« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

大山千枚田の稲刈り

東京から一番近い棚田として有名な鴨川の大山千枚田の稲刈りば撮りに行って来たと。
昨日に続いて今日が稲刈りの二日目やったとばってが、ここ数日の雨でたんぼはぬかるんでから稲刈りしよんしゃあ棚田のオーナーも悪戦苦闘たいね。
殆どのオーナーが稲作の初心者やもんやき地元の農家の人に手ほどきば受けながら、おぼつかない手つきで稲刈りに汗ば流しよんしゃったと。

棚田オーナーは家族連れが多く、子供たちは稲刈りはそっちのけで畦道ば走り回ってからとても楽しそうたいね。
小生は九州の農家で生まれ育ったもんやき、子供のころから田植え稲刈りは厭ていうほど手伝わされた、ていうよか戦力やったもんやき今更やりたいなんてなあも思わんとばってが、都会の人間にとっちゃあ良かレクレーションのごたあとよ。

棚田の一番上の道路脇には朝ドラのヒロインの案山子も立っとってから、実りの秋の演出に一役買うとったと。

1408276

1408282

1408290

1408283

1408288

1408300
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

温室の花たち

フラワーミュジアムの温室にハイビスカスが咲いとうと。
葵科芙蓉属の花やき立葵やら芙蓉に良う似とうったいね。
ただ、立葵やら芙蓉と比べたら雌しべが極端に長いと。
ハワイの州花でレイに使われるとで有名たいね。

温室の2階にはストレリチアが咲いとうと。極楽鳥花て言うた方が馴染みがあるとかもしれんね。ときどき生け花にしたあとば見かけることがあるとばってが、ほんなこと極楽鳥に良う似とうったいね。

温室ば出たら室内花壇にデュランタが咲いとったと。これも夏の花ばってが、藤色がとても美しいと。

1408269

1408271

1408268







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーダーガーデンの花たち

フラワーミュジアムのボーダーガーデンにはまあだ夏の花が頑張っとうと。
ボーダーガーデンの入り口には紫色の小さな花ば咲かせる木があると。ソラナムていうナス科の植物たいね。花がナスの花にそっくりたいね。

薄紫やらピンクやら白い小さい花ばいっぱい付けた草花はアンゲロニアていう花たいね。これはゴマノハグサ科やき花の形がリナリアにそっくりたいね。

そしてこの時期にボーダーガーデンで幅ば効かせとうとがネコノヒゲたいね。名前の通り猫の髭にそっくりやろうが。この花は沖縄やら東南アジアじゃあ薬草として重宝されとうとよ。利尿剤やら血圧降下剤の原料になるとよ。

1408254

1408255

1408256

1408260

1408259













| | コメント (0) | トラックバック (0)

光の庭のアサガオ

フラワーミュジアムの光の庭のアサガオが美しいと。
随分前から展示してあったアサガオがまた息ば吹き返したごと元気に咲いとうとよ。
天候にも左右されるとやろうばってが、光の庭はあんまり風も当らんき水と肥しさえやっときゃあ花が長持ちするとかもしれんね。

我が家でも7月8日に入谷のあさがお市で買うてきた沖縄あさがおが一鉢あると。
買うてきてから日当たりの良か南向きベランダに置いとったら、強風でダメージば受けてから花がなかなか咲かんとよ。それで先日風の当たらん西向きベランダに移したら元気ば取り戻して一昨日から毎日花ば咲かせるごとなったと。
沖縄あさがおは管理さえうまいことしたら11月まで花ば咲かせるげなやきまあだ当分は楽しめそうたいね。

1408261

1408266

1408265

1408262

1408263

1408264

1408267



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

女郎花

今朝は急に気温が下がってから一気に秋の気配たいね。
フラワーミュジアムの前庭じゃあ待ってましたとばかりに秋の七草の女郎花が咲き始めたと。
ルドベキアやらガウラやらの夏の花に代わって、そろそろ秋の花が咲き始めたとよ。

女郎花ば見たら万葉集のロマンチックな歌ば思い出すとよ。
「わが里に今咲く花の女郎花堪えぬこころになほ恋ひにけり」巻10-2279作者不詳
私の里に今ちょうど咲いている女郎花の花を見ると、私は自分の心をおさえきれずに貴女のことが恋しくて仕方がないよ、ていう恋心を歌うたもんたいね。
万葉人はなんと奥ゆかしくロマンチストなんやろうて感心するとよ。

1408247

1408250

1408251

1408252

1408253












| | コメント (0) | トラックバック (0)

御岳山のレンゲショウマ

今年はタイミングば失したもんやきレンゲショウマは諦めようて思うとったとばってが、まあだ見頃が続いとうていう情報があったもんやき急遽行って来たと。
例年は電車ば乗り継いで行くとばってが、今年はマイカーで行ってみたと。
京葉道路、首都高、中央道、圏央道ば使うたらちょうど2時間で着くとよ。
今日はレンゲショウマまつりの真っ最中で日曜日やもんやき駐車場は特別に6:30開場でケーブルカーは7:00から運行すると。8:40に現地に着いたら予想通り駐車場には満車の表示があると。ところが係員が「最後の1台です」て言うて入れてくれたとよ。こげなこともあるっちゃねえ、超ラッキーたいね。

御岳山富士峰園地北斜面はレンゲショウマの日本一の群生地ていう触れ込みで、約5万株のレンゲショウマが群生しとうげなたいね。現地ガイドの話じゃあ今年は例年よか1週間遅れで、昨日と今日が満開のピークらしかと。ほんなこと今日は重ね重ねラッキーな一日たいね。
そげな訳やき今日は群生しとる様子ばワイドでも撮ってみたとよ。去年までは可憐な花のどアップ中心に撮りよったとばってが、今年ぐらい花の数が多かったらワイドでも絵になるとよ。

撮影が終わったら例によって日帰り温泉たいね。今日は奥多摩温泉もえぎの湯に浸かって来たと。それにしても人気絶頂の温泉で入浴するとい30分も待たされたと。そばってが、なかなか良か温泉で待った甲斐があったと。

1408224

1408228

1408234

1408236

1408238

1408239

1408240

1408243

1408245

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝焼け 2014.8.23

夜明け前、幕張アパホテルが朝日ば浴びて輝き始めたと。
東の空ば見たら朝焼けがとても美しいとよ。
早速、カメラば三脚にセットして、まずは北の空に輝くアパホテルば撮ったと。そして今度は南側のベランダに移動して千葉ポートタワーやら千葉市中心部のビル群ば撮ったと。
やがて東の空から太陽が顔ば出して来たもんやき日の出の風景ば撮ったとよ。
まあだ残暑が厳しい日が続きようとばってが、朝の光景やら空気感は秋の気配が漂い始めたと。

1408216

1408217

1408218

1408219

1408220

1408221
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖畔の赤富士

ヒマワリと赤富士の撮影ば早めに切り上げて次の撮影スポットに急いだと。
もうちいとじっくり撮りたい気持ちもあったとばってが、朝日が高うなるにつれて赤富士の色がだんだん薄うなるもんやき、気になるスポットに移動したとよ。
その気になるスポットは山中湖畔の親水公園とパノラマ台たいね。
親水公園に着いたとが5:35、富士山の赤味がだいぶん薄うなってきとったとばってが、なんとか赤富士て言える程度に赤味が残っとったと。
湖面は風も無く穏やかなもんやき逆さ赤富士がとても美しいと。これは期待以上の映り込みたいね。
親水公園で7~8枚シャッターば切って急いでパノラマ台に向うたと。パノラマ台に到着したとが5:53、富士山の赤味はますます薄うなってしもうとったと。
パノラマ台の駐車場は去年同様、常連さんのキャンピングカーでほぼ満車状態たいね。駐車場の端っこには三脚がずらり並んどうとよ。中にはキャンピングカーで朝食の準備中のカメラマンもおらっしゃったと。カメラマン諸氏の執念には脱帽たいね。
ここでも7~8枚シャッターば切って早々に帰路についたと。
往路は中央道やったとばってが復路は東名たいね。御殿場から乗ってすぐの足柄SAで温泉に浸かってスッキリしてきたとよ。

1408207

1408210

1408211

1408215








| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤富士とヒマワリ

昨日、山中湖村と富士吉田市の天気予報ばチェックしたら、今朝は快晴の予報になっとったと。赤富士の撮影チャンス到来たいね。
ヒマワリの状況ば電話で確認したら、台風11号のダメージから回復して綺麗に咲いとうていう返事たいね。
夜中の1時に家ば出ていざ山中湖へ、PAで休み休みゆっくり行ったとばってが、それでも4時に花の都公園に着いたと。
早速撮影ポイントば探したところ、一番富士山寄りの畑のヒマワリはまあだ蕾やったと。やむなくその手前のちいと規模の小さい畑のヒマワリば前景に入れて撮ることにしたと。

日の出前の4時半、富士山の5合目から山頂にかけて山小屋やら登山者の明かりの列が良う見えると。1枚目の写真は、ISO感度ば1600まで上げて、ヘッドランプでヒマワリば照らして20秒露光して撮ったとよ。
3枚目の写真は5時過ぎで、朝日ば浴びた見事な赤富士たいね。

ヒマワリはメインの畑がまあだ蕾やったき残念やったとばってが、赤富士は今まで見た中じゃあ一番の赤富士やったと。

1408196

1408198

1408203

1408206




| | コメント (4) | トラックバック (0)

狐の剃刀

泉自然公園のキツネノカミソリが見頃になったき撮って来たと。
谷間の群生地には立入禁止のロープが張ってあるもんやき、花が傷まんでとても美しいとよ。

早春に細長い葉が出て、夏草が生い茂る頃にはその葉が枯れてしもうて、お盆の頃に花ば咲かせると。葉の形がカミソリに似て、花が狐色ばしとうもんやきこげな名前が付いたていう説があると。
お彼岸の頃に咲く彼岸花と同じ彼岸花科の花たいね。お盆やらお彼岸の頃に咲いてからどっちも仏様に縁がある花たいね。

1408162

1408167

1408171

1408174

1408166

1408169

1408183

1408191

1408187

1408188


























| | コメント (0) | トラックバック (0)

百日草と向日葵

コキアのライトアップまでうんと時間があるもんやきみはらしの丘の周辺の景色ば撮ってみたと。
古民家ば再現したみはらしの里にはヒャクニチソウとヒマワリが咲いとったと。
ここのヒャクニチソウは、山中湖花の都公園のヒャクニチソウには及ばんとばってが、背景に背中ば向けたヒマワリとみはらしの丘があってから、そこそこ良か景色たいね。
ヒマワリは古民家の茅葺屋根がお似合いで、それなりに田舎の原風景って感じがするとよ。

1408134

1408130

1408125

1408129

1408128











| | コメント (0) | トラックバック (0)

コキアのライトアップ

昼間にみはらしの丘でコキアば撮ってライトアップまで時間がたっぷりあるもんやき、シーサイドトレインに乗って園内ば散策してから、ライトアップ開始1時間前にみはらしの丘に戻ったと。
あらかじめ下見ばしとったき、みはらしの丘全体が下から一望出来るスポットに三脚ば立てて夕暮れば待ったと。
定刻の18時にライトアップが始まったと。絞り優先モードで撮り始めたとばってが、ライトがぼやけんでダイヤモンドのごと放射線状に光り輝くごと22まで絞り込んで撮ったとよ。
そしたらだんだん暗うなるに従ってシャッタースピードが遅うなって来たと。あんまり遅うなるもんやき最後の頃はISO感度ば1600まで上げて撮ったもんやき粒子がちいと荒うなったと。
コキアのライトアップは初めて見たとばってが、そこそこ良かったと。欲ば言うたらもうちいとライトの当て方に工夫があっても良かったかなて思うたと。それにしても2時間半かけてはるばる来た甲斐があったと。
19時半に撮影ば切り上げて帰路についたとばってが、その頃はみはらしの丘は見物客で大賑わいやったと。駐車場に向かう帰り道じゃあこれから来る人波ばかき分けるごとして帰って来たと。21時までやるもんやき、まあだいっぱい見物客が押し寄せて来ようとよ。昼間の閑散としたみはらしの丘がウソのごたあと。

1408144

1408148

1408150

1408151

1408154

1408156

1408157

1408160






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏のコキア

国営ひたち海浜公園でコキアのライトアップがありようもんやき行って来たと。
ここには春先の水仙、初夏のネモフィラとチューリップ、秋のコキアの紅葉とコスモスはなんべんも撮りに行ったことがあるとばってが、この時期に行ったとは初めてたいね。
折角2時間半もかけて行くとやき、ライトアップの前に昼間の風景も撮ろうと思うて行って来たとよ。

12時半頃着いたとばってが、空は晴れて形の良か雲が浮かんどったもんやき、まずは「みはらしの丘」に直行したと。そしたら青々としたコキアが「みはらしの丘」ば覆い尽くして、それはそれは見事な風景たいね。
こげな景色はなかなか見られんとい、見物客はちらほらしかおらんとがもったいないごたあと。狙いは夜のライトアップばってが早めに来てから大正解たいね。

1408111

1408110

1408109

1408114

1408120











| | コメント (0) | トラックバック (0)

モネパレット

フラワーミュジアムの前庭のヒマワリもそろそろ終わりになりようと。
ここのヒマワリは背丈が低うて、いろんな色の花ば咲かせるモネパレットていう品種たいね。
最初に咲き始めた黄色いヒマワリはもう終わってしもうたとばってが、一番後から咲いた黒っぽい花はまあだ咲いとうと。
早咲きから遅咲きまで結構長い間楽しめたとばってが、いよいよ終わりが近づいて来たごたあと。

1408094

1408095

1408098







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナツズイセン

昭和記念公園に夏水仙が咲いとうと。
水仙に似とうもんやきこげな名前が付いとうとばってが、彼岸花の仲間たいね。
彼岸花の仲間のことば総称してリコリスて呼んだりするとばってが、この時期に咲くキツネノカミソリもその仲間たいね。
一番早う咲くとが夏水仙、次に咲くとが狐の剃刀、そしてお彼岸に咲くとが彼岸花たいね。

1408077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トケイソウ

昭和記念公園の花木園売店前にトケイソウが咲いとうと。
3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針に見えるもんやき時計草ていう名前が付いとうとよ。
中南米の熱帯・亜熱帯域が原産地で、交配に交配ば重ね今じゃあ500種以上もあるげな。
2枚目の写真はブラジル原産のクダモノトケイソウで、その実はパッションフルーツて呼ばれる果物たいね。

1408065

1408063




| | コメント (0) | トラックバック (0)

カノコユリ

昭和記念公園の散策路ば歩きよったら藪の中にユリの花が見えたと。
近くに行ってみたら綺麗なカノコユリやったと。

花弁が反り返って、花弁にはピンクのつぶつぶがいっぱいあると。
このつぶつぶが鹿の斑点に似とうもんやき「鹿の子ユリ」ていう名前が付いとうとよ。

1408074

1408075




| | コメント (0) | トラックバック (0)

サギソウ

今年も昭和記念公園でサギソウまつりが始まったと。
西立川口から入ってすぐのとこに特設会場ば作ってサギソウが展示してあるとよ。
ボランティアの方の話によるとまあだ開花がはじまったばかりらしく、花の数は少なめやったと。
それでも例年通り写真撮影用にサギソウの鉢の貸出がありよったもんやき、黒い背景用の板と一緒に借りてから撮って来たとよ。

また花木園菖蒲田の木道下の湿地で自生地ば復活させようていう努力もされとうと。今のところ毎年少しずつ植え足しようげなばってが、鉢植えじゃのうて自然に近い形で花ば咲かせるサギソウはなかなか見られんごとなったと。

1408068

1408071

1408066








| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズスマイル

久しぶりに昭和記念公園に行って来たと。
この時期は花の数は少ないとばってが、夏の花の代表格ヒマワリはどこの公園でも咲いとうったいね。
ここのヒマワリはキッズスマイルていう品種げなたいね。
ヒマワリていうたら畑に迷路ば作ったりするごと背丈が高いとが多いとばってが、キッズスマイルはその名の通り子供サイズやき写真ば撮るとい脚立もなあもいらんとよ。
ただやっぱあヒマワリは背が高い方が迫力があって良かね。
畑もそげえ広うないし、いまいちやったと。

1408088

1408091

1408093







| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕張ビーチ花火フェスタ その3

その3は合成写真たいね。
一昨日撮った花火の写真ばフォトショップで合成してみたと。
2枚とも左右の花火ば貼り付けたとよ。
やっぱなんか不自然なとこがあるとばってが、派手にはなったね。

1408062

1408061


| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕張ビーチ花火フェスタ その2

昨日の花火大会の写真の内、比較的高さが高い花火については縦アングルで整理ばしてみたと。

1408029

1408031

1408033

1408035

1408038

1408039

1408045

1408046

1408048

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕張ビーチ花火フェスタ その1

第36回千葉市民花火大会が幕張の浜であったと。
例年、マンションの部屋からビール片手に見物するとばってが、今年はちいと近くから写真ば撮ってみようて思うて検見川の浜に行ってみたと。
行ってみてびっくり、稲毛の浜から検見川の浜まで見物客で大賑わいたいね。中には仲間と酒盛りばして盛り上がっとうグループもあると。

定刻の30分前に検見川の浜に三脚ば立てて準備しとったら15分前にいきなり花火が打ち上がったと。ちょっと遠くばってが方向からしたら江戸川区花火大会じゃなかろうかね。
幕張ビーチじゃあ定刻の7:30に花火フェスタが始まったと。
やっぱあマンションの部屋から見るよかうんと近いもんやき迫力があると。
写真ば撮るとも良かアングルたいね。
うまい具合にタイミングが合うたら江戸川の花火も一緒に映るとよ。
今年は1時間の間に15,000発の花火が打ち上げられてなかなか見応えがあったとよ。

1408020

1408017

1408019

1408022










| | コメント (0) | トラックバック (0)

芙蓉

今年も芙蓉の花咲く季節が来たと。
あちこちの道端に咲いとうとばってが、毎年楽しみにしとうとは稲毛海岸駅近くの歩道たいね。
花が少ないこの時期、いかにも夏らしい派手なピンクの花が一際目立つとよ。

昔から美人のたとえに用いられとう花で、美しくてしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」て言うたりするげなたいね。
ハイビスカスのごと鼻は高うないとばってが、言ってみれば和風美人たいね。

1408003

1408004

1408006

1408002

1408007













| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »