佐倉城址公園 その2

その2はアップの写真ばってが、もう盛りば過げとうもんやき、元気の良か花が少ないと。
そばってが、ここは散策路になっとう木道と花の距離が近いもんやき、なんとか元気な花ば探してアップで撮ったとよ。

1706280

1706287

1706288

1706286

1706289

1706293
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐倉城址公園 その1

6月18日に佐倉城址公園と水郷佐原あやめパークに行って来たと。
まずは佐倉城址公園の菖蒲園たいね。
ここは国立歴史民俗博物館ば中心とする城址公園になっとって、そこそこ有名な菖蒲園ばってが、この菖蒲園ば訪れたとは今回が初めてたいね。
そこそこの広さもあり、花菖蒲の種類も多うて、なかなか良か菖蒲園ばってが、残念ながら盛りばちいと過げとったと。
その1は、なるべく傷んだ花が目立たんごとワイドで撮った写真たいね。

1706271

1706272

1706273

1706274

1706276














| | コメント (0) | トラックバック (0)

大賀ハス

今年の大賀ハスもアッて言う間に終わってしもうたと。
祭りの期間中は競輪場の駐車場が無料開放さるうもんやき、17,19,24日の3日間通うたと。
連日、早朝から大勢の市民が押し寄せて来てから、朝の6時ていうとい大賑わいたいね。
今年は大賀ハス池に改善が見られたと。
一つは去年までは6時に開放しとったハス池ばってが、祭りの期間中24時間常時開放さるうごとなったと。
もう一つは、池の中に設置してある散策用の木道が一方通行になったと。
これで多少は混雑が緩和されてから、なかなか良か考えたいね。

1706378

1706385

1706419

1706417

1706407

1706404

1706387



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村記念美術館(6/14) その2

この時期は紫陽花に加えて大賀ハスが見らるうとばってが、大賀ハスも今年は開花が遅く、たった1本しか咲いとらんやったと。
仕方ないもんやき帰ろうとしたら、ハス池からグランドに抜ける散策路の両脇に白とピンクの可愛らしい花がいっぱい咲いとったとよ。
シモツケたいね。
バラ科シモツケ属の花で、日本原産やもんやき、この時期あちこちで見らるう花たいね。
小さい花ば付けるユキヤナギやらコデマリもシモツケ属の花たいね。
それにしてもちょうど見頃でからとても美しいと。
良う見掛けるとばってが、だいたいが部分的に花が茶色く傷んどうことが多いとよ。
今迄見た中で一番綺麗な状態のシモツケたいね。
この日の予期せん儲けもんやったと。

1706255

1706239

1706240

1706250

1706251

1706248
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村記念美術館(6/14) その1

6月14日に2年ぶりに川村記念美術館に行って来たと。
2年もご無沙汰しとったら、自然散策路の様子も変わってしもうとったと。
この日の狙いは紫陽花やったとばってが、自然散策路の一番奥にあった紫陽花の森が伐採されてから、スカスカになってしもうとったもんやきたまがったとよ。
散策路の入り口から続く紫陽花の小道には、今年もガクアジサイば始めホンアジサイも咲き始めとったとよ。
そばってが、見頃にはまあだ時間がかかりそうで、ここもやっぱあ例年よか開花が遅いと。
写真映えするガクアジサイば探して何枚か撮ってみたと。

1706220

1706221

1706224

1706230

1706233













| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村(6/21) その2

この日のメインは紫陽花のつもりやったとばってが、残念ながらまあだ見頃には早かったと。
去年は6月9日、一昨年は6月11日に行ったとばってが、そこそこ見頃やったとと比べたら、今年は開花がうんと遅れとうと。
そこで一番開花が進んどうアナベルだけ撮って来たと。

1706207

1706206

1706209

1706205










| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドイツ村(6/12) その1

袖ヶ浦公園から東京ドイツ村へ移動、お目当ては金魚草と紫陽花たいね。
ドイツ村の村内は車で移動するとばってが、金魚草も紫陽花も一方通行の周回道路ばほぼ一周して、出口のちょっと手前にあると。
まずは金魚草たいね。
紫陽花山の入り口に広がる畑に金魚草が植えたあと。
これだけの規模で金魚草が見らるうとはなかなか無かろうが。
赤白黄色にピンクば加えて、4色の金魚草がパッチワークのごと植えたあとよ。
なんかまるで北海道の富良野や美瑛の雰囲気すら感じると。

1706197

1706199

1706200

1706201










| | コメント (0) | トラックバック (0)

袖ヶ浦公園 その2

袖ヶ浦公園の裏山には紫陽花があると。
例年、ここの紫陽花は花菖蒲が終わってから咲き始めるもんやき、まあだ見頃になっとらんとよ。
ただ、そげな中で毎年楽しみにしとう紫陽花があると。
裏山の散策路は、登りは狭いくねくねの山道ばってが、下りは広うて舗装したあと。
その下りの散策路ば下りはじめて間もなく右手に、お気に入りのガクアジサイが咲いとうとよ。
このガクアジサイは他の花よかちいとばかり早めに開花するもんやき、この時期でも絵になるとよ。
今年も期待通り、ちゃんと咲いとったと。
葉っぱが変化したガク片は白いとばってが、ほんの一部だけまるで娘さんが恥じらうごとポッとピンクがかっとうとよ。
他の紫陽花はともかく、この紫陽花に会うだけで来た甲斐があるとよ。

1706188

1706190

1706191

1706193










| | コメント (0) | トラックバック (0)

袖ヶ浦公園 その1

6月12日、袖ヶ浦市の花の名所、袖ヶ浦公園と東京ドイツ村に行って来たと。
まずは袖ヶ浦公園の花菖蒲ばってが、もうとっくに見頃は過げてから見る影も無いと。
折角来たっちゃき何枚か撮って帰ろうて思うて、傷んどらん花ば探したとばってが、なかなか見つからんとよ。
最も標準的な青い色の花菖蒲は全滅たいね。
僅かに白に近い薄い水色の花が枯れんで残っとったと。

1706170

1706171

1706172

1706173










| | コメント (0) | トラックバック (0)

水元公園 その6

水元公園の最後は、紫陽花のアップたいね。
紫陽花もいろいろ種類があるとばってが、一番好いとうとがガクアジサイたいね。
特にアップで撮るときはガクアジサイが一番たいね。
このガクアジサイは日本原産のアジサイの原種たいね。
花の中心にサンゴ状に集まっとうとが花びらで、その外側に葉っぱが変化した「ガク」が大きな花びらのごと付いとうとよ。
この形が「額」に似とうもんやきガクアジサイて名付けられたらしかと。
もっとも一般的に見掛ける丸いポンポン型のアジサイは、このガクアジサイから生み出されたもんで「ホンアジサイ」て呼ばれとうと。

1706140

1706141

1706148

1706146









| | コメント (0) | トラックバック (0)

«水元公園 その5