウムで目をひいたと。
 
1504411
 
1504403  
 
1504408
 
1504405
 
1504394
 
1504395  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地の思い出

マンションの植え込みにライラックが咲き、近所の団地のフェンス脇にスズランが咲いとうと。
あれから22年、転勤で5年間過ごした北海道の光景が思い出されてからとても懐かしいと。
あれは6月の上旬ぐらいやったげな気がすると。爽やかな初夏の風が吹き抜ける札幌の大通公園にはライラックが咲き誇り、平取の奥深い山中には足の踏み場も無いごとスズランが群生しとったと。
札幌の郊外の滝野すずらん公園では、園内ば流れるせせらぎに沿うごとスズランとツツジが綺麗に咲いとった光景も思い出すとよ。

そげな遠い記憶ば懐かしみながら、近所の団地のすずらんばアップで撮ってみたと。
群生地の雰囲気は微塵も感じられんとばってが、可愛らしい姿は表現出来たげな気がすると。
1504356
 
1504358
 
1504361
 
1504362
 
1504366

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきいき山田鯉のぼりまつり

昔はこの時期になったら、田舎の民家の庭に元気に泳ぐ鯉のぼりば良う見かけたとばってが、このごろは都会はもちろんのこと田舎でもあんまり見られんごとなってきたと。
その代りに、あちこちで町の活性化とか観光の目玉として、鯉のぼりまつりていうイベントが開かるうごとなってきたとよ。
4月27日、第26回香取市山田の鯉のぼりまつりに行って来たと。
橘ふれあい公園ていう農村の公園の脇に橘堰ていう水辺があり、それにつながるごと水田が広がっとうと。その水田の上空に約200匹の鯉のぼりが泳ぎようとよ。
ここに来たとは一昨年に続いて2回目になるとばってが、2年前よかつつじの花の咲き具合が良かったもんやき、土手のつつじにもモデルに参加してもろうたと。
なんかやっぱあその季節ならではの風物詩ていうか、田舎の原風景ていうか、ほっとするげな心が休まる光景たいね。

1504327
 
1504331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生命の森リゾートつつじ園

4月25日、長柄町の命の森リゾートつつじ園の無料解放が始まったもんやき覗いて来たと。
ここの見どころは旧スイス大使館ばそのまま移築した和食レストラン翠州亭の建物、その前に広がるつつじ園、そのつつじば映し込むプールの水面、更にプールの外側の土手のつつじていう他じゃあ見られん光景たいね。
ただ毎年残念に思うとが、つつじ園のつつじとプールの土手のつつじの開花時期がちいとづれとうこととプールが汚れとうこったいね。
ここが出来たての頃は、プールもピカピカで青空やらつつじの映り込みがとても美しかったとよ。
この日も、プールの土手のつつじは見頃になっとったとばってが、つつじ園の方はまあだ今からていう状態やったと。

1504312
 
1504318
 
1504317
 
1504315

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠間つつじ公園

ひたち海浜公園の帰り道、笠間つつじ公園に寄って来たと。
つつじ祭りが始まっとったとばってが、まあだ2~3分咲きやもんやき、入園料は無料になっとったと。
ここに来たとは3回目になるとばってが、さすがにつつじ公園て言うだけに、そこそこの老木もあると。また、山の裏側の斜面には若い木もいっぱい植えてあってから、将来が楽しみたいね。
早咲きのつつじの木ば探してちょっとだけ撮って来たと。

1504304

1504306

1504307

1504309








| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »