« 稲毛の浜のハマヒルガオ | トップページ | 磯根崎のハマヒルガオ »

石竹

近所の団地の花壇のフェンス際に石竹が咲いとったと。この石竹ていう花は撫子そっくりで違いが良うわからんと。
図鑑やらによると、ナデシコ科ナデシコ属セキチクは平安時代に中国から日本に入ってきたげなたいね。
ナデシコと比べて花弁の切れ込みが浅く、背丈がナデシコは30~100cmばってがセキチクは15~40cmしかないて書いてあると。そばってが、これはナデシコに限らんとばってが、最近じゃあ品種改良で園芸種の良う似た花がいっぱいあるもんやき違いが良うわからんとよ。
ちなみに「萩の花尾花葛花なでしこの花女郎花また藤袴朝顔の花」て万葉集に歌われとうなでしこはいわゆるカワラナデシコで日本古来のナデシコたいね。

1405011

1405012


|

« 稲毛の浜のハマヒルガオ | トップページ | 磯根崎のハマヒルガオ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538767/59606300

この記事へのトラックバック一覧です: 石竹:

« 稲毛の浜のハマヒルガオ | トップページ | 磯根崎のハマヒルガオ »