« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

東京ドイツ村の夏

先日、年間パスポート更新時期が来たもんやき東京ドイツ村に行って来たと。
今回からシニア料金になったもんやき3,500円たいね。
だいたい年間10回ぐらい行くき楽々回収出来るとよ。

真夏の東京ドイツ村は子供の水遊び場だけが賑わって、ほかは閑散としとったと。
花も観覧車下のヒマワリの開花が遅れていまいちパッとせんとよ。
まず入り口ゲート付近にペチュニアが、そして入ってすぐのフラワーガーデンじゃあルドベキア、サルビア、ブルーサルビアが咲いとうと。
そしてアトラクションエリア付近にキバナコスモスが、クレオメが立ち枯れた中にポツンとヒマワリが数本あったと。
またアトラクションエリアの脇にちいと涼しげなアサガオのトンネルがあったとよ。

1407375

1407381

1407384

1407387

1407395

1407390














| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムのヒマワリ その2

フラワーミュジアムのヒマワリはモネパレットていう品種のヒマワリで、色々な花がミックスで咲くとよ。
咲き始めの頃は、ごく一般的な黄色い花とちいとばかり色が薄い花が咲いとったとばってが、先日行ってみたら今度は濃い茶色のヒマワリが咲いとったと。
こげえ色が違うといみんなモネパレットていう品種げなたいね。
その先祖は別々の品種やったとが交配してこげえなったっちゃろうかね。

1407333

1407330

1407327

1407329

1407325

1407324
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけぼの山農業公園のヒマワリ その3

ヒマワリ畑の周囲には早くもコスモスが咲いとったと。
コスモスていうたら秋の花ていうイメージばってが、最近は夏でもあちこちに咲いとうとが見らるうと。種ば早めに撒いたら早めに咲くっちゃろうかね。
写真ば撮りよったらヒマワリの花にアマガエルがおったと。まあだ眠たいとやろうかね、あんまり動かんとよ。

1407365

1407369

1407371







| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけぼの山農業公園のヒマワリ その2

あけぼの山農業公園のヒマワリのお決まりのアングルは花と風車たいね。
風車は西の方向ば向いとうもんやき早朝は逆光になるとよ。
ほんやきヒマワリと風車ば入れたらヒマワリはみんな背中ば向けとんしゃあとよ。
ヒマワリの大きな顔ば正面から映したら風車は映らんとよ。

ヒマワリ畑ていうたら黄色い海のげな風景が一面に広がっとう景色ばイメージするとばってが、ここは海ていうよか池ていうぐらいの広さたいね。脚立に乗っても高さが足らんもんやき海のげなイメージば出そうとしたら、あんまりパッとせん背景まで入ってしまうとよ。背景ばギリギリにカットしたらこの程度の大きさの池になるとよ。

1407358

1407347

1407349

1407360








| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけぼの山農業公園のヒマワリ その1

あけぼの山農業公園にヒマワリば撮りに行ったと。
狙いは風車の脇から顔ば出す日ノ出の風景たいね。
日の出の予定時刻は4:43、現場に4:15に到着したら既に先客が1名。
筑波からのカメラマンやったとばってが、筑波からは僅か20分で着くげな。こっちは県内なのに1時間強もかかるとい、茨城県から僅か20分で来るなんてちょっと変。

東の空には靄がかかっとうもんやきダイヤモンドのげな日の出は期待出来んと。
良く目ば凝らして見よったら4:51、靄の中に赤い太陽がかすかに見え始めたと。そしてだんだんその色が濃ゆうなって来てから、東の空ば薄紅色に染め始めたとよ。
持参した脚立の上から、そして脚立から飛び降りて別のアングルから、撮りまくったとよ。
狙い通りのダイヤモンドのげな光ば放つ太陽は拝めんやったとばってが、これはこれで雰囲気のある絵になったと。

1407340

1407345

1407346

1407341









| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡蓮

川村記念美術館散策路の池に睡蓮が咲いとったと。
白い花と赤い花そして水面に映り込んだミソハギのピンクのコラボレーションがとても涼しげで、しばらく眺めとったらいつの間にか汗も引いとったと。

1407316

1407319




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーギャンのヒマワリ

川村記念美術館自然散策路の広場にはゴーギャンのヒマワリも咲いとうと。
ホームページによればゴ゛ッホ、ゴーギャン、モネ、マティスの4種類のヒマワリが植えてあるて書いたあとばってが、立札はゴッホとゴーギャンしかないと。
ヒマワリ畑の4分の1ぐらいは生育不良個所があるき、それがモネとマティスのエリアかもしれんと。
ヒマワリ畑の一番奥のエリアがゴーギャンのヒマワリのエリアたいね。
ほぼ見ごろでからとても美しいと。

1407299

1407296


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴッホのヒマワリ

ヒマワリの季節になったと。ヒマワリて言うたらゴッホたいね。ゴッホが描いたヒマワリの絵は世界で11点あるて言われとるとばってが、先日その内の1点を損保ジャパン東郷晴児美術館で見て来たと。
1887年に安田火災海上が当時のレートで約58億円で買うたもんたいね。

そのゴッホのヒマワリが川村記念美術館でも見らるうと。こっちは絵やのうて本物のヒマワリの花たいね。川村記念美術館の自然散策路入り口の広場で見頃になっとうと。
ここにはゴッホのほかにゴーギャンていう名前のヒマワリも咲いとうと。
去年はマティスていう名前のヒマワリも咲いとったとばってが今年は見当たらんやったと。

1407307

1407315

1407311

1407306










| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムの温室

フラワーミュジアムの温室に珍しい花が咲いとうと。
正確に言うたら花やないと。花は赤と黄色の色鮮やかな苞に包まれて見えんとよ。
南米のペルーやらハワイあたりに分布しとうげなたいね。
なんかロブスターのハサミに良う似とうこの花の名前は、ヘリコリア・ロストラタて言うげな。

ヘリコリアの脇にはアンスリウムが咲いとったと。
この花は花屋さんの店頭でも鉢植えに植えてあるとばときどき見かけるったいね。
なんか造花のごと見えるとばってが造花やないとよ。
団扇に似とうもんやき別名で紅団扇て言うと。

1407286

1407288




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポーチュラカ

フラワーミュジアムのボーダーガーデンでポーチュラカが美しいと。
ブラジル原産のこの花は暑けりゃあ暑かほど良う繁る強健な花たいね。
強か日照りもへっちゃらで夏の花壇で一際輝いとうとよ。

赤、橙、黄、桃など色彩も豊かやもんやきマクロレンズでボカシば入れるとなかなか雰囲気が良かとよ。

1407292

1407293

1407294







| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムのヒマワリ

4日前にようやく咲き始めたばっかりやきまあだ見頃には早かろうと思うとったとばってが、今日行ってみてたまがったと。
あっという間に咲き揃うてから見頃になっとったとよ。
名札ば見たら「モネパレット」ていう品種で、色々な花がミックスで咲くヒマワリて書いてあると。
確かに、濃い黄色もありゃあ薄い黄色もあると。花の中心部分も黒っぽいとやら黄色やら色々たいね。
それにしてもとにかくたった4日でこげえ咲くなんてびっくりたいね。ひょっとしたら毎年行きよう川村記念美術館のヒマワリもそろそろ見頃が近いかもしれんき要チェックたいね。

1407267

1407269

1407270

1407271

1407273

1407277

1407279



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

花園ハス祭り観蓮会

花園ハス祭り観蓮会に行って来たと。
大賀ハス発見の地、検見川の東大グランドに隣接する元東大緑地植物実験所の中にあるハス見本園が観蓮会場になっとうとよ。
花園地区自治会の有志が主体となって結成された「大賀ハスのふるさとの会」が東大から見本園の管理ば引き継いで3年目、昭和42年に始まった観蓮会ば続けとんしゃあとよ。

初めて行ったとばってが、観蓮会の盛況振りにたまがったと。早朝から、次から次に観蓮客が押し寄せて来てから大賑わいたいね。
臨時駐車場となった花見川区役所から見本園までの角々にボランティアの案内人まで配置してから地区の大イベントになっとうごたあと。

見本園には珍しかハスがいっぱいあると。八重咲きやら黄色やら白の花やらあるとよ。去年埼玉県の行田に行ったときも外国の珍しかハスの花ばいっぱい見て来たとばってが、こっちの方が種類は多かろうごたあと。

観蓮会の帰路、東大グランドの中にある大賀ハスの種が見つかった場所にも立ち寄って来たと。広いグランドの一角に記念の石碑が立てられとったとよ。

1407263

1407222

1407219

1407233

1407248

1407224

1407253

1407261






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所のアサガオ

近所の高浜ショッピングセンターの外柵にアサガオが巻き付くごとして咲いとうと。
ここのアサガオも毎年咲く宿根アサガオたいね。
ただ今年はちいと花の付き具合が良うないと。
ひょっとしたら肥しが足らんとかもしれんね。

1407215

1407213




| | コメント (0) | トラックバック (0)

高洲公園のあさがお

今年も駅前の高洲公園の片隅にあさがおが咲いたと。
毎年同じとこに同じ時期に咲くもんやき楽しみにしとうとよ。
このあいだ入谷のあさがお市で買うてきたのと同じ宿根あさがおたいね。
写真ば撮りよったら通りかかった年配の紳士が「今年も綺麗に咲きましたね」と声をかけてきた。
小生同様、毎年このあさがおば楽しみにしとんしゃあとやろうね。

1407207

1407208

1407210

1407211










| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウインサムチラーブ

フラワーミュジアムの花壇がちいと寂しいと。
前庭じゃあクレオメが終わってからヒマワリが植えたあとばってが、ようやくポツポツと開花が始まったとこで、見頃にはあと半月ぐらいかかろうごたあと。

そげな中、裏庭に続くボーダーガーデンの日蔭に一際目立つユリの花が咲いとったと。
ハイブリッド系のウインサムチラーブていう品種のユリたいね。
日蔭のボーダーガーデンで周りば明るうしようて一人頑張っとう姿が愛らしいと。

1407139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツタカズラ

暑い日が続きようとばってがフラワーミュジアムのツタカズラは元気いっぱいだ。
炎天下もなんのそのコンクリートの壁面にびっしりとツタカズラが這うてから、まるで緑のカーテンのげな感じでなんとも涼しげたいね。

温室ん中でもマダガスカル原産のミツヤヤシの木の幹ば覆い尽くすごとツタカズラが巻き付いとうと。
その模様が面白いもんやきじいっと眺めとっても飽きんとよ。

1407155

1407151

1406452

1407148

1407150













| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレクトリック ラン 2日目

一昨日に続いて昨夜もエレクトリックランに行って来たと。
初日はゴール後の完走パーティーには行かんやったととストロボば使わんやったもんやき再チャレンジしたとよ。

まずはスタート地点で出発直前の盛り上がりば撮って、次に光のトンネルの出口付近のランナーば撮ったと。
ストロボば使うたもんやきランナーの姿はそれなりにクリアーに写ったとばってが、光のトンネルはストロボが無い方が綺麗に写るとよ。
そして最後に芝生広場の完走パーティーば見に行ったと。
DJがリードする大音響と光の演出で大盛り上がり、広場が大ディスコパーティー会場と化しとうとよ。もう、こげえなったらついていかれんと。早々に引き揚げたとよ。

1407189

1407192

1407194

1407199










| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレクトリック ラン

なんかこの頃は妙なイベントが流行りようと。
4月にはカラーパウダーまみれになって走るカラーランていうイベントがあった稲毛海浜公園で今度は光まみれの群集が夜に走るイベントがあったと。
両方とも2012年にアメリカで流行り出したイベントげなたいね。

エレクトリックラン実行委員会のホームページによると「光と音で彩られた約5kmのコースを光グッズを身に着けて走ったり、歩いたり、踊ったり自由に楽しみながらゴールを目指す夜のランニングイベント」ていうことげなたいね。

それにしてもものすごいエネルギーたいね。群集心理も手伝って参加者のテンションも並外れて高いとよ。

1407161

1407163

1407166

1407177

1407174

1407169

1407168

1407182

1407183

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿根アサガオ

先日、入谷のあさがお市で宿根アサガオば買うて来たと。
別名ノアサガオ、沖縄アサガオても言うこのアサガオの特長は11月まで次から次に花ば咲かせること、咲き終わったら植え替えて肥料ばやったらまた来年も咲くことたいね。
とにかく丈夫で長持ち手入れがし易いとが何よりたいね。

1407136

1407133




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほおずき市

浅草寺のほおずき市に行って来たと。
朝から小雨が降り続いとったとばってが、明日は台風の影響で天気が荒れ模様になると思うたもんやき今日行って来たとよ。
そしたらやっぱあ今日しかないと思うた人が多かったとみえて浅草寺の境内はごったがえしとったと。
仲見世ば抜けて本堂に近い宝蔵門の前にカメラマンが殺到しとったもんやき覗いてみたら、案の定、そこには極上の被写体があったとよ。
粋な格好ばしたお姉さんと少女の2枚看板の店たいね。
テレビカメラも2枚看板ばしっかり撮りよったと。
一通り見て回ったとばってが、お客さんの中には浴衣姿もちらほら見えてから、江戸の伝統行事の雰囲気ば盛り上げとったとよ。

1407107

1407109

1407110

1407113

1407118

1407117

1407122

1407120

1407128

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の散策路 その2

雨の散策路で紫陽花とオオガハスば撮って駐車場へ戻る途中、ヤマユリと桔梗ば撮ったと。
ヤマユリは全体としちゃあ盛りば過げて、雨に打たれて傷んだ花が目立ったと。
なるべく生きの良か花ば探して撮ったとばってがいまいちたいね。
紫陽花やらハスと違うてユリの花は雨はあんまり似合わんごたあとよ。

出口近くの桔梗はまあだ元気いっぱいやったと。
フレッシュな雨水ばいっぱい吸いあげて生き生きしとったと。

1407073

1407077

1407078

1407081

1407083













| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の散策路

朝からしとしと雨が降る7月4日、川村記念美術館の散策路には水が浮いてから紫陽花が映り込みとても良か雰囲気たいね。
紫陽花は盛りば過げとうとばってが、雨水ばいっぱい吸い上げて元気ば取り戻しとったと。

まあだ見頃が続くオオガハス池には傘ば差したカメラマンが5~6人、熱心にシャッターば切りよんしゃったと。

1407067

1407072

1407064







| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉公園のアガパンサス その2

7月3日、アガパンサスがそろそろ見頃やなかろうかて思うて千葉公園に行ってみたと。
オオガハスはめっきり花の数が減ってからもうおしまいたいね。
代わって今度はアガパンサスが見頃ば迎えとったとよ。

オオガハスと違うてあんまり人気のある花やないもんやきカメラマンは誰もおらんやったと。
一人三脚ば立ててゆっくり撮れたとよ。
時々行き交う人々がちょっと足ば止めんしゃあとよ。
小さな子供と散歩中のママはアガパンサスば見ることもなく、子供と機関車の方に行ってしまいんしゃったと。

1407050

1407046

1407047

1407051

1407054

1407057
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村記念美術館の桔梗

その昔、万葉の歌人山上憶良が詠んだ歌に「萩の花尾花葛花なでしこの花女郎花また藤袴朝顔の花」ていうとがあると。
これはいわゆる秋の七草ば詠んだ歌ばってが、この歌じゃあ「桔梗」ば「朝顔」て詠んだげなたいね。
確かに花の形は朝顔に似とうったいね。

この桔梗が川村記念美術館の入り口付近で今見頃になっとうとよ。
この時期ここば訪れる人はまずはこの桔梗の歓迎ば受けて、皆さん立ち止まりんしゃあとよ。

1407038

1407040

1407045b

1407043

1407045













| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村記念美術館のオオガハス その2

ヤマユリば撮ってからハス池ば覗いてみたと。
もう終わっとうかて思うとったとばってが、まあだいっぱい咲いとったと。
蕾もいっぱいあってから、蕾の先端にトンボが羽ば休めとったと。
ここは山ん中で窪地になっとうもんやき千葉公園よか気温がちいと低いっちゃなかろうかね。
千葉公園のオオガハスよかおおかた10日ばかり遅いげな気がするとよ。
この前来たときよかカメラマンの数も多かったと。

1407019

1407018




| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村記念美術館のヤマユリ その2

昨日は久し振りに朝から良か天気になったもんやき、川村記念美術館の自然散策路に行って来たと。
狙いはヤマユリたいね。花の数も多うてしかもちょうど見頃で、自然散策路には三脚がずらっと並んだと。
特に一輪だけ超人気のユリがあってから、この花の前は撮影の順番待ちが出来るげな状態やったとよ。
林から木漏れ日が差し込んでユリの花びらはスポットライトば浴びたごと輝いとうと。そして背景には丸ボケも出来てからなかなか良か雰囲気たいね。
まあだオオガハスも咲いとうし、紫陽花、睡蓮、桔梗やらも見頃やもんやき、自然散策路は大賑わいやったと。

1407030

1407033

1407029

1407026








| | コメント (0) | トラックバック (0)

月下美人 その2

昨夜に続いて今夜も近所の公民館に夜の女王に逢いに行って来たと。
昨夜は3個咲いたとばってが、今夜はいっぺんに10個も咲いたと。
こげえいっぱいいっぺんに咲いたとば見たとは初めてたいね。

昨夜は観客はたったの4人やったとばってが、今夜は情報がいっぱい広がっとったのと、夜の部の公民館利用者が多かったこともあって大賑わいやったと。延べ50人ぐらいはおったっちゃなかろうかね。
中には初めて見る人もおってから感激しよんしゃったと。
残る蕾はあと1個になってしもうたき、今回はこれでおしまいたいね。
元気ば取り戻したら2~3ヶ月後にもういっぺん咲くかもしれんき楽しみたいね。

1407011

1407014

1407006

1407009

1407003












| | コメント (0) | トラックバック (0)

月下美人

近所の公民館のロビーに樹齢20年前後、樹高2.5mの月下美人が1本あると。
そろそろ咲きそうやったもんやき昨夜8時に行ってみたら、14個の蕾のうち3個が開き始めとったと。
それにしても不思議な花たいね。新月の夜に開花するて言われとうとばってが、ほんなことその通りたいね。そもそも新月とは朔の後に初めて見える月のことば言うとばってが、それが月齢で言うと2~3になるとよ。昨夜の月齢は2前後やきぴったりたいね。
ただ蕾のときに昼夜逆転の環境にしてやったら昼間に咲くとよ。神奈川県の大船フラワーセンターじゃあ昼間に咲くごとしとんしゃあとよ。
開花した花は一晩しかもたんとばってが、体力が十分に戻ったら2~3ヶ月後にもういっぺん咲くことがあるげな。
残りの蕾があと11個あるき、今晩も夜の女王に逢いに行こうかな。

1406456

1406458

1406455

1406460











| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »