« 2009年4月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

オンシジューム

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンは行くたんびに様子が変わっとうもんやき楽しかと。
先日行ったときにはチューリップの中にオンシジュームが植えてあったもんやき撮って来たと。この前の洋ラン展では洋ランの女王カトレアが幅ばきかせとったと。それに比べてオンシジュームは花も小さく派手さは無いとばってが良く良く見たらなかなか可愛いかろうが。
光の庭のチューリップは相変わらず元気いっぱいやったと。

1401184

1401192

1401191

1401190










| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬ぼたん

28日の火曜日、国立西洋美術館で「モネ展」を、東京都美術館で「世紀の日本画展」をはしごして来たと。
モネも良かばって日本画の大迫力には及ばんと。横山大観の屏風絵やら平山郁夫の作品は畳数畳分はあろうかていう大作でから、ほんなことその大迫力に圧倒さるうとよ。

上野公園に行ったついでに上野東照宮ぼたん苑ば覗いて来たと。ちょうど冬ぼたんの見頃になっとうとよ。毎年、雪が降ったら行きようとばってが、今年はなかなか雪が降らんもんやき、上野に行ったついでに行ったとよ。やっぱあ冬ぼたんは雪景色の中で咲いてこそ輝くったいね。

冬ぼたんのほかにも水仙、梅、寒椿と並んで雪中四花に数えられる蝋梅も見頃やったと。またニホンスイセンも植えてあってから、冬のぼたん苑ば演出しとったと。

1401167

1401165

1401162

1401164

1401161

1401158














| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜明け前 2014.1.29

今朝の夜明け前、三日月と明けの明星が東の空に輝いとったと。
時刻は5:00、まあだ外は真っ暗でNHKやらNTTの電波塔のシルエットも夜空にくっきり浮かび上がっとうとよ。
そして夜明け間近になったら、東の空は茜色からブルーのグラデーションでとても美しゅうなってきたと。今日も良か天気になろうごたあね。

1401173

1401175

1401176







| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒椿

青葉の森公園の梅園に行ったついでに公園内ば散策しよったら、寒椿が咲いとったと。
そういえば、今シーズンは山茶花も寒椿も撮っとらんことに気が付いたもんやき撮ってみたとよ。
竹林ば囲うごと寒椿の生垣があってから、なかなか良か雰囲気やったと。

1401154

1401155

1401157







| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅の開花

あちこちで梅が開花しとうていう情報が聞かれるごとなったもんやき、青葉の森公園の梅園に偵察に行って来たと。
確かに開花しとうとには違いないとばってが、ようやく早咲きの品種がちらほら咲き始めたていう程度でからまあだ時間がかかりそうやったと。

1401146

1401147

1401148

1401151










| | コメント (0) | トラックバック (0)

をくずれ水仙郷

南房総は鋸南町の「をくずれ水仙郷」にニホンスイセンば撮りに行って来たと。
南房総にはここのほかにも「江月水仙ロード」ば始めニホンスイセンの群生地が何箇所もあってから、全国的にも有数のニホンスイセンの名所たいね。
水仙郷の中心部にある佐久間ダム周辺には駐車場もいっぱいあるもんやき観光客で混み合うとったと。
ここは何回も来たことがあるとばってが、範囲が広いもんやき今回は今迄歩いとらんとこば中心にそうつきまわったと。
24日に行った葛西臨海公園は平坦な花畑にスイセンが植えてあるだけであんまり絵にならんとばってが、ここは湖があり土手の斜面があり、変化があってからとても良かとよ。
今回特に念入りに撮った場所は山の斜面で、逆光に輝くニホンスイセンがとても美しかったとよ。

1401141

1401143

1401131

1401128

1401130

1401132

1401124

1401122

1401135

1401144


























| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリムラ・マラコイデス

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンにプリムラ・マラコイデスが咲いとうと。
プリムラの仲間はジュリアンやらオブコニカやらも有名ばってが、このマラコイデスもプリムラを代表する花たいね。
別名「西洋サクラサウ」ても言うとばってが、日本のサクラソウとは別の仲間たいね。
サクラソウよかむしろクリンソウに良う似た花たいね。

1401103

1401102




| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛西臨海公園の水仙まつり

葛西臨海公園でニホンスイセンが見頃ていう情報があったもんやき行って来たと。
ここはニホンスイセンの名所として有名な伊豆の下田市の協力ば得て、平成17年からニホンスイセンば植え始めて現在では20万本にもなっとうげなたいね。今じゃあ東京で随一のニホンスイセンの名所になっとうとよ。
今年の生育状況はあんまり良うないと。花壇によって咲き具合に結構バラツキがあるとよ。それでも20万本もあるもんやき良か香りが辺り一面に漂うとうとよ。
大観覧車も入れたりして撮ってみたと。

1401108

1401110

1401104

1401116

1401114

1401119
















| | コメント (1) | トラックバック (0)

光庭のチューリップ

フラワーミュジアムの光庭はチューリップの鉢植えで埋め尽くされてとても華やかな雰囲気たいね。
この光庭にはアトリウムフラワーガーデンから引き戸ば開けて出らるうごとなっとうとばってが、ベンチがあってから休憩さるうごとなっとうと。
アトリウムフラワーガーデンと違うて、コンクリートの床に鉢植えば並べる形で展示してあるもんやき、結構大胆に水ばかけよんしゃあとよ。そげな訳でチューリップもみずみずしゅうて生き生きしとうとよ。

1401095

1401093

1401097

1401094

1401098













| | コメント (0) | トラックバック (0)

三十槌の氷柱

奥秩父大滝の三十槌の氷柱に行って来たと。
秩父地方は寒いもんやきこの時期氷柱ば観光の目玉にしようていう動きがあると。
この三十槌のほか尾ノ内百景氷柱、あしがくぼの氷柱と3箇所の氷柱の名所があるとばってが、自然の氷柱は三十槌だけで他の2箇所は人工的に造られた氷柱たいね。

さてこの三十槌に行くには3通りの行き方があると。一つは日帰りバスツアー、二つ目は公共交通機関、三つ目がマイカーたいね。バスツアーでは夜のライトアップが見られんもんやき除外。マイカーは道路の凍結が心配、公共交通機関は超不便やきどげえしようかて迷うとったと。そしたら道路はドライで大丈夫ていうネット情報があったもんやき更に電話で現地に確認したらノーマルタイヤで大丈夫とのこと。今日を逃したら明日からまた道路状況がどげえなるかわからんもんやき即決行たいね。
10時35分に家を出発、途中昼食と休憩ば取りながら現地に14:10に到着。早速河原に下りて撮影開始、自然の氷柱と上流の人工の氷柱を一通り撮ってから休憩所で甘酒ば呑んだり管理人のおじさんと焚き火にあたりながら17時のライトアップば待ったと。

ライトアップは自然光のほか青やら赤で氷柱ば照らす仕掛けやったとばってが、氷柱だけに青が一番似合うとよ。赤はちょっと不気味な感じさえすると。

18:00には撮り終えて帰路に着いたとばってが、途中高坂SAで食事して21:10に帰宅。天気予報じゃあ秩父地方は今日は雪が降るて言いようき、昨日思い切って行ってきて良かったと。

1401062

1401075

1401081

1401083

1401084

1401085

1401087

1401089




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉マリンマラソン

第38回サンスポ千葉マリンマラソンが海浜大通りや稲毛海浜公園ば舞台に開催されたと。
公認ハーフの部が2,000名、一般ハーフの部が10,000名、10kmとファミリーの部が合わせて6,000名、合計18,000名の大マラソン大会たいね。
朝から富士山がとても美しかったもんやき富士山ば入れてマラソンの様子ば撮ろうと思うて出掛けてみたとよ。
まずは富士山とランナーが重なる美浜大橋へ。なんか西部劇で見た牛の群れの大移動のごと次から次に市民ランナーが走って来たと。
美浜大橋からは海浜大通りば通って稲毛海浜公園に移動したとばってが、スタートから3~4kmあたりで男性ランナーがちらほらとコースば離れて道路沿いの林に入って行く姿が見えたと。なんばしよんしゃあとやろうかと思うたら立小便ばしよんしゃあとよ。コースアウトする選手があんまり多いもんやきたまがったとよ。スタート前にちゃんと済ませとかんといけんよ。
公園内の16km地点には給水所があったと。ボランティアの高校生が大人数で対応しよったとばってが、給水ば取る選手はあんまりおらんやったと。
公園管理センター前の広場には東京の青梅から和太鼓チーム「鼓代神」が駆けつけて来てから選手ば鼓舞しとったと。

1401051

1401045

1401048

1401049

1401050


1401053

1401055

1401061

1401060

1401058

1401059



























| | コメント (0) | トラックバック (0)

模様替え

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンが模様替えしとったと。
ついこの間まで咲いとった黄色のスイセンは姿ば消してしもうとったと。
チューリップもほぼ全面的に入れ替わっとったとよ。
花の種類にもよるとばってが、長持ちせん花は結構こまめに植え替えてから、いつも来館者の目ば楽しませるごと維持管理がとても良かとよ。

1401039

1401040

1401041







| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋ラン展

フラワーミュジアムで新春京葉洋ラン展がありようと。
京葉地区の洋ラン愛好家が育てた自慢のランの展示会たいね。
グランプリに輝いたとは洋ランの女王カトレアやったと。
会場にはいろんな種類の洋ランが展示してあるとばってが、カトレアの出展数が圧倒的に多いと。やっぱあカトレアは花も大きいし見栄えがするもんね。
個人的にはデンドロビウム・ファレノプシスば好いとうとばってが、ファレノプシス系の展示は少なかったと。ひょっとしたら育てるとが難しいとやろうかね。
洋ラン展とは別に、アトリウムフラワーガーデンにはデンドロビウムが植えてあったと。

1401044

1402043

1401042







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニホンスイセン

ニホンスイセンの故郷南房総地方ではもう見頃になっとうていう話しばってが、稲毛海浜公園では日当たりの良かとこでようやく咲き始めたと。
航空記念館入り口前の大きなフェニックスの根元にひっそりと咲いとったと。
連日厳しい寒さが続きようとばってが、ニホンスイセンば見たら「もうすぐ春が来るき寒さに負けんで頑張って」て励まされとるげな気分になると。

1401035

1401036

1401037





| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーミュジアムの前庭

フラワーミュジアムの前庭で寒咲きハナナが咲き始めたと。
まあだ葉っぱの茂り方が少ないもんやきハナナの花壇に隙間があると。これが満開になったら葉っぱも茂ってから春の暖かさば感じるごとなるとよ。
別の花壇にはハボタン、ストック、ビオラやら冬ば代表する花が咲いとうと。これば見たら冬の寒々しさば感じると。

1401011

1401012




| | コメント (0) | トラックバック (0)

上から目線

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンば2階の回廊から見下ろすごとしてから撮ってみたと。モデルさんの花たちから見たら、上から目線で嫌がられるアングルかもね。

1401016

1401017

1401018

1401013










| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイセンも咲いた

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンではチューリップが主役ば演じて一足早い春ば演出しとうとばってが、脇役のスイセンも負けちゃあおらんと。
むしろ写真の被写体としてはスイセンの方が上かも。
鮮やかな黄色、すっと伸びた背筋、横顔がとても良かと。
チューリップの脇で「綺麗に撮ってね!」と言うとるごと見えると。

1401021

1401020

1401024

1401022










| | コメント (1) | トラックバック (0)

凧揚げ大会

恒例の千葉市新春市民凧揚げ大会が稲毛の浜であったと。
午前中は他の用事があったもんやき午後からぶらっと稲毛の浜に出掛けてみたら、まあだ元気良く凧があがっとったと。
ここ数日は冷え込んどうとばってが、今日は快晴で程よい風が吹いてから絶好の凧揚げ日和たいね。
参加者は家族連れが多いとばってが、良く良く観察しとったら、子供はそっちのけで父ちゃんやら爺ちゃんやらの方が大はしゃぎしよんしゃあとよ。気持ちは分からんでもないとばってが・・・

1401026

1401027

1401028

1401029

1401030

1401031

1401032

1401033

1401034

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2014年2月 »