青葉の森公園の梅 その5

その5は、紅梅のアップたいね。
梅の花も毎年撮るとばってが、なかなか満足のいく写真が撮れんと。
アップで撮るときは順光じゃあベタの写真になってしまうもんやき、基本はやっぱあ逆光で透過光ば捉えるていうことやと思うとばってが、なんか変わり映えのせん作品ばっかりになってしまうと。
まだまだ研究の余地があるとよ。

1702070

1702069

1702064

1702065










| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉の森公園の梅 その4

その4は「青軸」たいね。
青軸は数ある梅の品種の中で、一番お気に入りの梅たいね。
枝、若葉、萼がほのかに緑色がかって、花は純白たいね。
その白がなんとも上品で、高貴な印象さえ抱く素晴らしい梅たいね。
この青軸、花だけや無うて実梅としても人気があるげなたいね。
実ばいっぱいつけるもんやき、梅酒やら梅干しやら梅ジャムにも適しとうげなとよ。
庭木としても楽しまるう、いわゆるホームフルーツとして最適な梅たいね。

1702092

1702097

1702096







| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉の森公園の梅 その3

その3はワイドでもなくアップでもなく、中くらいの画角で撮ったもんたいね。
撮ってはみたもんの、超満開で花やら枝が重なり合うて、なかなか良か写真が撮れんとよ。
なんかもう一工夫いるごたあね。

1702058

1702084

1702073

1702062

1702089













| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉の森公園の梅 その2

青葉の森公園には梅園のほかに原っぱの梅林があると。
こっちは梅園よか一足早う咲くもんやき、この日は超満開やったと。
ここの梅林ば撮るときは、逆光でちいと遠くからワイド気味に撮ったら、なかなか雰囲気のある写真が撮らるうと。
手前にゆるやかにカーブした散策路と木立、そしてその奥にピンク色に染まった梅林が朝日ば受けて輝いとうと。
そして欲ば言うたら、その散策路に赤い服ば来た女性とか、犬ば連れた人物が入ったら尚良かとよ。
更に更に欲ば言うたら、散策路の手前にあるサンシュユが満開になっとったら、黄色も加わってからバッチリていうとこばってが、残念ながらサンシュユはまあだ蕾やったと。
最後の写真は2012.3.23に撮ったもんたいね。小雨の中、散歩する二人の女性、そしてサンシュユも満開で、梅林もかろうじて散らんで残っとったと。
サンシュユが咲いたら、毎年こげなシーンば想像しながら原っぱば訪れるとばってが、なかなかイメージ通りのシーンにはそうやすやすとは出くわさんったいね。

1702043

1702046

1702047

1702051

1702053

1203119
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉の森公園の梅 その1

12日の朝、青葉の森公園に梅を撮りに行って来たと。
1月21日以来3週間ぶりやったと。
3週間前には咲き始めの梅が多かったとばってが、この日は遅咲きの梅もみんな超満開で、とても華やかな梅園やったと。
その1は、まずは梅園の全景から。

1702034

1702032

1702038







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャノメエリカ

フラワーミュジアムの前庭やらボーダーガーデンにジャノメエリカが咲いとうと。
ピンク色で、真ん中に黒い目玉のげな模様があると。
この目玉がぎっしりついとうとよ。
名前の由来は、この目玉部分が「蛇」の「目」に似とうとこから来たらしい。
英名はヒースて言うと。
英国北部の荒野のこともヒースて言うとばってが、そのヒースに自生し、荒野の砂が飛散するとば防ぐ役割ば担うとうげなとよ。

1702029

1702030

1702031







| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリムラ・マラコイデス

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンは春の花で埋め尽くされてから、とても賑やかしいと。
プリムラの仲間には、ジュリアン、ポリアンサ、オブコニカ、シネンシスやらがあると。
花壇などで一番目にするとがプリムラ・ジュリアンばってが、被写体としての妙があるとはプリムラ・マラコイデスたいね。
他のプリムラと違うて背丈があり、茎ば中心にリング状に花ばつけて、一番上は蕾状になっとうと。
立体感もあってから、なかなか魅力的な花たいね。
特に白色やら薄いピンクの花は上品な感じがしてから、とても好いとうとよ。

1702019

1702018

1702020

1702021













| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドパウダーパフ

フラワーミュジアムの温室でレッドパウダーパフが満開たいね。
温室やき、ほぼ年中咲いとうごたあとばってが、今の時期が一番美しゅう咲くとよ。
化粧のパフのげな形ばしとうもんやき、こげな名前がついとうと。
和名じゃあ大紅合歓(オオベニゴウカン)ていうとよ。
合歓の花に似とう大きい紅の花ていうこったいね。

1702014

1702016

1702013

1702015

1702017













| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルエリア・マクランサ

フラワーミュジアムのアトリウムフラワーガーデンと温室に初めて見る優しいピンクの花が咲いとったと。
名札には、ルエリア・マクランサて書いたあと。
始めて聞く名前たいね。
帰宅後ネットで調べたら、ブラジル原産で、熱帯アメリカを中心に約150種もあるげなたいね。
ピンクの花もいろいろあるとばってが、なんかこの優しいピンクが気に入ったと。

1702011

1702012




| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーモンド

昨日、久し振りにフラワーミュジアムに行って来たと。
まあだ風は冷たいとばってが、フラワーミュジアムは一足早う春が来たげな雰囲気たいね。
前庭にはスイセンやら菜の花が咲いとうとよ。
そしてもう一つ、アーモンドの花たいね。
アーモンドて言うたら、まず連想するとがアーモンドチョコレートたいね。
実は誰もが食べたことがあるとばってが、花ば見たことはあんまり無いとやなかろうかね。
アーモンドはバラ科サクラ属やき、花は桜にそっくりたいね。
遠くから見たら、今あちこちで咲いとう河津桜と間違えらるうとよ。
天気予報じゃあ来週の後半には気温が上がって、いよいよ春の気配が増して来るて言いようとばってが、ほんなこと春が待ち遠しいと。

1702008

1702010

1702009







| | コメント (0) | トラックバック (0)

«朝焼け 2月10日