« 御岳山のレンゲショウマ | トップページ | 光の庭のアサガオ »

女郎花

今朝は急に気温が下がってから一気に秋の気配たいね。
フラワーミュジアムの前庭じゃあ待ってましたとばかりに秋の七草の女郎花が咲き始めたと。
ルドベキアやらガウラやらの夏の花に代わって、そろそろ秋の花が咲き始めたとよ。

女郎花ば見たら万葉集のロマンチックな歌ば思い出すとよ。
「わが里に今咲く花の女郎花堪えぬこころになほ恋ひにけり」巻10-2279作者不詳
私の里に今ちょうど咲いている女郎花の花を見ると、私は自分の心をおさえきれずに貴女のことが恋しくて仕方がないよ、ていう恋心を歌うたもんたいね。
万葉人はなんと奥ゆかしくロマンチストなんやろうて感心するとよ。

1408247

1408250

1408251

1408252

1408253












|

« 御岳山のレンゲショウマ | トップページ | 光の庭のアサガオ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538767/60217943

この記事へのトラックバック一覧です: 女郎花:

« 御岳山のレンゲショウマ | トップページ | 光の庭のアサガオ »